2009年10月26日

残留争い・昇格争い(残り4試合)

 なかなか落ち着かないので、視点を変えましょう(笑)。今日は試合を振り返りたくないので、他の話でも…。

勝ち点 得失差 31節
(11/8)
32節
(11/21・22)
33節
(11/28・29)
34節
(12/5)
N 大宮 36 -6 広島(H) 山形(A) (H) 大分(A)
O 27 -21 清水(H) 新潟(A) 大宮(A) 川崎(H)
P 千葉 24 -20 川崎(A) 東京(H) 大分(H) G大阪(A)
 残留争いはもう決まりに近いな。大宮は05年、07年、09年とアウェイダービーで勝利。次はまた2年後か?それは置いといて快勝したことにより、柏との差が9ポイント。直接対決が残ってるので、これはめちゃめちゃデカい。得失点差もかなり有利なので、広島か山形で1つ取れば残れるだろう。

 千葉は次川崎なんだけど、首位相手に勝たなければ降格決定というシチュエーションは、まさに大分と同じ。でも等々力だからね…大分はホームでいくつか勝っていたし。次で決まっちゃうのでは…。その次が東京っていう去年の因縁はあるけど、もうそんな意識もできないし。それで決まった後にコロッと勝ちそうな場面まで浮かんでしまったんだが。

 そしては次節うちなんだよなぁ。しかも日立台。レイソルは今季日立台1勝だけ、エスパは日立台得意ではあるけども、九石で見事にやらかしたので、同じ空気をすでに感じるよ(苦笑)。ホントに日程って良く出来てるよ。大宮とまだ対戦が残ってるというのが、選手たちにとっては心をつなぎとめる材料になるからね。どうやって点を取ればいいか分からない状態だと思うが、2週間でネルシーニョの分析結果を徹底されたら、正直分からん。

勝ち点 得失差 48節
(11/8)
49節
(11/21・22)
50節
(11/28・29)
51節
(12/5)
@ C大阪 98 +43 草津(H) 仙台(A) 岐阜(H) 鳥栖(A)
A 仙台 96 +39 水戸(A) C大阪(H) 徳島(A) 愛媛(H)
B 甲府 91 +30 福岡(A) 湘南(H) 岡山(A) 熊本(H)
C 湘南 90 +30 東京V(H) 甲府(A) 草津(H) 水戸(A)
 日程くん、お見事だね。これはすごい…。

 今日横浜FCを一蹴したC大阪は、次の草津戦に勝つと昇格決定。次勝てばセレッソの勝ち点は101、4位・湘南が残り全勝すると102となるわけだが、そうすると甲府は最高で3勝1敗、勝ち点100となりセレッソを超えられない。なので3位以上が確定するというわけ。カード的に見ても、もう大丈夫だろう。

 仙台は次節がケーズデンキスタジアム水戸のこけら落としということで、相手が水戸とはいえ不気味。その次がセレッソとの直接対決なので、セレッソが昇格を決めていた方がやりやすいのかな。アウェイ徳島まで何となく嫌な相手が続くが、ラストはさすがに勝つと思うので、負けない戦いさえできれば大丈夫だと思う。
 そう考えると開幕前の評判通り、1、2フィニッシュになる可能性が高くなってきたかな。

 問題は甲府湘南かだが…49節に直接対決がある時点で素晴らしい。場所が小瀬なので、甲府にアドバンテージ。鳥栖に勝った甲府が3位に返り咲いたが、次の福岡は最近強いし、この時期上位いじめ大好きなので要注意。ヴェルディも監督交代後3連勝だが、湘南はホームゲームなので勝ちそうな気はする。少なくとも甲府勝ち、湘南負け=4差で決戦は考えづらい。最後の2節はどのチームも最後の上位いじめをしようとするし、思わぬ取りこぼしもあり得る。直接対決だけでは決まらないかもしれない。
 ただ開幕前から振り返ってみると、甲府の方が本気度は高い印象があるんだよなぁ。補強とか周囲のバックアップを含めて。あと湘南は天皇杯がもうないので、日程が空きすぎるという不安要素がある。アジエルを大事に使えるというのはあるが。

 鳥栖は勝負の3連戦で一つも勝てず、残念。藤田の穴を埋められなかった序盤戦が痛かった…。来年も同じ体制で行くのかどうか不明だが、島田とマイクを残せるなら序盤からある程度稼げると思う。でも何人かは返さざるを得ないかな…。

 どっちが上がってきてほしいかと考えた時…湘南ならば近くでJ1の試合を見る機会が増えるし、神奈川が3チームになって盛り上がる。反町さんのコメントがJ1中の対戦相手に様々な反響を及ぼすのも楽しみではある。
 ただエスパルスとの関係で言えば、甲府ともう一度やりたい。富士山ダービーの復活も期待したいし。

 でもホントに47試合も良く戦ってるよ、どこのチームも。

banner_02.gif
01:05更新 | コメント(11) | トラックバック(1) | カテゴリ:コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年はチーム数が偶数なので51節51試合やってますよ。
無駄に多い試合数ですから・・・
Posted by J2下位サポ at 2009年10月26日 02:52
お疲れ様です。

DFに負担が掛かっていたのはこの1年間ずっとそうだったわけで、太田は責められない。

試合後、清水サポもブーイングは無かったです。
ここまで来たらいけるところまで行くしかない。

岩下が累積、アラタの怪我も心配な現状だからこそ、思い切って手を入れるしかないのかな。
3バックを試すとか。

優勝争いとかそういうことじゃなく、もはやプライドの問題。
このままで終わってはいけない。
Posted by kopulちゃん at 2009年10月26日 12:58
甲府対湘南は49節にあるというのが重要
時期と気候的には甲府優位は揺るぎないか
Posted by やまや at 2009年10月26日 18:53
管理人様お疲れ様です。

次トドメ刺さないでくださ〜い!!
去年の千葉のようなミラクルはまずないでしょうから…。

しかしながら清水にはタイトルとってほしい気持ちもあり、非常に複雑です。

でもやっぱJリーグはオモロイ!
今年は上位、下位にどんなドラマが用意されているのでしょうかぁ?

Posted by メン太 at 2009年10月26日 20:13
個人的に千葉には頑張ってもらいたいです!!

前田が18点で得点ランク1位ですね。
岡崎には食らいついてもらいたいです。
Posted by 寺だ at 2009年10月26日 20:15
柏も千葉も日程鬼だなww
全敗が十分あり得る日程。
もっとも意地を見せて上位陣を見事に蹴散らしてくれるかもしれないが。

個人的には湘南に是非上がってきてほしい。
そうすれば元アルビの選手たちを再びJ1で、ビッグスワンで見ることができる。
昇格したら来年慎悟もいるかもですねぇ。

しかし川崎すげぇな、総統閣下も吃驚だろww

Posted by Get goal oh at 2009年10月26日 20:25
>J2下位サポさん
現時点で47試合消化という意味です(笑)。
あと4試合、頑張って下さい。

>kopulちゃんさん
まぁそういう戦術ですしね。宏介1人の責任ではありません。彼は守備がウィークですから、それを補わなければなりませんが、出来ていないのは痛いですね。

3バックまでする必要性は感じませんが、2年間やっていた3ボランチはどこへ行ったのかと思います。

そうです、このまま終わってはいけません!

>やまやさん
48節の結果次第かなと思います。
甲府が変に余裕を持ったら危ないでしょうから。

>メン太さん
お久しぶりです。こんなことになるとは…一時期立て直したと思ったんですけどね…。
複雑だと言っていただけるとありがたいですが、私も複雑です。
うちの優しさに乞うご期待(苦笑)。

>寺ださん
全部勝っても厳しい条件ですがねぇ…。

前田はハットで18点ですか。離されましたね…。

>Get goal ohさん
そうなるといいですけどね。でももう追い込まれましたから、今までになくすんなり決まりそうな気もします。

野澤は移籍して復活しましたね。言われてみれば彼が日本平に来るとパルちゃんといつも遊んでて和む…w

試合中止で怒っていた総統閣下もニンマリでしょう(笑)。
Posted by mokichi at 2009年10月27日 02:50
今、ふとmokichiさんの春の順位予想を読み返したのですが、
カテゴリーがほぼ的中していることに驚きです。

特にJ2...
Posted by フロサポ at 2009年10月31日 02:05
まず読み返してもらってることに驚きですwこれは嬉しいことです。全く当たらないと評判なのに…w
シーズン終わったら答え合わせやろうと思ってます。

でもそう言われたのでここに載せてみます。
<J1>
上位:川崎、鹿島、G大阪、浦和、FC東京
中位:名古屋、大分、広島、新潟、横浜FM、柏、京都、神戸
下位:大宮、千葉、磐田、山形

<J2>
上位:C大阪、仙台、甲府、札幌、鳥栖、湘南
中位:福岡、東京V、徳島、横浜FC、草津
下位:愛媛、熊本、水戸、栃木、岡山、岐阜、富山

上位はどこの予想もだいたいこんな感じだったと思いますよ…だからJ2でいえば反町湘南の予想以上の躍進、横浜FCの低迷、水戸・富山・岐阜の健闘と考えれば外してるところは多々あります。

J1だって大分と柏を下位に入れてないですからね…。「山形は侮れないがそれでも降格」という立場だったんで、これも外されそうでダメですw
Posted by mokichi at 2009年10月31日 02:39
はじめまして。そろそろ今年のJリーグも佳境に入ってきましたね。
長谷川監督には言いたいことはいっぱいありますが(苦笑)
選手にプレッシャーをかけて切磋琢磨しあい競わせるのはうまいですよね。
その結果、誰かがいなくなって穴をうめるという時かえってそれをきっかけによくなったりしますもんね。
今年も岩下、復帰した市川、本田、これに藤本淳吾あたりが残り4試合ぐいぐい引っ張って行ってくれるとありがたいですね。
10年ぶりのこの時期の優勝争い、もっともっと楽しませてほしいです。
Posted by Sポン太 at 2009年10月31日 06:12
初めまして。
やはり知らない監督だと、ついていきにくいところもあるでしょうが、選手全員が信頼しているところは健太さんならではだと思います。

しかし淳吾、永井は思うような活躍が出来ないまま残り4試合となり、調子を落としている選手もいる中、決断が遅かったなぁと思います…。
札幌戦から再スタートです。
Posted by mokichi at 2009年10月31日 12:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Jリーグ ウイニングイレブン
Excerpt: Jリーグ ウイニングイレブンの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「Jリーグ ウイニングイレブン」へ!
Weblog: Jリーグ ウイニングイレブン
Tracked: 2009-10-27 02:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。