2010年02月07日

[練習試合]川崎vs関東学院大

川崎5−0関東学院大(35×4)
(※T=練習生)
得点:登里2、谷口、T4、楠神

 今年初めて練習見学というか試合見学。ふろん太のツイッターによると観衆400人だそうで。相手が相手だったし、怪我人がいて新戦力があまり出なかったので、それほどの盛り上がりじゃなかった。

 メンバーは以下の通り。3本目終了時に帰ったので、4本目は不明
[1・2本目]
GK杉山、DF森・菊地・寺田・伊藤、MF横山・田坂・谷口、FW登里・黒津・レナチーニョ
[3本目]
GK相澤、DF井川・T1・薗田・T2、MF吉田・楠神・木村、FW T3・T4・高須

 今季採用が予想される4-1-2-3をこのメンバーでも使ったということは、本気だということだろう。小宮山が右太もも痛で欠場、伊藤が外に出て寺田がCBに。開幕は横山に代わって稲本、田坂に代わって憲剛、登里に代わってジュニ、黒津に代わってテセというところだろう。

 全体的にキャンプの疲れからなのか分からないが、動きがぎこちない感じがした。個人技主体なので組織で守る相手に苦しむことはよくあるけど。1本目、谷口が倒されて得たPKをレナチーニョが蹴るが止められてため息。なぜこんないいタイミングで撮れてるのかは自分でも不明w
100206-2.JPG
 なかなかリズムが出なかったが、ようやく登里が決めて先制。2点目はその直後、田坂の折り返しを黒津が落として谷口の右足というきれいな形から。
 2本目はレナチーニョと登里のサイドを入れ替えて臨んだ。決め手を欠いたが登里が流し込んで3点目。レナチーニョはPKをバーに当て、またも失敗。主力組はここまで。

 目立った選手は横山。アンカーのポジションながらポジショニングがよく、機を見ての攻撃参加にしろ、最終ラインとのコミュニケーションにしろよくできており、視野が広かった。もともと展開力も評価されていたと思うが、サイドへ散らすボールも精度が高かった。稲本が早く馴染まなくてもボランチは問題ない。

 気の毒だったのは黒津がポストプレーをやらざるを得なくなったことか。彼らしい動きは一度右からカットインしたくらいだったかと。シュートでいい場面で打たなかったり積極性を欠いたが、それを出しにくかった。前3人は強引に行くばかりで、サイドで数的優位を生かして攻めるシーンは少なかった。

 3本目はサブ組と言える面子で、吉田が中盤をやっていたのが新鮮だった。楠神はパスのアイデアが面白いし、高い位置にも入っていけるので面白い選手。個人的には好き。ベンチに入れておくといい。田坂との争いだと思うけど。ルーキーの高須は左クロスで1アシスト。CKも蹴っていた。逆に井川はモチベが下がってるのか分からないが覇気がなかった。

 なんというか新戦力が入ってみないと、今年のフロンターレがどうとかは言えない。ただPK失敗が2度起きたのを見て、今年もフロンターレはフロンターレだと思った(笑)。

 あとは写真を。携帯変えたから画質上がったかな。
100206-3.JPG 100206-4.JPG 100206-5.JPG

100206-6.JPG 100206-1.JPG

banner_02.gif
01:54更新 | コメント(4) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合概評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PK失敗が2度起きたのを見て、今年もフロンターレはフロンターレだと思った(笑)。>
そういうこと言わないでw
Posted by 川サポ at 2010年02月07日 20:42
ちなみに2回目失敗の瞬間、麻生は大爆笑でした。
雰囲気は大好きなんですが…(笑)。
Posted by mokichi at 2010年02月07日 20:45
吉田の中盤というのはアンカーの位置でしょうか?

なかなか麻生には行けないうえにサテが廃止されてしまったので練習試合のレポはありがたいです。

ファンサカは無くなってしまいましたが、今年もこちらのブログにはお邪魔させてもらいますね。
Posted by ガナ派 at 2010年02月08日 02:39
そうですアンカーです。練習生の都合なんかもあるかもしれませんがね。でも普通にプレーしてました。

今後ともよろしくお願いします。
Posted by mokichi at 2010年02月08日 03:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140441137

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。