2011年05月03日

J1第9節・J2第10節[toto第500回]予想

 前回はJ1がまずまずだったのですが、J2の大波乱で終了。mini totoはセレッソが勝ってれば…というところでした。うまくいきませんな。

仙台vs福岡
 J2時代から相性は五分五分と言えます。福岡ホームだと仙台はあまりいい成績ではありませんが、ユアスタでの福岡戦は3年ぶりになります。川崎に勝ち、浦和に勝ち、どうしてもモチベーションは下がると思います。再びホームでの試合、しかも相手が3連敗。ですから、悪くないけど勝てないという福岡が主導権を握る可能性は結構あります。ただ、仙台はそういう時も守れる力がある。反面、福岡相手にもリスクを掛けずに戦って勝ち切れない可能性もあるような気がしますが…福岡が前半型なのはこれまでの試合でも明らかになっていますから、仙台がいつも通りじっくり耐えれば、後半点を取って勝つでしょう。その辺りはコントロールが上手い手倉森監督が何とかすると考えて、順当に1で。穴狙いで0というのはありだと思いますが、私はしません(笑)。

浦和vs横浜FM
 埼スタではこのところマリノスが毎年のように勝っています。まだ負けていないマリノスに対し、浦和は1勝2敗。清水戦を見て思いましたが、マリノスは無理に攻撃的にすることはなくなりましたから、大崩れはなさそうです。浦和が狙うカウンターはケアされそうですし、まだスタイルも道半ばと考えるとマリノスが有利じゃないでしょうか。セットプレー、あるいは渡邉千真もこの場所では相性が良いです。2が本線。浦和が勝つとしたらマルシオ絡みかなと。

川崎vs磐田
 09年に川崎がホーム磐田戦初勝利を挙げて、ジンクスは途切れたのですが、去年はナビスコで痛恨の敗戦、リーグ戦でも引き分けと再び嫌なイメージがつきました。2連敗で杉山と稲本を欠くという苦しい状況がやってきましたが、やっているサッカーはこれから良くしていくものですから我慢が必要です。川崎の場合はこういう状況のほうが力を発揮することが多いですし、磐田有利とは言えません。磐田も怪我人がいます。ただ交代選手が点を取って追い付いているあたり、やるなという印象。前田が不振なので磐田の勝ちも付けづらく、0と1で迷いますが…1が本線でダブルかな。

甲府vs大宮
 リーグ戦では07年以来の対戦となるようです。甲府も成績ほど悪いサッカーはしていないようですが、勝負どころをまだつかめていないのかなと。得点がセットプレーとPKの2点で、チャンスはあっても決め切れないという状況はすぐには治らない気がします。逆に大宮は力があるので、前節のように押し込まれても逃げ切って勝ったことで、今年はやはり違うぞという雰囲気になってると思います。李天秀も好調ですし、藤本の存在感が大きいことを再認識。2が本線で両チームのカラー的には0も考慮。

新潟vs神戸
 ホームでの神戸戦はこれまで負けがありません。去年は残留へ必死だった神戸が追い付いて勝ち点1となりましたが、得意なのには変わりないでしょう。怪我人もそれなりにいるようですが、ブルーノ ロペスはいい選手です。ミシェウとのコンビも良好ですし、チョ ヨンチョルもいますから攻撃は計算できる。守備も大崩れがない。だから負けていないということになります。神戸は思い切ってメンバー変更をしそうで、ヨンチョルとのマッチアップにイ ジェミンを選びました。これは賭けでしょうけど、近藤が足攣りやすいので仕方ないのかもしれません。相性と状態から1としたいところですが、今年の神戸はしぶといのと、新潟は引き分け癖が残っているので0が本線で1も考慮。

山形vs
 対戦成績を見て驚きました。ホームでの柏戦はこれまで2勝2分けと負けなしだそうです。それと同時に開幕3連勝の柏は外国籍選手を2人欠きます。勝っているからこその余裕もあるでしょうが、連勝が止まったり内容が落ちる時というのは、主力の入れ替えが要因になることがあります。好調な北嶋が先発に入ったり、理に適っているとは思いますが、山形はホームでやると守備が本当に堅いので…。山形がガンバ相手に2点取って、点を取るイメージが少しできたと思うんですね。だからセレッソ戦のように、守って守って勝ち点1というよりは、勝ち点3の可能性も出てきたように思っています。個人的にはここで穴を狙いたい。トリプルも視野に入れつつ、本音は1が本線。

清水vs広島
 ご存じのように、広島はアウスタを鬼門としています。昨年はナビスコで清水が悔しい思いをしましたが、あの試合だけを取ると終了間際に小野が点を取って引き分けですから、まだジンクスは生きてます。その後のリーグ戦でも勝たせてもらいましたし。構図としては、攻める広島と守る清水になるかと思いますが、ホームで戦うことにより、ゴトビ監督が攻めに行けというかもしれませんから、そこは見てみないと分かりません。マリノス戦で何となく方向性というかきっかけがつかめそうなところに来ましたので、それを続けて手応えにしたい一戦です。広島は磐田戦こそPK(微妙な判定)の1点でしたが、チャンスは多かったですし、寿人と李の関係が良くなっていますので、昨年の対戦のようなことはないでしょう。そうすると攻め込まれる時間は長くなりそうですが、岩下にバイタルエリアを見てもらいたいと思います。攻撃はアレックスです。先発かどうかは分かりませんが、彼がキーマンでしょう。今度は流れの中から1点取ってもらいたいです。失点1は覚悟しています。彼らはパターンが多彩ですから。なので0が本線。純粋に清水が弱くて広島が強いと思う方は2でしょうし、相性が好きな方は1もある。賭けやすいカードではあると思います。


京都vs鳥栖
 前節の鳥栖を見たのですが、ヴェルディに決定的なミスが多かったとはいえ、スタイルがしっかりしていたのと、尹監督が結構現実的なことをします。大木サッカーがまだ浸透し切っていない京都はホームでも苦戦すると思います。2が本線で0も考慮。

大分vs徳島
 徳島はいい試合と悪い試合を交互に繰り返す印象があり、読みにくいチームになりました。選手はいるけれども、「○○型」と表現しづらいチーム。大分は悪くないのですが、まだ結果に結び付いていません。去年は大分の2勝ということですが、それしか対戦がないので評価しづらいです。0が本線ですがどれも選びたい。

水戸vs湘南
 面白い試合になりそうです。水戸は攻撃力がありますし、前節も最後まで分かりませんでしたので。DFの2人も帰ってくるようですからね。ただ、湘南のほうが力も試合運びも上ですかね…水戸は徳島戦の前半も劣勢だったですし、岐阜戦もそうだった。湘南は守備が良くなりましたから、簡単に点は取れないはずです。2が本線で、ホームの2試合が好ゲームだったことを踏まえると一応0も視野(toto対象外)。

札幌vs草津
 札幌の守備はだいぶ良くなった印象です。FC東京の拙攻があったとはいえ、昇格候補との2試合で1失点は全然悪くありません。あとは早く1点取りたいところですが…この試合は勝ち点3以外いらないという正念場の試合になると思いますので、それが逆に仇とならないことを祈りたいですね。草津は状態としてはまだまだのようですが2連勝。その分余裕がありますから、勝ち点1でもOKという流れになりそうな気がします。0が本線で1も考慮。

岡山vs栃木
 去年は2試合とも岡山が点を取り、アウェイでは勝利もしました。ただ、現状の調子では圧倒的に栃木が上です。それと栃木がついているのは、3戦連続3バックのチームが相手だということ。ある程度慣れているのは強みと言えます。岡山は岸田のドリブルやチアゴの高さを生かしたいですが、逆に言うとそれ頼み。栃木はそれだけだと点を取らせてくれないと思います。セットプレーでの失点もある岡山ですから、栃木優位と言わざるを得ません。1が本線。

千葉vs愛媛
 結局のところオーロイが出るか出ないかがかなりウエートを占めます。ただ、愛媛の前節の敗戦はショッキングでした。気の緩みが出たんでしょうね。すぐに立て直せるチームなのか、そうでないのか今回で明らかになるでしょうが、スモールクラブはここで引きずりそうな気がします。オーロイが出なくても、今回は久保でいきそうな気もしますし、千葉の守備は前節も実質完封なので計算できます。1が本線でしょう(toto対象外)。

熊本vs北九州
 熊本が負けたことよりも北九州が勝ったことで面白くなりました。続けて勝てるチームなのかどうかですが…そんなに甘くないような。熊本は長沢への長いボールが多くなっていて、それ頼みになるときついですが、安定はしていますから愛媛のようなことはないと考えたい。北九州の連勝をこの時点で予想するには情報が足りないのもあるんですが、1が本線(toto対象外)。

東京VvsFC東京
 まさかこういう状況で対決となるとは。楽しみにしています。課題を挙げると、ヴェルディはミスが多い。メンタル的な部分もあると思いますが、それによっていい形で攻撃に移れない。追いかける展開で1点は取っても限界があると。FC東京はそもそもどういうスタイルでいくのかまだ見えず、その中で勝ち点3を拾おうとしているものの、2試合結果が出ずという状況です。互いにチーム状態が悪い時は、どちらもこの試合をきっかけにしようと張り切りますから、最初は差がつかないと思うのですが、最終的にはいかに自分たちのやり方を信じられるかだと思うんです。そうすると、FC東京は個の力に頼った戦いにならざるを得ず、組織でカバーされてしまうのではないかと。札幌がカバーリングを徹底したことで完封したように、ヴェルディも相手が相手ですからその辺は勝手に体が動くと思います。退場者が出たりしないといいですけどね…ヴェルディはラフプレーがやや多いので。でも、1が本線です(toto対象外で良かったですけどね)。

横浜FCvs鳥取
 横浜FCは神奈川ダービーで勝ったことで少し落ち着くでしょうね。まだ状態はいいとは言えないでしょうけど。鳥取は失点1でシュート数もトップと悪くない内容ですが、北九州に2-0と富山に0-0でまだ不透明な部分が多いです。そもそも開幕前から昨年の北九州よりも戦力がいたので、これくらいはやれて当たり前なのかもしれませんし。1が本線で0も考慮。1-0か0-0の地味な試合かなと。

富山vs岐阜
 富山は守備が堅いですね。栃木にはやられましたけどセットプレーでした。岐阜は徹底したサイド攻撃でガンガン行くのが特徴ですが、ハマれば強いけどハマらないと弱いという二面性があるサッカー。岐阜がサイドを抑えられてしまうとみて1が本線ですが、これは難しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
11:04更新 | コメント(5) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も、清水のアレックスの印象が変わってきました☆
出場時間こそ短いですが、
徐々に彼の能力を垣間見ることができ、
まだ個人としてもチームとしても伸びしろがありそうだと思いました!

予想は、柏の連勝が見たいかな〜という反面、
どの対戦も、
人気じゃない方のチームにも、チャンスがあると思っています!山形や神戸、磐田も若手次第だと思っています!
Posted by 「24」 at 2011年05月03日 12:46
mokichiさんの完璧予想に拍手!パチパチパチ

もうね、点が取れる気配がなくて…

監督曰く、「前半はパーフェクトだった」ですって

(ーー;)???
素人目線では横浜ペースだったと。
ボールを持たされていたと思うんです。
Posted by ひとりの赤さぽ at 2011年05月03日 20:55
>「24」さん
アレックスに実際ビッグチャンスが来たんですがね…悔しい敗戦でした。

>ひとりの赤さぽさん
お疲れ様です…うまいこと当たってしまいましたね。
前半ところどころ見ていたのですが、確かにボール持っていてもマリノスは慌てていなかったですし、形にこだわり過ぎかなって気もします。
チーム作りにおいては時間も必要ですけどね…。
Posted by mokichi at 2011年05月04日 01:31
mokichiさん、こんにちは。
J再開しましたね、今季もよろしくお願いします!

さてエスパルスですが、残念ながらジンクスを破られてしまいました。
自分は元々こういうのは気にしないのですが、やはり0−0に持ち込みたかったですね。
それでも少しずつ症状は回復に向かっていると思いたいです。

ところでmokichiさんが試合前キーマンに挙げたアレックス・ブロスケですが、何度か惜しいシュートを放ちましたね。
当初はウイングの構想でしたが、ここまでは小野の代役を任せる意味合いもあり、攻撃的MFで起用されていますが、どちらがベストなのでしょうか?
ボールの持ち方や小野との共存を考えると、右ウイングが良いのかなと、個人的には考えているのですが…。

Posted by flowers for football at 2011年05月05日 11:12
こんにちは!今季もよろしくお願いします。

いずれ広島には負けますし、力的にもここがタイミングだったのかなと思いますね。

アレックスは外でプレーすると窮屈でうまく絡めないように見えます。今のポジションが合っているかどうかはさておき、現状ではベターな選択をしているのではないかと。
ゴトビ監督が大前を右に固定しているのを見ると、利き足と逆のサイドに置くという発想をしない人かもしれません。ただ、そこは選手が考えないといけないところもありますね。
まだ監督は試している部分も多そうですので、本当に考えていることが見えてくるのは先かもしれません。
Posted by mokichi at 2011年05月05日 17:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/198992723

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。