2011年05月07日

J1第10節・J2第11節[toto第501回]予想

 またmini toto1個外しで涙。なぜ甲府と大宮で2しか付けず、他に回してしまったのか…。最近は予想の内容は悪くないと勝手に自負しているのですが、見返りがないと意味ないですからね、ホント。

広島vs甲府
 広島ははっきり言って甲府に相性悪いです。これはペトロヴィッチ監督も認めています。ただ、今年はジンクスを次々と打破しているということで、あまり気にならないだろうというのと、甲府がスタイルを変えているのもあります。甲府は、割と早めに修正することで必ず自分たちの時間を作っていい試合をしているのですが、結果だけが付いてきていません。それも、相手が中堅以下ばかりなだけにもったいない。広島は強豪ですから厳しい戦いになる気がします。先発濃厚な阿部はゴールゲッターで、マイクとの関係から前節も取りましたので、広島が失点せずに戦うのも難しいと思いますが、それ以上に点を取れると思います。特に三浦さんが試合後「クオリティの差で負けた」ということをよく言うのですが、その差を生み出せるのはムジリだと思います。先発ならば途中で代わるでしょうけど、前節を見ても技術が高かったので…1でいきます。

磐田vs山形
 山形にとっては得意な意識があると思います。柏に勝って、しかも点を取り始めているので勢いもあります。磐田のほうは前節を引きずるというのはないと思いますし、流れの中での失点は前節の失点だけですから、意外と安定しています。と考えるとロースコアでしょう。最近はヤンツー采配も当たっていますが、小林監督の采配も健在ということで…。前田がいつ爆発するかだけは気になっているのですが、0が本線。どちらかと言われれば2ですが…。

神戸vs川崎
 ホームでの川崎戦は割と相性が良くなっていたのですが、昨季は0-4と敗戦。今回はどうかということですが、神戸も川崎もスタイルをカウンターから脱却しようとしている最中という点で似た者同士です。そして互いにチャンスは多く作っていますが、ゴールに結び付いていない。難しい試合になりそうです。少なくとも神戸が3試合続けてノーゴールというのは考えづらい。それほど決定機はありますし、川崎は守備がしっかりしているというチームではないので。あとは川崎が点を取れるのかということですが…矢島の調子も悪くないように見えますし、山瀬も一発がある。タレントはいますからね…これも0が本線でしょうか。余裕があればトリプルも考えたい。

横浜FMvs福岡
 上位には強いマリノスが、下位チームにお付き合いするというパターンは過去にもありました。清水戦をそれに含めるかどうかというのは私からは言いかねますけども(笑)。ただ、去年の湘南戦なんかはきっちり勝っていますし、今は圧倒的な守備力がある。セットプレーもあり、カウンターもありますから形がしっかりしている。そして何より、福岡・中町の不在です。彼はボランチでありながら得点源ですので、ただでさえ城後が消えている状況にあってこれは痛すぎます。さすがに1でいきます。

大宮vs新潟
 このカードはいつも難しいのです。守備で大崩れがないから必ず拮抗しますので、どっちに転んでもおかしくないという試合が多い。事実、引き分けも多くカウントされています。どちらもこれといった変更はなさそうです。得点源は李天秀とブルーノ ロペス。サポートするのは藤本とチョ ヨンチョル。ほぼ互角に見えてしまうんですね。新潟が負けなしで来ているので良いですが、大宮も1勝とはいえ悪い試合はしていない。大宮はセットプレーや高さにやや不安がありますが、新潟はそこから点を取れてはいないですし。これも1、0、2全部あると思います。ホーム初勝利がそろそろ来るかなと考えてやや1ですが、0との併用ですね。新潟は強いので。

名古屋vs清水
 清水視点で言うと、この3年名古屋には全く勝てません。改革の年でこの成績も改革したいものです。名古屋は怪我人がとても多いですし、大きいところでは闘莉王、ケネディ、金崎と不在。ダニルソンもいきなりフルということはないでしょうから、飛車角落ちであることは事実です。ACLでは藤本のPKで勝ちましたが、何とかという感じですからね。それに対して清水がどういうプランでいくのかはっきりしないといけません。マリノス戦のように我慢強くハードワークして勝ち点を拾うのか、広島戦のように前に3人を残すのか。得点力がないのに加え、平岡の負傷で岩下を下げざるを得なくなりましたので、無理に前に出るようなことは出来ないのかなと思いますが、耐えながらアレックスの左足と大前のドリブルという感じになるでしょうね。それを実行に移す手前までは来ていると思っていますので、その壁を瑞穂で破ってもらいたいです。ただ、天敵がいます。玉田です。ある程度ケネディを抑えた試合もあるのですが、結局玉田にやられっ放しでした。今回はそれに永井が加わります。岩下もボスナーも裏の対応は怖いもので…この戦力でも名古屋は点を取ってくると思います。客観的に見れば2はマークできないですね…。1が本線で0もというところ。

vs浦和
 最近の対戦を見ると、良く点が入っています。国立開催になる点も見逃せません。危機感があるのは当然浦和のほうだと思います。ただ、連敗した相手が仙台、マリノスとブロックを作って固めてくる相手でした。これではプレスを掛けてカウンターというのをしづらかった。今はそれありきになっていて工夫を求めづらいがゆえ、耐え切れずに失点して負けています。ただ、柏は4-2-2-2というシステムもそうですしポゼッションしてきますから、浦和にとっても都合が良くなると考えます。柏はDFが戻ってきますが、ワグネルをSBに置く中で最も不安なオランダスタイルとの対峙。ネルシーニョの采配は本当に素晴らしいので、打ち合いになるかもしれませんが、今回は浦和が意地を見せると思います。2が本線。

C大阪vs仙台
 新潟戦のセレッソはあと一歩だったんですけどね…。金鳥スタで負けていないことは引き続き良いことですが、相手は首位・仙台。それに最近の対戦では仙台の守備に手こずって勝てていません。攻めあぐねる展開が想像されます。仙台にとっても、赤嶺が怪我でいないことから中島を起用せざるを得ず、守ってカウンターという色が濃くなるでしょう。セレッソの力も評価していますから、勝ち点1でOKという試合をするはずです。セレッソが今季まだ勝ちなしなので、そのモチベーションが上回るか、仙台のモチベーションが続くのかという気持ちの争いになりそうです。0が本線で1も考慮。


栃木vs横浜FC
 当然、状態は栃木のほうが良くて、おそらく崔も帰ってきます。そうすると流れの中で点も取りやすくなります。ただ…前節のドローをどこかで引きずる可能性は否定できません。栃木の場合はその波をなくせるかどうかが課題になっているだけに。あと、横浜FCはこの状態でも湘南には勝ったので…1が本線ですが単独は怖い。0も考慮します。

草津vs岡山
 これは難しいです。岡山は結局チアゴがいる時でないと点が取れないんじゃないでしょうか。先に使う判断をするかどうかですが…でも流れからして点は取れるでしょうね。草津は爆発力がなくて割と堅いサッカーになっているので…0が本線。どっちにも転びうるところですが2も考慮したいです(toto対象外)。

徳島vs京都
 徳島は本当に謎です。どちらかというと内弁慶ですから今回は勝つ可能性がありますけどね…京都は2ボランチにして前回は無失点。今回はどうか。安定感はどちらもないだけに怖いカードですね。これがきちんとtoto対象になっているのは嫌ですねぇ…1が本線ですがもし京都の守備が本当に落ち着いてきたのであれば0は入れないといけないですね。

鳥栖vs大分
 鳥栖はいいサッカーをしていて、前節も退場者が出ながらアウェイで勝ち点1。悪くありません。大分も引き分け続きですが前節は追い付きました。ダービーという意地もありそうなので、難しいところですけど…1と0で迷って1。

FC東京vs富山
 さて、どうなりますか(笑)。現時点での情報では徳永をSBに戻して上里起用。これならば一発もありますしバランスもよくなる可能性はありますけどね。富山の守備が堅いだけに、また攻めあぐねる可能性は高い。その中でこじ開けるのかどうかという…一応2試合続けて無失点ですから、今回も完封の可能性は高いですけど…1-0勝利で1が本線。本当にひどければ0-0で終わるか、1-0で勝ってて最後に富山の捨て身で追い付かれてブーイングとか。組織という点で富山が上なのは事実なので、迷いますね。

湘南vs愛媛
 バルバリッチ監督が前節相当怒っていたようですね。それを見て選手が燃えないはずがないので…ふがいない試合をした後に健闘できたのは悪くありませんから。湘南は点が取れないですし、どの程度切り札がいるのかもまだ良く分かっていないので難しいですけど…あえて0が本線にしたいです(toto対象外)。

熊本vs札幌
 熊本はファビオのトップ下が機能していないという話なのですが、高木監督もダイヤにして行き詰まるっていう過程の最中なんだろうなと感じます。2ボランチだと攻撃の時に枚数が少ないと感じたんだと思うんですよね。それを解決しようとして3ボランチをやっているんでしょうけど。しかし札幌も本当に点が取れない。何とか勝ちましたけどギリギリのところでしたからね…熊本がホーム2連戦で勝ち切れないのかどうか迷いますけど、去年ですら札幌の1勝1分けなので0が本線で。

岐阜vs東京V
 そういえば去年のヴェルディ初勝利はアウェイ岐阜戦でした。デジャブの可能性が高いんじゃないでしょうか。少なくともきっかけは掴んだと思いますし、力はあるわけですから。岐阜のイケイケサッカーはハマると強いですが、単純でもありますから。2が本線(toto対象外)。

鳥取vs千葉
 鳥取はシステム変更が狙い通りに機能しているようですね。面白い選手が多くて楽しみなチームです。自信を持って千葉を迎え撃つでしょう。千葉はオーロイが仮に途中からだとしてもいるだけでアドバンテージ。鳥取はそういう選手とまだやっていませんから、さすがに厳しいと思われます。内容的には「鳥取やるじゃないか」となりつつも2が本線(toto対象外)。

北九州vs水戸
 北九州は愛媛に勝って少し自信を取り戻しつつあるんでしょうか。ただ、水戸が強い。ホームで湘南に手応えあるドローというのもいい方向に来ている証。事故もあり得るので0も考慮しますが2が本線です(toto対象外)。


にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
02:19更新 | コメント(4) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前節の清水の試合、
広島相手だったということもありましたが、久々に攻守の早いゲーム内容で、好きなゲーム内容でした!よく走れていたと思いますし☆ 
正直清水が最後までこういう試合が出来るとは思っていませんでした・・・・スイマセン。。岩下のアンカー?からの、前線へのフィードも良かったと思います。

そして、高木は少しの出場でしたが、もう少し見てみたい!左に入って、右は大前で、若手2人で積極性のある攻撃がみれそうだと思いました!今節の予想では、ズバリその布陣なので楽しみです!


今節の予想も、悩ましいです。
横浜が、一番の鉄板かと。
甲府の阿部とハーフナーのコンビの伸びしろがありそうで、広島は失点するかもしれませんが、ムジリは判断が早いのでアクセントになれそうですし、西川が乗ってきそうな気もしています☆
Posted by 「24」 at 2011年05月07日 11:31
今節は試合の予想が外れましたね…
ということはmokichiさんのtotoは外れた?

意地の片鱗も見えませんでしたよ。

なにやっとんじゃ〜
怒り心頭の私です。

今、一番弱いのはうちで間違いないです。
次節の鉄板試合になるのではないでしょうか。
Posted by ひとりの赤さぽ at 2011年05月07日 23:02
清水戦はBSで見てました
永井が崩したとやたら報道されてますが、申し訳ありませんが岩下のミスでは?・・・と思いました。SBの攻撃参加が多い分、CBの役割が多そうで仕方ないこともあるんでしょうけど。
CBコンビは対人戦とかは申し分ない気がするんですけど横からの攻めになると厳しいですね。先制点もボスナーが中途半端な気がしましたし。
でも若手が良かったですね。SBの2人も含めて前線はかなり動いてました。
毎回評価に困る枝村は一度だけこぼれ球で良い場面がありましたね。いままで消えてたのに死神みたいですね。決めてないですが。そして死神はまた消失・・・

マリノスのことを言うと実は今回負けるんじゃないかと思ってました。
福岡も今までひどすぎる感じでも無かったですし、マリノスが「らしさ」を発揮するんじゃないかと。残念なことに自分が負けるなと思った試合はほとんど負けてますし(汗)

でも今回良い感じで予想が外れてくれたので好調が続くんじゃないですかね。本当あの逆転は嬉しかったです。
長文失礼しました
Posted by マリノ介 at 2011年05月08日 16:33
>「24」さん
清水について、ありがとうございます。徐々に良くなっていますので期待しています。

横浜は危険でしたね…勝って良かったですが。

>ひとりの赤さぽさん
もうちょっとやると思ったんですけどね。柏はもう出来上がっているチームなのを分かってそういう予想をしたのですが、現状では出来上がってるチームとまだ全然なチームの差が出てしまいましたね。
結局ウイングを生かしたサッカーをするがために、マルシオが生きない状況ですね。

セレッソも得点力に苦しんでいますから、ホーム埼スタで今度はどうなるか。

>マリノ介さん
私はスカパーで見ていましたが、何やらBSは過剰に永井を報道していたらしいですね。あれは岩下のミスですよ。最近ボランチだったので、CBの感覚が少し薄れていた時にやられた印象です。
ボスナーも岩下も裏には強くありませんが、それでもラインを下げずに戦うというチーム方針には共感しています。
枝村はいつもあんなものです…。

マリノスは、今年はそういうジンクスを破るかなと思いながら見ていましたが、0-2はさすがに想定外で、良くてドローかなと思ったら逆転でしょう?今年は何か違いますね。
Posted by mokichi at 2011年05月08日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199606825

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。