2011年05月28日

J1第13節・J2第14節[toto第504回]予想

 また考えすぎる悪い癖で外れる試合が多くなってきていますが、懲りずに頑張りますよ。ちなみに愛媛vs岐阜は、岐阜の低調さも考えると愛媛の勝ちだろうということで当たりました。

仙台vs横浜FM
 去年の日産スタジアムでの試合を覚えているのですが、仙台が頑なに守って勝ちました。今回も似たような試合になる気がします。仙台は打ち合いをやると勝てないと磐田戦で認識したと思うので。マリノスが強いのも事実で、谷口のトップ下が結構効いていましたけど、ユアスタでやれるというのは大きいだろうなという…これまでの相手が浦和、福岡、磐田と考えると、上位とやった時にどうなのかというのはありますが、我慢比べには耐えられると思いますので。互いにセットプレーが得意で1-1とかもあり得ますから、0も買いたいですが1を本線に。

浦和vs新潟
 ホームでの新潟戦は負けのない浦和です。果たして今回どうかということですが…永田やリシャルデスも取りましたし、色んな因縁があるとは思うのですが、結果を出せるのかどうか。新潟も少し勢いが落ちていて、前節も終了間際に突き放されたのですが、前半が良くなかったようですので心配です。浦和はシステム論になっていますが、2トップにしたからすぐ勝てるというほどの話ではないと思うんですね。選手の特徴を生かせるのか、状態のいい選手を使えているのか、色々ありますけど、これだけ埼スタで試合を続けていますから、今回は結果にこだわってくるだろうなというのはあります。なりふり構わず逃げ切りオプションを行使するかもしれませんね。新潟の布陣は開幕前から準備されているものですから、それを使うだけなのでしょうが、守備から入るという意識が高いように思います。なのでこれも0を考慮しつつ、そろそろ1が来るという予想です。

vs神戸
 確かに柏は強いです。前回は大谷がいない中でもコントロールできました。決定力が欠けただけで、勝ち点1は悪くない結果です。日立台はあれ以来ですか…。神戸も3連勝と好調ですので、激しい試合になる気がします。神戸は本当に良く走っていますから、戦うという部分で柏を上回れる可能性はあります。日立台だからといっても今回は拮抗すると思います。柏は順調すぎるので、ホームでのドローという形で少し足踏みするのではないかという気持ちもありますから1と0の両にらみで0寄り。神戸の勝ちはない気がするんですけどね…でもいいチームです。(追記)そういえば雨の日立台で昔ピッチ状態が最悪だった時があり、神戸がシンプルにやった結果勝ったことがありました。都倉が先発になりそうな今回、それがふとよぎってきました。困りました(笑)

清水vs磐田
 予想からいくと、0が本線で1も余裕があれば考えたいという感じです。磐田ははっきり言って強いです。今季内容の良かった福岡を圧倒したといえばそれまでですが、今季通して見てもコンセプトがはっきりしていて、やることに迷いがない。ドリブラーが多くてシンプルにボールをどんどん運んできます。カウンターの精度は高いですし、ちょっとでもミスをすればそれを突いてきます。メンバーも変わりませんし、スーパーサブの金園が出られない程度ですから強いチームのままアウスタに来ると思います。 逆に清水としては、前節の勝利を受けて自信を持ってスタートすることはできるでしょう。神戸戦と同じことはさすがに起こらないはずです。モチベーションも上がりますし。いい気分で入って、先制点を奪えるかどうか。今回はそこそこ奪えそうな感じもあるのですが、大宮戦の後半はあまりにも順調にいきすぎました。磐田は仙台相手でも2点差を追い付けるチームですし、守備はまだ安定していないので、リードしてからが本番かなという気もします。 あとは1勝でどれだけチームが変わったかですね。監督が「ターニングポイント」という言葉を使いましたが、まさにそうだと思います。勝てば勢いに乗れます。神戸戦は取れませんでしたが、良く持ち直してきました。きっかけにしたい一戦です。チームに今まで以上の団結力があれば、追い付かれても突き放せるかもしれません。そういう期待も持ちながら、吉報を待ちたいと思います。毎年言ってきたことですが、若いチームであろうがダービーは勝利のみです。ホームでの試合です。目の前の敵に挑んで欲しいと思います。

甲府vs山形
 甲府は前節の大敗で自信を失いかねないところ。山形も仙台に敗れてサポーターのフラストレーションも溜まっています。どちらも守りをしっかりしながらというチームですから、堅い試合になるでしょうね。逆手に取ると、リスクを負わないと点を取れないということで打ち合いになったりもするのですが、今回はチーム状況を考えるとどんどん前には行けないはずです。0-0かどうかは別として、1-1くらいの地味な試合ではないかと。あえていえば、組織力で勝る山形寄りですが、0が本線です。

C大阪vs大宮
 大宮の肩を持つわけじゃないですが、今季の大宮を考えると、前節の清水戦のような試合は二度とないでしょう。清水が現に大敗で危機感を持ち、その後に結果を出した。大宮はそれと同じ状況にありますから、チャレンジする意識があれば十分戦えると思います。セレッソはACLで歴史的な1勝を挙げ、しかも負けなしのホームで戦えるという利点も存在します。また、調子の悪い乾が欠場で、ピンパォンを下がり目にする布陣も採用しそうとなると、セレッソにも風は吹きそうです。大宮の李天秀の穴は石原でも埋まると思ってるので、あまり考えていませんが、どっちにしようか迷いますね。シンプルに1も買いますが、1だけと見るのは危険な気も…0も入れます。

川崎vsG大阪
 ザ・打ち合いというカードですけども。去年の万博は4-4でしたからね。川崎は前節大阪で3-3をやったばかりですし、攻撃陣の状態は良いです。ジュニーニョは出そうにないですが、それでも調子はいいと思います。山瀬がフィットしてきました。小林もコンスタントに結果を出しています。 問題はガンバです。ACLを見る限り、前に起点を作れず苦しみました。それでもリーグ戦ではきっちり結果を残してますし、大きな大会に負けた後というのは逆に開き直ることもあります。アドリアーノは去年も等々力で凄いゴールを決めましたから印象もよいでしょう。どちらも1点は取るでしょうね。去年の等々力ではガンバが突き放したのですが、今年はどうなるか…0はないですね。1か2です。となるとやっぱり1寄りかな。

名古屋vs福岡
 名古屋は確かにボロボロではありますが、闘莉王がいるとやはり格が違います。今回は増川も戻ってきそうです。ダニルソンがまた離脱で楢崎もひょっとすると…ですから本当にボロボロなんですけど、意地だけで戦いそうな気がします。福岡は前節内容も悪くなったので、それを今回取り戻してきたとしても、やっぱり名古屋は名古屋で終わる予感です。1が本線。

広島vs鹿島
 対戦カードがというより、鹿島は気の毒ですね。ホームに戻るまでは厳しいんじゃないかな…と。ベテランの状態が上がらないままで世代交代をしようとすると、逆に難しい気もしますし。ジレンマなんでしょうね。広島はマリノス戦の布陣ベースに戻れますし、ここ2年はホームで鹿島に負けていませんので1が本線です。

水戸vs鳥栖
 鳥栖が強いという印象ですが、水戸もホームでは粘り強い戦いをしています。0と2のダブルでいきたいところです(toto対象外)。

徳島vs栃木
 面白い試合になりそうですね。徳島は戦力が揃ってきて、いよいよ力を伸ばしたかなと思えるようになりました。栃木は悪いパターンが出てしまっていますが、でも強いですよね。迷うところですが、こういう時はセットプレーかなと…って考えるとこれも差がないんですよ。あとはもう勝ってるチームの流れと連敗チームの流れになるかもしれません。1が本線ですがこれは難しい(toto対象外)。

横浜FCvs熊本
 横浜FCは一体どうしちゃったんですかね。ようやく八角が帰ってきますが、そもそも点を取れていませんからね。熊本も点は少ないですが長沢がいます。守備は堅いです。横浜FCだってあれだけの選手がいますから、いつきっかけを作ってもおかしくありませんが、熊本はいなせるチームだと思うので2が本線。地味な試合で0もあり。

京都vsFC東京
 どちらも得点力不足ですが、FC東京は何となく前節で雰囲気をつかんだんじゃないでしょうか。京都はそれがまだ見えてこないので、いくら久保の一発があると言っても難しいような気が。因縁の地で息を吹き返すかなと思います。2が本線。

札幌vs岡山
 これはどうなんでしょうね。札幌はとりあえずホームで2勝していますが、前節も内容は酷かったようですし。岡山は調子がいいですから、勝てそうにない感じがします。2が本線。

湘南vs草津
 湘南はここまで失点が一番少ないです。西部もよく守っているようですが、全体的に堅い。ただ、草津に勢いがあります。2トップの状態も良いですから、面白い試合になりそうです。0が本線。湘南は2点取る力がないように見えるので1は入れられず、2トップ爆発なら2もあります。

北九州vs富山
 北九州は今楽しいでしょうね。ただ、勝ち方もギリギリのものが多くてまだ力が付いたとは言い切れません。富山は悪くない試合をしていて、前節も個の力にやられたところもありましたから、今回はアウェイながらもいい試合をしそうな予感。2が本線です。

千葉vs大分
 田坂トリニータは地道にコツコツと伸ばしてますから、千葉に対しても臆することなく立ち向かっていい試合をするでしょう。千葉と戦ったチームは、結局いい試合をしても跳ね返されてきましたが、さすがにフクアリ劇場も小休止ではないかと。少し手詰まり感もありますし、大分のFWは状態悪くないので0が本線(toto対象外)。

東京Vvs鳥取
 川勝監督はベンチに入れませんが、大丈夫でしょう。前節もちょっとしたところだったですし、河野も戻ってくるので。鳥取も悪くないんですけど、力の差もあると思いますので…1が本線です(toto対象外)。

にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
02:34更新 | コメント(5) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も予想モードにスイッチが入ると、とことん考えますw
私の場合は、まとまらずに時間切れパターンが多いですけど^^;


浦和は、対戦データ+新潟の状況を見ても勝てる要素は今節高そうですね☆・・・でも浦和の状況も悪いので、そういう時に限ってついに黒星が付くパターンが出ちゃいそうな気も・・・考えすぎてますw
個人的に、マルシオと柏木の共存はナイ気がするんですけどね。。
横浜の俊輔と狩野みたいな感じで。。
・・・谷口や元新潟の矢野みたいな高さに強い選手がいると良いと思うんですけどね。


今節ダービーですね!!
雨ですかね??でも両チームとも雰囲気が良さそうで楽しみですね!!
清水は両SBの出来がポイントかと。前節は、久々に太田が攻めていた気がしましたし。辻尾も攻める意識は高いと思うので、あとはクロスの質が上がると良さそうなんですが。
Posted by 「24」 at 2011年05月28日 11:26
1が来ませんでした。

もうお手上げ。

前半は浦和もサッカーやってました。
後半は新潟だけサッカーやってました。

シュート打てませ〜ん。
崩せませ〜ん。
疲れて動けませ〜ん。
Posted by ひとりの赤さぽ at 2011年05月28日 19:56
>「24」さん
やっぱりスイッチ入りますよね(笑)。

なるほど、マルシオ・柏木の関係を俊輔・狩野に例えましたか。うーん、そこまでとは思わないんですけどね。高崎使った今回はそういう狙いだったんでしょうね。

清水のクロスの精度は仰る通りなんですが、クロスばっかりなんですよね。そこを改善して行くにはもう少し時間が必要かなと。

>ひとりの赤さぽさん
重症ですね。いいトレーニングが出来ていないんでしょうね。いくら勝ててないから自信がないと言っても、毎回内容に疑問があるということは。
埼スタで対戦する日も近づいてきましたが、それまでにどうなるのやら。
Posted by mokichi at 2011年05月29日 02:21
狩野と俊輔の話がおもしろそうだったので眺めてるだけでなくコメしました(笑)
マルシオと柏木の共存は出来ると思います。マルシオはこれからもサイドにいれば元にもどるかと。ただ新潟は基本ブラジル人は自由にやらせるし、かなり気を遣ってると新潟の下部組織の正GKやってた子が言ってました。浦和と新潟のそういう違いが原因だとしたら重傷でしょう。

狩野については俊輔が来る前も山瀬との共存で問題になってるんですよ。しかも山瀬が復活した時は調子を落としてるし、俊輔帰ってきてからも良い時の狩野っていうのはほとんど見たことがないので、共存以前に調子よくないと思います。
タイプがタイプなのでマリノスに合ってないかもしれませんが・・・でも出すのはもったいない選手なのでチームに適合するかチーム方針を変えるくらいのプレーを見せないとだめなんでしょうね。はやくしないと水沼も帰ってくるし。

あと昨日はせっかくのダービーだったのに一部の人によって文字通り水をさされましたね・・・あれは政治云々じゃなくて人種差別です
Posted by マリノ介 at 2011年05月29日 12:30
新潟から浦和に行くと、プレッシャーは実際感じるでしょうし、エジミウソンも最初そんな感じだった気がするので、次第に慣れてくるとは思うんですけどね。

狩野は出場機会を考えて出るという選択肢も持っていいと思いますが、そこまで思っているかどうか…オフには残りましたからね。

ダービーの件は残念としか言いようがありません。
Posted by mokichi at 2011年05月31日 01:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。