2011年06月04日

ナビスコ杯1回戦・J2第15節[toto第505回]予想

 今年のナビスコはホーム&アウェイなのでシビアな戦いになりそうです。どのチームにもチャンスがあるでしょう。

浦和vs山形
 中断前の練習試合では浦和が3-0と圧倒してはいますが、その時と比べても仕方がなく、あまり参考にできないというのが本音です。山形はフィンケさんのサッカーには相性が良かったのですが、今回は2トップに変えている浦和なのでどうなるか。毎週のように埼スタで試合をしているのに勝てていない浦和はもういい加減結果を出さないとという状態で、火が付けばいいのですが、何をきっかけにするのか見えず、山形も山形でピリッとしない試合が続いてます。0を本線にしたいですが、ホーム&アウェイというのと山形が少しメンバーを入れ替えるような話もあるので1も入れたい。開き直ったもの勝ちで2というのはない気がしますが…。

磐田vs福岡
 最近一度戦っていますから、互いにやることは分かりやすいですね。磐田はパクチュホと前田が出ませんが、金園はすでに結果を出せていますし、メンバーは心配ないでしょう。ただ大会が変わって気が抜ける可能性が…。福岡は少し現実主義に転換していくようです。2戦トータルでの試合であるのを利用しながら、ドローで終われるかをポイントとしてくるでしょう。そうすると0も考慮しないといけないかなと。1と0で。

vs仙台
 仙台・関口以外はおそらくベストメンバーが並ぶでしょう。仙台が堅いチームなので、柏がそれをどう崩すのかですが、日立台といえども今回はそう簡単に行かない気がします。守り合いじゃないでしょうか。2戦目があるので無理に出ていこうとしないはずです。0が本線。

甲府vs清水
 0が本線になるんじゃないでしょうか。市川と伊東の2人と久々の再会になりますが、清水としては甲府でプロとしてしっかり活躍している選手に対してそれ以上のものを見せなければなりません。それとともに、まずはアウェイでの第1戦ということで、無理に攻めたりしないことです。ゴトビ監督は大会の方式にも慣れているはずですから、あまり心配していませんが、状況判断は問われることでしょう。甲府からすれば、残留争いのライバルだと見ているわけですから、ホームでの第1戦は勝ちにいくでしょうし。甲府はマリノス戦を除けばいい試合をしていますし、1点は取れています。マイク絡みが多いですけど、そこに入ってくるボールを弾くのはもちろん、そこに入れさせないことが大事です。ダービーでの守備はほぼパーフェクトでしたが、メンバーが変わるかもしれませんので、それを継続できるか未知数。ということで失点1を覚悟しないといけない。逆にこちらは大宮戦の継続、磐田戦の反省を踏まえてシュートを増やすこと。小林大悟が出そうですが、彼は十分やれるところを見せていますので心配していません。どういう形であれ1点は取れると思っています。それと、甲府がダニエルをボランチでテストしています。中盤での競り合いの強化、長いボールを弾くといった部分が求められるのでしょうが、そこを越えればチャンスになります。ダニエルは後ろ向きのプレーは慣れていませんし、小林がダニエル程の能力を持っているわけではないですから。そこで甲府が機能しなければ2もあると思いますが、謙虚に戦いましょう。2回戦進出へ向けて、180分で考えなければいけませんから。

広島vs川崎
 川崎にあまり相性が良くない広島ですが、結局川崎のカウンターにハマってやられるパターンが多かったわけです。それが今年の川崎のスタイルでどうなるかというのは興味があります。しかし、広島には欠場者が多い。森脇と李を欠くのは神戸戦と同じで、しかも両翼も欠きます。ハードワークした神戸を超えられませんでしたから、苦しい試合になるでしょう。どちらかというと川崎が有利な気もしますが…川崎のアウェイでの成績、広島のホームでの成績を踏まえると2だけは怖いです。0も入れておきましょう。

横浜FMvs神戸
 拮抗した試合が多いカードです。マリノスは栗原が不在ですが、ついに青山が登場です。やってくれる気がします。開幕前から吹っ切れていましたから。あとは少し入れ替えるようですが、気になるレベルではない。神戸はもともと入れ替えながらやっていますからいつも通りと言えます。大久保がリーグ戦で出場停止になるので外してみるようですが、これは若干影響が出るかもしれませんね。1が本線じゃないでしょうか。


栃木vs水戸
 非常に怖い。悪い流れを大勝で止めた栃木と、勝てていないところで鳥栖に大敗した水戸。そしてダービーです。嫌な予感しかしないんですがね…去年の終わりにも同じシチュエーションで水戸が勝ったんです。栃木がメンタル的にどうかという…松田監督は警報を発していますから、すんなり終わる気もしますが…1と2の両にらみでしょうか。本当は1のみでいきたいんですが。練習試合で水戸が大勝したのは開幕の時ですから参考外です(toto対象外で良かった)。

鳥栖vs徳島
 これもそうですね。鳥栖は大勝して雰囲気がすこぶる良い。徳島は大敗して踏ん張りどころです。ともに上位ですから拮抗した試合になると思うんですが、ベアスタでの成績を考えると鳥栖が有利かもしれません。徳島はアウェイで勝ち出したと思えば今度はホームで大敗ですから良く分からず…基本的には1。ただどれもありそうです(これも対象外で良かった)。

横浜FCvs東京V
 これも…ヴェルディと横浜FCとどちらが状態悪いかというとそりゃ横浜FCなんでしょうけど、ヴェルディも引き分け続きでいいとは言えない。横浜FCの新布陣が機能するとも思いませんが(苦笑)、2が本線で0も抑えたいところです。1はまだ来ない気が。

草津vs千葉
 草津は徹底的に地上戦で挑めばいいと思います。萬代を先発に持ってくるという判断はちょっと分かりませんけど、前節の負けは完敗だったのであまり気にならないと思いますし。千葉は前節のやり方がスクランブルだったのに加え、ミリガンがいませんから力でねじ伏せるには少し足りなくなったかなと。アウェイですし熊本戦のようなこともありますから、勝ち切れないと判断します。千葉が土壇場で追い付いたりする可能性も否定しませんが、思い切って1を本線に(toto対象外はむしろ残念)。

大分vs札幌
 これも微妙なカードです。田坂さんは本当にいいチームに行ったと思うんです。実際潜在能力のある若手をどんどん伸ばしています。今はまだ勝ち方を知らないから、千葉のように飛び道具のあるチームには押し込まれっ放しになる。ただ、栃木に勝ったりとか力があるのは見せていますから、ホームでの戦いではある程度やるでしょう。逆に札幌はアウェイで全くいいところがなく、今回はブルーノが出場停止で再び布陣が元に戻らざるを得ない。九州遠征が大の苦手となれば、苦戦は必至と言えます。しかし何度も同じことを繰り返すのかどうか…あえて0を本線にしたいです。1も考慮。

富山vs熊本
 これもまた微妙。熊本は点を取る形がまだ少なくて、長沢駿は頑張っていますがそこを封じられた時にまだ打開策が少ない(ないとは言いませんが)。富山は前節もセットプレーでの2失点ですから、安間さんのこと徹底してトレーニングしているでしょうし、そうは点を取れないと思います。と考えると守り合いになるんじゃないかと。意外とPKが絡んだりして。余裕があればトリプルも入れたいくらいです。0が本線で勝つとすれば2か…。

岐阜vs湘南
 今年の岐阜は監督交代劇からこうなるのはある程度想定されていたと思いますので、致し方ないというか…メンバーにも限りがありますので。新外国人のブルーノがいきなり活躍でもしない限り、前節の湘南の出来が素晴らしかったので2のみでいいでしょう。

岡山vs北九州
 なんとも言えない条件がいっぱいある試合です。岡山は悪くないんですが、アウェイで退場者を出して耐え切れず。今回は大声援を受けられるホームでのナイトゲームですが、ストヤノフが不在で3バックをやれるメンツではないような…?北九州も勢いはありますが紙一重だったのと、相手の状態もありますから何ともいえず、福井の出場停止で桑原を下げるかもしれません。どう取ればいいんでしょうかね。ストヤノフと竹田が同時にいないのは大きいんですが、4バックにいつでも切り替えられるでしょうし、北九州もまだきちんと崩して点を取っていないので0が本線。

鳥取vs京都
 京都は選手同士のミーティングなどで現状の改善策を話し合っているようですが、どこまで組織的に戦えるのかというところでしょう。しかし守備のキーマンがいない状況で、守備を立て直してきた鳥取との一戦は大変です。鳥取はそろそろホーム初勝利来ますよ。1が本線です。

FC東京vs愛媛
 愛媛は確かに侮れないチームで、齋藤学の個人技で1点取る力はあるでしょう。ただ、FC東京は目覚めたと思いますし、このチームが目覚めたらそうは負けないはずです。2はない。問題はジェイドノースか徳永か、いずれにせよ今野の穴。ここが埋まらないとカウンターで崩される可能性もあるので、0も考慮したいです。1が本線ですけど。


にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
02:13更新 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。