2011年06月15日

J1第15節[toto第507回]予想

 ミッドウィーク開催です。mini totoのみですが、もうそろそろ当たっても…。

仙台vsG大阪
 去年ユアスタで仙台が負けたのですが、あの試合だけは梁をボランチに置いたり、いきなり赤嶺を使ってみたり、あえて攻撃的に戦って、結果敗れて、自分たちの立ち位置を取り戻すきっかけになったとされています。今は戦い方がしっかりしていますから、ガンバだからといって変に仕掛けたりしないはずです。神戸戦を見る限り、少し「守り疲れ」を感じました。前半は非常にいいサッカーで、先制点も理想的な形でしたが、2点目を奪うしたたかさがまだない。そのしたたかさはガンバの方が持っていると思います。仙台は負けなしですが勝ち切れていない、ガンバも勝ち切れていないということで、どっちに転ぶか微妙ですよね。ガンバはアウェイで成績が特に良くなく、ボールを持たされた時にはアドリアーノ頼みになることが多い。仙台のセンターバックはそこを抑える力があると判断し、1が本線で0も視野という感じでいきます。西野マジックによる2もあるとは思いますが、逃げ切れるかは別として仙台の守備力が高いのは事実。

鹿島vs甲府
 甲府ってカシマスタジアムって勝ったことあるんですね。印象にありませんでした。鹿島は久々のホームです。山形戦も内容は微妙とはいえ、セットプレー2つで勝ち切りました。少なくともホームに戻れば、切り替えの早いサッカーが少しは戻ると思っています。対して甲府は等々力で勝ち点を取ったわけですから、状態は悪くないです。川崎がとにかく攻めるので、2失点もギリギリのところでしょう。鹿島はそこまでではないですし、恐れずに戦えばマイクや阿部の一発があるので面白い。ただし、今回は特別なゲームだと思うので、1が本線です。山形と比べれば失点の可能性は高まっているので、0も考えないといけないんでしょうけど…鹿島がむしろ落ち着いているころだったら、その可能性が高かったかも。

大宮vs川崎
 鬼門オレンジ、来ました。大宮からすれば、ダービーで勝ち切れなかったショックが少し残ってはいると思いますが、川崎もホームで取りこぼし、しかも中村憲剛がいないかもしれないという試合ですので、どちらも不安定な戦いをする可能性があります。川崎の守備を見る限り、相馬さんも気になってはいるんでしょうけど、なかなか修正できていない。それはスタイルとも関連していると思いますが、大宮の2トップは甲府と同様に強力ですから、カウンターは受けてしまうでしょう。ただ、大宮のホームでの勝ち切れなさは気になってしまいます。2試合続けて先行逃げ切りのような戦いが出来るのかというと…川崎の攻撃力も高いわけですし。0が本線でトリプル…川崎が鬼門打破の可能性もあると思いますし、大宮がそろそろホーム初勝利という絵も考えられます。どっちもどっちだから0なんです(笑)。しいて言えば1に行ってみたいですが…。

vs磐田
 今回、柏は苦戦する可能性もあると思います。磐田の守備はそれなりに堅いです。前節も最後にこじ開けられましたが、闘莉王の存在を考えれば、それまでは何とかゼロでしのいだわけです。仙台戦を除けば2失点以上はありません。柏としても、磐田のブロックをはがす作業は決して不得手ではないと思いますが、磐田の場合は前田というストライカーがいますので、点を取られると展開も変わるでしょう。クロスの供給源だった酒井の不在は、前節近藤の穴を橋本が埋めたように、村上で何とか埋めてくるかもしれませんが、上位対決であまりにもいい勝ち方をしただけに、気になります。思い切って0が本線。もちろん1も買いますが…。磐田の代表組2人の不在は、大きいとまでは言えないと思ってます。

清水vs山形
 リーグ戦に限れば清水の全勝ですが、2年前にはミッドウィークのホームゲーム(ナビスコ杯)で負けたりしていますし、天皇杯でもそうだったように、決して得意という印象はありません。開幕戦の柏が強すぎたことを考えれば、その後のアウェイゲームでは全部勝ち点を取っているわけです。あとはホームで勝つことに尽きます。福岡に次いで勝ち点を取れていない山形が相手となれば、今回は勝たないといけない試合になります。ただ、名古屋戦のあとの神戸戦がそうだったように、勝たなきゃというのが硬さになってミスを引き起こすことは良くあります。立ち上がりからいいテンションで入れるかどうか。思い切って入れば、相手は負け続きでそれこそ硬いので、ミスを誘発出来ます。ゴトビさんはそれくらいは分かってると思いますし、選手たちは自信を持ってやるべきです。平岡のアンカーは初ですので、不安はあります。ただ、ゴトビ監督の求めるアンカー像は、変化を付けたりする必要がないということだと思いますので、平岡の堅実さは合っていると思います。あとは、温存している分動けるであろう高原、小野、小林といった面々に掛かっています。私は1でいきますが、山形が失点ゼロを目指してかなり守備的に入る可能性もありますので、0も考えておいた方がいいかもしれません。古橋と長谷川が不在ですが、こういう時は逆に点が入ったりします。廣瀬は清水キラーです。清水としては、次節の浦和を含めた2試合でどれだけ勝ち点を取れるのかが試金石になります。中位にいくのか、下位にとどまるのか、極めて大事な試合です。

名古屋vs新潟
 前節の名古屋を見ると、去年のそのまんまという感じがしました。スーパーサブの永井を使えないというのはあるにせよ、新潟はレギュラー2人を欠きますし、ミシェウも怪我ということで、攻守に編成が苦しいです。となると、ここは豪華な戦力を生かす時でしょう。だいぶフレッシュになってきたようですし、力のあるチームはまた取りこぼしたりしないと思いますので、1が本線です。新潟はブルーノロペスが1人で2点くらい取らないと苦しいと思いますね。取っちゃったらどうしよう(苦笑)。

C大阪vs横浜FM
 去年はセレッソの1勝1分け。アウェイでは退場者を出しながらも逃げ切りました。相性は悪くありませんね。ただ、好調だった清武を失うのはあまりにも痛い。さらにピンパォンも出ないようです。これまで出番のなかった選手たちに託されそうですが、どっちに転びますか…。マリノスの守備は大崩れはないと思うんです。前節はうまいこと2点取られましたが、柏のクオリティの高さを差し引かないといけませんし、青山はやれると思います。セレッソはホームでそろそろ勝ちたいと攻撃的に出ると思いますので、そうするとマリノスの良さが出るのかなと。先発濃厚な小野はフラストレーションが溜まってると思いますし、谷口もいますから、金鳥スタといえども2が本線。今年はズルズルいかないというのを見せてもらいたいですね。セレッソが吹っ切れたという点では引き分けも考えるところですけど、1は考えづらい。→→でもよく考えると、攻撃のタレントがいない分だけ守備をしっかりやってきそうな気もしてきました。セレッソ。乾がいなくなるのを想定して違うオプションを準備しているそうですが、それが機能しないにしてもマルチネスの一発とかないわけじゃないので…1もあるのかな。

神戸vs福岡
 神戸が「戦いづらい」という気持ちは良く分かります。そりゃそうだと思います。前節の福岡は、内容は悪くないというレベルからも離れてしまいました。こうなると、もう開き直りで来るはずです。9連敗ですからね。神戸も前節何とか追い付きましたが、組織的な攻撃は見られず、個に頼った部分が大きかったので、不安はあります。ただ、今年の和田監督は修正が早いのと、シュート数はきちんとカウントされてますから、いきなりゼロに抑えられたりすることはないだろうと。失点も、柏戦の完敗以外は1失点以内ですし、マリノスのように前半劣勢でも後半挽回するかなと。よってやはり1です。大久保の存在は大きいでしょうね。

広島vs浦和
 このカード広島の3連勝中です。これは私の感覚ですが、圧倒的に広島に有利な材料が多い時というのは、打ち合いになったりします。サッカーの完成度も違いますし、浦和は原口に頼った攻撃が多いのも事実でした。その原口が不在となって、逆に良い攻めになる可能性がないとは言いませんが(マルシオをはじめ個の力はありますから)、それを中3日で構築するだけの術がチームにあるとは思いません。山田直を使うかもしれないそうですが、エジミウソンの1トップに近い布陣になるならば、また同じことを繰り返すかもしれません。前節の失点の仕方も、セットプレーなんかはあり得ない状態でシュートされていますので、基本がしっかりしていないのかなと。広島は、浦和が攻め込んでくると予想されるので、我慢する時間が長くなるかもしれませんが、それでもきちんとカウンターで点を取れるし、戦い方ははっきりしていますから、森脇も戻ってきて良い状態と言えるでしょう。前節の寿人のゴールを見ても、今年流れは来てます。打ち合いの末、1のみという予想で勝負。

にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
02:34更新 | コメント(1) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。
やっぱり予想は「負け」にしていただかないと行けないみたい(爆)です。
テレビ観戦でしたが、試合内容は山形戦より数段良くなっていました。
でも結果が反対、というサッカーではありがちなことですが、
なんだか納得できないですよね。
甲府が「持たせて」いたのかも知れませんが、スムーズなパス回し
と攻守の切り替えの早さが感じられるようにはなってきました。
あとは決めるのが「誰」なのか、ここが大問題。

「俺がエースとして」と言っているFWが一向によくならないので、
はなはだ心配しております。

そちらと対戦する時には少しは試合前に「わくわく」できる
状態になることを祈っていますが。

明日久々の鹿島スタジアム行ってきます。
足が重いですが・・・。

そちらは「ともあれ」結果がついてきて良かったですね。
こちらもあやかりたいなぁ・・・
Posted by gonta at 2011年06月17日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。