2011年06月18日

J1第16節・J2第17節[toto第508回]予想

 過密日程でいろいろと時間も取れていませんが…。

浦和vs清水
 いつも通り、客観的に見ると0が本線ですが、何が起こるか分からずトリプル推奨です。自分がそうするかは投資額次第ですが…。何だかんだいって浦和は最近負けなしではあるんですね。前節も守備的に構えた結果、広島を完封しました。やるサッカーのブレ方はいただけないですが、個の力があるだけに、選手たちが我慢できるのならば、結果が付いてきてしまう可能性がある。それではチームとして発展しないでしょうけど…今回はスピラノビッチが出場停止ですが、山田暢にしても坪井にしてもいると考えると、そろそろホームで勝つんじゃないかというのも出てきておかしくありません。 逆に清水は、前も言いましたが開幕戦とナビスコを除くとアウェイでまずまずの成績です。それに、近年は埼スタで勝ってますので、それほど苦手意識もない。ローテーションを組むことが予想されるので、疲労も最大限に考慮されるでしょうし。高原はベンチの可能性もあり、その場合は前半耐えることになるでしょうが、ガンバ戦で一度ひっくり返した経験も積みましたから、慌てる必要はないですね。慌てなければ、そんなに点は取られないと思いますので。だから0-0ないし1-1という雰囲気ですね。 浦和の今の順位を考えると、清水としてはアウェイでも勝ち点3を取りたい気持ちになりますが、それを狙うならば前からいくところとリスクマネジメントのバランスをしっかりしないといけません。前々節と前節でまた課題が出ています。試合への入り方がまだ良くありません。今度こそ勝ちに来る浦和に対して受けに回れば、山形戦のようにたまたま抑えたというわけにもいかないでしょうし。我慢するところは我慢して、出ていくところでしっかり出ていく。個人的には枝村が大きなポイントになると思っています。勝てれば大きいですが、果たして。

G大阪vs横浜FM
 アドリアーノショックで、チームとしてどの程度変わっていけるのか、その指針を出す試合になるでしょう。マリノスのようにしっかり守ってくるチームには苦戦する傾向が根強く残っていますし、マリノスはセレッソに勝って状態もそんなに悪くない。ただ、アドリアーノ頼みだった攻撃が、今回の件で逆にいい方へ作用する可能性もあると思います。なかなかボールを動かせなかったところもありますし、前線に機動力のある選手を配置すると、案外うまくいくかもしれません。遠藤も宇佐美も二川も控えているわけですしね。なので、まだアウェイで1敗のマリノスでも足元すくわれる気がしないでもないです。ただ、キムクナンもいますし、高さで勝負するとガンバも下がっての対応が増えて、セットプレーの失点も多いだけに耐え切れないのかなと。 これも全部ありそうなんですよね。0か2という消極的なことをやったら1が来そうなので…マリノスが粘って0が本線ですが、これも資金的な部分で最終的に決めます。

甲府vsC大阪
 相性はあまり気にせず考えます。甲府のスタイルも変わっていますので。その甲府は鹿島にアウェイで勝つということで、三浦サッカーが浸透してきたようですが、今回はマイクが出場停止です。代役が誰なのか定かでないですが、誰が入っても埋められないでしょう。阿部はヘディングも強いし決定力もあるストライカーですが、ターゲットが減ることによって、どうしても押し込まれる時間が長くなるだろうと。セレッソは敵陣に押し込んでる割に得点を奪えないのが課題ですが、今回はピンパォンも戻ってきて、永井も前節やれるところを見せました。ポゼッションでセレッソが上回るのはマイクがいようがいまいがそうだと思いますが、今回は通常よりも攻め込む時間が長くなるセレッソに賭けたい。相手が下がり過ぎればマルチネスあたりのミドルもあります。小瀬では開幕戦を除いて負けなしですが、2が本線です。

山形vs神戸
 ホームでの神戸戦は2勝3分けというデータがあるようです。前節の山形は本当に不運というか、PKの判定やゴール前での落ち着きという部分でちょっと風向きが変われば勝ち点という試合でしたので、これから上向くと考えています。神戸が前節個に頼ってしまって福岡にシャットアウトされたというのが引っかかっています。ベテランの吉田あたりを使ってきそうですが、中2日でどこまで立て直してくるのかという…山形はある程度内容に手応えを感じているはずなので、清水戦での大勝以降点を取る形がはっきりしていない神戸を抑えられるのではないかと。神戸はつなぐことも頭に入れてやっていますが、割り切って守備から入れば0も考えられます。ただ、今回は1でいきます。追い付かれても突き放すような展開がありそうで。

鹿島vs磐田
 状態は圧倒的に磐田の方がいいですね。レイソルがそうであったように、強いチームに快勝した後で何か緩む可能性はあるし、鹿島はカシマスタジアムで再び試合が出来るわけですから、同じような失敗を繰り返すとは思えないんですが、ただ結局今年Jで勝った相手は福岡と山形だけ。粘り強さがない印象ですね。終了間際に失点してみたり、2点差を追いつかれたり。柴崎を使うという報道も出ていますが、前線のタレントも不足している以上、我慢のしどころのようです。前田も金園も山田も好調なジュビロはスピード感があって、動きが戻っているとは言えない鹿島がそれについていけるかというと不安があります。鹿島は鹿島って言うんですがね…これだけ勝ってない中で磐田となると2が本線じゃないかなぁ…。余裕があれば0も加えた方がいいでしょう。柏と鹿島で勝ち点4ならOKとするかもしれませんし。こうすると1が来るというのが法則ですが(汗

川崎vs広島
 相性は圧倒的に川崎の方がいいですね。大宮に大勝したあとで気分もいいでしょうし、等々力で甲府に勝ち切れなかった分をここで勝ち切るというモチベーションもあるはずです。ただ、今年どうしても優勝したい広島の執念というか意地も感じるシーズンになっています。前節は消化不良の試合だったようですが、まだ1敗ですからね。で、おそらく広島は川崎のカウンターを相当警戒して守備を固めてくると思われます。どちらかというと今までは打ち合いを互いに受け入れていた部分が見えましたが、今回はそうならないのでは?ナビスコで一度対戦していますが、その時とは事情も違いますし、シビアな戦いを挑むんじゃないかと思います。これも同じですが、大勝した後は気が緩みがちな部分があって、それも等々力なら吹き飛ばすとは言いますが、甲府にギリギリで守られた状況というのは広島も再現出来る気がします。それだけ今年は広島がモチベーション高い。0が本線でどちらかというと実は2です。寿人来る気がする。

新潟vs仙台
 去年の11月の戦いが似た状況だと思うんですが、新潟はこれだけ選手がいないと苦しいと言わざるを得ないですね。誰かがニューヒーローとなって出てこない限りは…田中亜土夢とか川又が使われるようですが、ロペス以外に得点を計算できる選手がいないですからね。守備も要を欠いていて耐え切れていないというのがあります。仙台はそういう相手でも焦れることなくスタイルを貫けるチームだと思いますので、アウェイでもそういう戦いをするでしょう。ちょっと気が抜ける可能性はありますが、柳沢も帰ってきて点を取るオプションも増えましたし、久々先発の渡辺がモチベーションを高めて臨めば、守備の集中力が落ちるとも思えず、ここはさすがに2を本線にしたいと思います。

名古屋vs大宮
 これも相性や調子では名古屋が有利だと思いますが、2連勝で来て、同じ瑞穂で試合をやるとどうしてもいいイメージだけが残ってやりづらさがあると思います。大宮は今季2回目の大敗で、また立て直せるのかというのはありますが、このチームは立て直せると思うんですよね。2トップは普通に強力ですし、金は不在ですが4バックは昨季と同じ。ケネディ対策で片岡もあるかなと思いましたが。名古屋の復調を考えれば1は外せないものの、大宮がしぶとく食らいついての0が本線。2もあると思います、本当に。

福岡vs
 昨季の戦いでも柏の2勝ですから、成熟度という点で柏が上なのは間違いありませんね。福岡としては前節の無失点がある意味最低限で、そこからの上積みがないと勝ち点3には届かない。結局チャンスはあっても無得点だったことも事実です。柏は弱点を突かれて完敗を喫しただけに、そこからの立て直しが注目されますが、ネルシーニョ程の監督ならばすぐにやってくると思いますし、柏としてもいい刺激になったんじゃないでしょうか。酒井の穴はどうしても埋められないでしょうけど、前節の福岡は神戸に助けられた部分も否めないので、レアンドロとか北嶋がしっかり働けば、波乱は起きないような…逆に点を取れないまま0-0で進んだら福岡ペースですよね。そしたら高橋が出てきて一発とかあるかもしれないので、そこは怖いですけど、1点も取れずに終わるとは思えないので…やはり2を本線に。

栃木vs北九州
 北九州は福井が不在の時に勝てていないというのがありますし、スタイル以上栃木の網引っかかりやすい。栃木が仕留め切れずに勝ち切れないという怖さも残るので0も考慮ですが、1が本線(toto対象外)。

FC東京vs徳島
 ホームでなかなかスカッとした試合が出来ていないFC東京にとっては難しい相手だと思いますが、難しい相手だから逆に勝ち切ると予想。表現が難しいですけど…前節勝ち切って、少し勝ち方が分かってきてる頃だと思いますし。1が本線です(toto対象外)。

横浜FCvs千葉
 千葉がアウェイであまり勝てていないのは気になりますね。去年も負けた相手です。ただ、横浜FCは苦しい台所事情をやり繰りしての2連勝ですし、急に3連勝出来るようなチームなのかどうか…2を本線にして、岸野さんの根性で引き分けにする可能性は考慮(笑)。

富山vs東京V
 前節の富山は厳しい試合でした。ヴェルディもおそらく厳しい試合だったんでしょう。正念場の一戦になります。ただ、飯尾の退場とか失点が全部カウンターだったとか、悪いところが出尽くした感があります、アウェイチームには。練習では井上が好調という話も聞きますし、高木善も移籍前に頑張ろうという感じでしょうから、富山の弱点であるサイドさえうまく使えれば。中、中となってしまうと怖いですが…2が本線です。先制されても逆転出来る気がするので。

岐阜vs札幌
 これも…どちらの監督も苦しいですね。岐阜は想像通りですが、今回の予想メンバーを見ると石崎さんもどうしていいか分からないような状況なんでしょう…。札幌は波が激しすぎて良く分からないのですが、2はとりあえず入れます。砂川は安心できますからね。ただ、0が本線かな…ブルーノが怖い。1も買いたいがおそらく余裕がない。

鳥取vs湘南
 前節の鳥取は痛い敗戦でしたね。今回は立て直してくるであろう湘南との対戦で、こじ開けるのが容易でない。湘南は巻が怪我でいませんが、田原はあとちょっとで点を取ってましたので、あまり影響はないと判断して2が本線です。守り合いで0もあるか(toto対象外)。

岡山vs水戸
 ホームでの岡山は強いです。前節も土壇場で追い付いてますし、内容も悪くない。ただ、水戸も前節は富山の出来があるとはいえいい試合をしました。大敗して目覚めたようです。なので1と0のダブルで。

草津vs京都
 草津の状態がいいので、前節勝った京都でも止められないのではないかと。久保の一発はありますけど…1が本線(toto対象外)。

鳥栖vs愛媛
 金 民友がいないのが不安です。前節も北九州に守りきられてしまいました。状態がいいので研究されているのかなと。愛媛は劇的な勝ち方をしていますが安定感を欠いているのも事実で…ただアウェイでもそれなりに勝ち点を取っている。0が本線でひょっとしたら2も(toto対象外)。

大分vs熊本
 熊本の攻撃も単調というかシンプルというかなので、田坂さんも対策立てやすいんじゃないかと。苦しむ京都に負けたのはもったいないですが、そろそろ反撃していかないと。かといって熊本も勝ちなしのままいくわけにもいかず…2が本線かな(toto対象外)。

にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
12:15更新 | コメント(7) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
過密日程の中での更新ご苦労様です。
今年は特に過密日程が多く続くみたいなので、
無理のない範囲で縛られすぎないように!・・・と心配しつつ、
いつものように参考にさせてもらっています。^^。


今節は、仙台とセレッソを中心に、DF多めで編成!
この2チームはあまり考えずに即決だったので・・・、その油断が危ういかもしれませんが^^;


 私も山形は、中盤の若手が意外?と勢いがあってチャンスを作っているので、アリとみています。
ただ、今年の神戸は一味違うとも思っているので・・・。


そして、
私も相手がどこであれ、
浦和はそろそろ流れ的に勝ちそうな気はしています!
でも、やはり中盤のアイデア、攻撃参加がないと、
手詰まりな内容になりそうで。。
山田直輝は縦へのパス&動きがあって面白そうなんですけどね!・・・浦和は改めて身長が低い選手多いですね><

 そして個人的には、スピラノビッチ欠場は痛くて、坪井は嫌いじゃないですが試合勘の部分で、全盛期ほど信用できず、
逆に大前+高木の勢いを借りて、高原や小野が活躍しそうな気がしています!

Posted by 「24」 at 2011年06月18日 13:12
連続引き分け記録を阻止していただきありがとうございます。

前半早々からなんかまずいなーと思っていたら
FKで失点してしまい。
SBは上がれないわ、前の選手は動かないわで
さんざんな内容でした。

今の浦和に負けるチームはないでしょうな。
次節水曜日は福岡と対戦ですが、非常に厳しいと思っています。
ここまで修正力、チーム力がないとなるとね…情けないです。チームにまとまりが見られません。
Posted by ひとりの赤さぽ at 2011年06月19日 00:23
>「24」さん
神戸は福岡戦で限界を見せてしまった気がしてなりません。山形の勝利は妥当ですね。
浦和は誰かが欠けるとかいう以前の問題でしたね。

>ひとりの赤さぽさん
うーん、確かに浦和さんの出来に助けられた感は否めないです。守るにしろ攻めるにしろ中途半端で迷走しているのが伝わってきました。采配もそうですし、ピッチ内でもそうですし。
しかし、福岡の試合も見ましたが、守れると点が取れず、点が取れると守れないというジレンマを抱えているようでしたので…
Posted by mokichi at 2011年06月19日 03:43
こんにちは。電車内で浦和サポが怒っていたのをたまたま目撃し、編成直すの忘れた…と悲しんでいましたが、帰って見るとなぜかポイントが異常に高いので見てみると前回ボスナーCで川崎少々入れてたからですね。編成忘れてて良かった…新記録更新です。清水でCにするときはだいたい辻尾かボスナーでしたんで。辻尾がGを決めて以後はボスナーにしてました。前から彼の大砲の凄さをこのサイトで教えて貰っていたからです。ありがとうございます。(笑)

でまぁ浦和サポがキレていたのは清水にやられていたからなんですねー。埼玉の電車荒れるんですよ。ホントに。前に駅の自販機壊してましたし。そんな熱狂的なサポ達は埼玉の景気を左右しますからね。だからある意味でたくさんの埼玉県民が常に注目してます。批判も注目もその分賞賛もされるのが常なんでしょう。このチームは。浦和優勝したときオレンジのチームがいるのに大宮でもそこら中で赤い服着てましたし(笑)凄かったです。
そんな埼玉に活気をもたらす意味では自分も頑張ってほしいとは思います。でも重傷そうですね。勝つときは一気に勝つんでしょうけど。本当最近は大宮の優しい感じの雰囲気との違いが際だちます。(苦笑)
Posted by マリノ介 at 2011年06月19日 12:34
>マリノ介さん
こんにちは。
ボスナー砲は年に1回か2回という感じですが、キャプテンとは…羨ましすぎます。ちょっとポイント下さい(笑)。

今年の清水には勝ちたいというのもあったでしょうけど、それ以前にここまでひどくなってしまうのかという感じも…。このままでは監督交代は避けられそうにありません。
Posted by mokichi at 2011年06月19日 15:05
管理人様
本当に「法則発動」ありがとうございました。
今後は鹿島の試合だけは分析などせず、ずっと鹿島負けを
予想してくだ(ry

冗談はさておき、スタジアムで観ておりましたが、ジュビロのほうが
なにか変な感じでした。
柳下監督のコメントの「被災地を・・」というのが妙に納得してしまう
くらいで・・・。
決定的なのは、こちらのミスで金園選手がソガと一対一になった
シーンくらいかな、と。

確かにボール回しはスムーズになってきましたが、それは
甲府戦から感じていましたから、さらなる要因は、というと
「ターゲット田代」が大きかったかな。
パス回しがスムーズになったのは選手の距離感がだいぶ良くなってきた
からかな、と観ていて思いました。

柴崎はマスコミ、2ch絶賛みたいですが、私的にはまだまだ。
キョドらないふてぶてしさは確かにすばらしく、また篤人が入った時
と同じように全く違和感なく溶け込んでいるのはびっくり。
でも高校時代より身体を当てることはいとわなくなったけど、
ボランチとしてもうちょっとフィジカル欲しいな、と。
小笠原2世というより中田浩二に近い位置取りでスペース埋める
のがうまいタイプかな。
またボールをよく引き出してスルーパス出して、それが通らなくても
また出すところも意志の強さを感じましたので、期待しています。

選手のローテ含めて残りの2〜3試合で、これからの鹿島の
立ち位置がはっきりしてくるので、まだ島分予想は難しいですね。

久々の鹿島スタジアムでの勝利、まずは火曜までは幸せな気分で過ごせます(笑)。

そちらも徐々に調子あがっている感じなので対戦楽しみにしております。
Posted by gonta at 2011年06月20日 16:34
こんばんは。やっちゃったなと思いました(笑)。
田代が存在感を発揮しているというのが、私の中では良く分かっていなかったのが予想の敗因です。あと、柏がマリノスに勝ったあと緩んでしまったように、磐田も柏に勝った後で緩んでしまったようですね。そこは考えないといけませんでした。

少なくとも柴崎のフィジカルは鍛えている最中ですよね。そこを使いながら育てるというクラブの方針と、小笠原の不振で使ってみようかというタイミングが少し早くなったかもしれませんけど、初先発でホーム初勝利に貢献というのは、「持ってる」のかもしれませんし(笑)。

我々はここから2週間移動がありませんが、強豪とのホーム3連戦でチャレンジウィークに入りました。鹿島との対戦時にまだ上にいられますことを…(笑)
Posted by mokichi at 2011年06月20日 19:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/210489519

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。