2011年07月02日

J1第2節・J2第19節[toto第512回]予想

 先週は悠さまのゴールでmini totoが外れ、水曜日は当たりが7/9だったにもかかわらず、当選ならず。あと少しなんですが。

仙台vs名古屋
 去年は2試合とも仙台が互角に戦いながら名古屋がパワープレーで勝ち切りました。仙台は1敗してから仕切り直しですが、梁がもし出ないならば考えなくてはなりません。ずっと出続けていますし、キーマンには違いありませんからね。ダニルソンが戻ってくる名古屋の方が優勢なのかなという気もしますが、仙台が1敗してメンタル的に吹っ切れるのかどうか。ユアスタの力が大きいとなれば、梁がいるとかいないとかで決まるものでもないのかなと考えてしまいますので…難しいところですが、名古屋の状態は悪くないので0が本線。トリプルも視野か。

浦和vsG大阪
 近年ではガンバが圧倒しているカードです。チーム状態からいってもガンバの方が上だと思いますが、浦和の意地でどこまでそれを変えられるのかという…原口が先発に戻ってきて、彼なら個人で点を取りますからね。とはいえ今のガンバは失点はあってもそれ以上に点を取るので…浦和が守備的にやったとしてもゼロには抑えられないと思います。0も考慮しながら2が本線。

福岡vs甲府
 サバイバルになりますね。福岡はともかく、甲府も自信を失いかけているところです。ここからの3試合で勝ち点7を目指すそうですが、残留するにはそういう発破もありかなと。スタイル以上、福岡の方が少しボールを持つのかもしれませんが、どちらもブロックを作って守り合いになれば、地味な試合も考えられます。マイクという存在がいる以上は甲府が優勢でしょうけど、福岡はもう勝っていくしかない。そろそろ勝ち点もという考え方で、0と2のダブルで。

清水vs鹿島
 今年の清水は連勝も1回だけですが、連敗がない。それを証明してくれたのが仙台戦でした。似たタイプの相手になると思いますが、鹿島は川崎戦の前半だけなら間違いなく強い。そういう相手に耐えられるのかという問題はあります。ただ、戦術的な柔軟性を持ち始めているのは好材料。鹿島は後半にガクッと運動量が落ちますから、我慢比べに勝てば勝利の可能性も出てくるでしょう。0が本線な気がしますが、1も考えていいかもしれません。鹿島は田代が好調なので、1点は最低でも取るはずです。 清水とすれば、仙台に勝ってホッとしがちですが、7月の目指す勝ち点が15という高い設定ですから、ホームでは常に勝っていきたい。

新潟vs山形
 チーム状態を考えると、これも読みづらいカード。新潟はあと少しで勝利というところまでいきながら、いつもアディショナルタイムにやられています。ただ、これだけやられればもう同じことはしないはず…というのと、守備はそこまで崩されていない上に、フィジカルの強い2人が戻ってくるので耐え切れるようになるだろうと。あとはどうやって点を取るのかというところですが、ロペスは個で1点取れるので、ドロー以上は持ちこめると思っています。山形もメンバーが帰ってきて、互角の勝負はすると思いますけど…1と0のダブル。

C大阪vs
 ブラジル色の強い2チームですね。セレッソは一方的に攻め込んでも1点とか、物足りなさを残したままドロー地獄に陥ってる気がします。今回は場所が長居ということで、吹っ切れるのかなという気がしないでもないですが、柏が酒井も戻って万全の体制になってきました。菅野も近藤も出られるようですし、攻守の安定感というのは屈指だと思いますので…2を本線にしつつ、セレッソも大崩れがないチームなので0も入れるというところか。余裕があれば1もですけど。

横浜FMvs川崎
 純粋に楽しみなカードです。去年はマリノスの2勝ですが、川崎がスタイルも少し変わったので…。守備のマリノスと攻撃のフロンターレという図式になると思いますけど、どっちに転びますかね。去年の成績を返す意味ではフロンターレに期待していますが、マリノスも大崩れしないチームになってきたので…。田中裕、小宮山、山瀬と相当気合も入っているでしょうし、マリノスがそれを熟知しているとしても、封じ切れない部分もあるかなと。矢島もジュニも調子は悪くなく、悠さまがサブに待機となるはずですし。逆に川崎は鹿島にセットプレーでやられましたが、マリノスもそこは得意。「そこにタニ」発動の予感も漂っています。キムクナンもいますから、悠さまとのスーパーサブ対決には注目です。 結局これは絞り切れないのでトリプル推奨。勝負に行くならここだと思います。どちらかというと1に気持ちがありますが…。

磐田vs神戸
 相性からいっても、チーム状態からいっても磐田が有利だとは思うんですが、少しずつ状態を取り戻して、前節ドローだった神戸がまたポロっと負けるのかという疑問もあります。和田監督になってからは初の対戦ですし。前田、山崎、金園、ジウシーニョといれば磐田は点取ると思うんですけどね、大久保が毎試合必死になって発言しているのが、そろそろ生きてくる気もしないでもない…本当はトリプルがいいんですけど、1と0。

大宮vs広島
 去年はNACKでスコアレスドローでした。広島ホームでは大宮が勝ち。果たして今度こそホームで勝てるのかということですが、一つきっかけになりそうなのは石原の先発起用。彼は仕事人ですから面白いと思います。東も坪内も戻ってきて、そろそろと思うんですけどね…。広島は失点が増えているのが気になりますが、点も取れている。今年優勝するという雰囲気は感じていたのですが、ちょっと調子が落ちていますかね。 石原の存在が大きいとみて、大宮優勢にしたい。1と0。

栃木vs札幌
 中2日と中5日。勢いは間違いなく栃木ですが、札幌の守備は堅くなっているので…0が本線か(toto対象外)。

横浜FCvs徳島
 横浜FCは大分戦をいい意味で忘れられるかどうかだと思います。そこまで悪いわけじゃないので…ただ、徳島に勢いがある。2が本線で0もという感じか(toto対象外)。

北九州vs大分
 1週間空いた北九州に対して、大分は中2日。あえて宮沢や森島を温存していましたから、この試合も勝つという田坂さんの意気込みは感じられます。3-4-3もそこまで悪くなかったですし。ただ、北九州はホームで成功体験を積み重ねているのと、終盤に強い。体力勝負になったらきついのかなという…大分もいいチームになっているだけに難しいですが、1が本線で大分が粘っての0もある。

FC東京vs鳥取
 少なくとも鳥取が粘り強くていいチームなのは認めざるを得ず、そうでなければ湘南にあんな勝ち方はしませんね。ただ、FC東京は地力を見せ始めているので、今回も単独1でいい気がするんですけどね(toto対象外)。

湘南vs東京V
 ゴールを奪えない湘南ですが、ヴェルディにはホームで相性が良いようです。千葉戦で少し守備も改善したので、あとは攻撃と。ヴェルディは点は取れるんですけど、水戸戦がそうだったように不安定なので、どの結果もある気がします。中2日で修正が難しいとなるとヴェルディが有利か。2が本線で0も(toto対象外)。

熊本vs鳥栖
 面白い対決ですが、長沢駿出場停止。ファビオがいるだけマシではありますが、戦術が長沢だった以上、苦しい部分もあるかと思います。鳥栖は栃木に負けたショックが残っていなければ、そこそこの試合はできます。守備はどちらも堅いので…FWファビオ覚醒による1寄りも0も考慮(toto対象外)。

草津vs水戸
 去年はドロー2つ。どちらも内容はそこまで悪くないと思いますが、勝ち切れていないようです。どちらかというと、若いチームの水戸がヴェルディ戦のを引きずるかなと…1が本線(toto対象外)。

富山vs千葉
 これは対象なんですよね。勝負に行くのはあり。富山は徳島戦の敗戦後にいろいろあって、監督が訴えかけたようです。こういう後にまたホームゲームで、選手が気合を入れないはずがない。頑張るチームがさらに頑張ったら怖いと思います。千葉はアウェイで星が五分。オーロイが出ない方が最近は流れもいいですが、結果的に富山も守りやすくなることもありますし…2は外せないんですけど、0も買った方がいい。1も面白いので、余裕がある人は勝負するのもいい。

岐阜vs京都
 初対戦ですか。岐阜はようやく勝ち点を挙げましたが、それがきっかけになるのかは正直分かりかねます。京都は良くなってきているのでかみ合わせだけだと思うので、2が本線じゃないでしょうか。1はない…0はあるかも。

愛媛vs岡山
 微妙なカードが対象になっていますね。岡山は状態を落としていますので、どちらかというと愛媛が有利だと思いますが、愛媛も少し落ち気味なのかなと。岡山が守備を固めた場合は0もあるのでダブル。

 今節はかなり難解。まだ考えます。

にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
11:34更新 | コメント(3) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ!

今節は、1週間空いたことで、逆にどのクラブも調整が出来ていそうで、逆に予想が難しく感じます。


その中で注目のカードは、やはり福岡vs甲府です!!
未勝利の福岡が果たして初勝利なるか!?
同じ昇格組み同士であり、福岡はホーム!
ここで勝てないとなるとどこで勝てるのか?
・・・きつい言い方ですが、こういう思いで予想しちゃっています。


ちなみに今調べたら、
昨年の湘南は21試合連続未勝利(4分け17敗)だったそうです。年間3勝だったみたいです。。



あとは、川崎の前節の粘り強さにビックリ!!
退場者出て、鹿島らしさの強さも出ていた内容の中追いつくのは興奮ものでしたね!!

前節もそうですが、
今年の6月の連戦は、
得点がよく入り、良いシュートや良い場面でのゴールが多く、興奮するぐらい面白かった印象です・・・なんかどうでもよい感想&長文でスイマセンww

Posted by 「24」 at 2011年07月02日 12:42
管理人様

お疲れ様です。
日本平には行かれたのでしょうか?
雰囲気はいかがでしたか?

こちらは録画でのテレビ観戦でしたが、正直もう少し清水が
流動的なサッカーをやってくるのでは、と思っていたので、
ちょっとがっかりでした。
仙台戦もちらっと見ていたのですが、同じ感じで、悪い言い方すると
「腰が引けている」ような気がしました。
その意味では完成度としては鹿島の方が上かな、と見ておりました。
(監督だけでなく選手もそう入れ替え気味なので当然なのでしょうが)

とは言っても引き分けは妥当。特にうちの13番が不調を引きずっている
のでしかたないです。このようなサッカー見させられるとどうしても
「攻撃陣にブラジル人がいないと」と嘆いてしまいます。
結構お膳立てはしていると思うのですが。
「今年は俺がエース」とか言うなら結果で示せって。

清水はやはり中盤ですかね。
小野選手は少し後ろ目でボール触ったほうが怖いなぁ、と感じて
見ておりましたがどうでしょうか?
あと、昨年の鹿島でキレキレだった大前選手、ちょっと太りました??
ユニフォームのせいですかね。あまりボールに絡んでいないので、こちらと
して安心しておりました(苦笑)。

まだ半分消化していない?ので、お互いこれから上向きになることを祈って。
Posted by gonta at 2011年07月05日 14:31
>「24」さん
ここで勝たないでいつ勝つという通りになりましたね。そのあと甲府が勝ったからサッカーって面白いなと思いますけど…。

これから連戦で疲れも出てくる頃だと思いますね。選手は大変です。

>gontaさん
レスが遅くなりました。あいにく最近はスタジアムへ行けない状況です。

仙台と鹿島は似ている部類のチームだと思いますし、仙台に対して我慢比べに勝った経緯から、今回も我慢比べを選んだのだと推測します。ボランチにCBタイプを並べたわけですから、少々動きのないサッカーになるのは想定内で。
ただ、あまりにもボールを奪えないものですから、怒られたようです。

少なくとも流動的にサッカーをやるということは今年あまりしていませんので、その辺りは去年から違うということをご理解いただけるとありがたいです。
小野についても、下がり目で触った方が良いという方はいらっしゃいますが、ゴトビ監督の方針でフィジカル的に無理をさせない前目でやっています。ただ、前後分離になることが多いのも事実ですので、そこは他の選手を登用するなどして解決を図るかもしれません。
大前は少しぽっちゃりしたかもしれませんね〜(笑)。

鹿島は興梠が全てだった気がしますね。何とか勝ち点1をいただきましたので、次に生かしたいと思います(笑)。
Posted by mokichi at 2011年07月09日 13:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/212892300

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。