2007年03月02日

2007戦力分析 <磐田編>

[予想基本布陣]
前田

成岡   太田

パラナ        菊地 .
ファブリシオ

上田            犬塚
(村井)  鈴木  田中     .

川口

・守備力:★★★☆☆
昨季はセットプレーを中心とした失点が多かったが、
高さのある金珍圭が抜けたのは痛い。
CBはベテランに頼ることになりそう。
3ボランチにする中盤が機能しなければ、守備崩壊の可能性もある。
ただ相手にあわせて戦うので、それなりに抑えるだろう。
・攻撃力:★★★★☆
結局昨年アジウソン体制になってから、得点数は増えたが、
理想形ではなく、カウンターからの得点が多かった。
加えて今年はここ一番で点を取っていた福西が抜けた。
太田や前田といった核となる選手に、さらに負担が増すことになるだろう。
福西の代わりとして指名された成岡の成長ももちろん重要。
・選手層:★★★☆☆
正直厚いとは言えないが、地力はあるのでこうなった。
特にCBの層の薄さは致命的だ。逆にSBは候補が多すぎるくらいいる。
FWも前田に何かあった場合、中山らに頼らざるを得ない状態で、
タイプ的にもほとんどがランタイプ。これでいいのかという疑問はある。
・監督の能力:★★★☆☆
昨季途中から就任したアジウソン監督も2年目に入る。
徹底して相手に合わせた戦い方をしており、
結局カウンターサッカーだったが、今年もそうなってしまうだろう。
クラブの目指す方向と同じではないが、
目先の勝敗を考える上では、手腕を発揮する。
・クラブのビジョン:★★☆☆☆
磐田という名門クラブにしては、今年の体制は疑問を感じる。
藤田、名波に加えて服部も福西もチームを去った。
結局監督の目指すサッカーとの相違があったということのようだ。
クラブ側はアクションサッカーを提唱しているが、
アジウソンはそれに賛同しながら、現実には相手に合わせている。
果たしてこれでいいのか。クラブもアジウソンにあいまいな要求をしているように見える。
また、ここまでの補強策もまだ意に介せない。
昨季同様、ある程度の勝ち点は取れるのかもしれないが、
そう甘くないことも実感するべきだと思う。

→総合力:15/25 評価:C
00:03更新 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリ:戦力分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。