2007年03月02日

2007戦力分析 <名古屋編>

[予想基本布陣]
ヨンセン  杉本 .
       (玉田)
. 金    山口

本田            中村

藤田
(吉村)
増川 スピラール 大森

楢崎

・守備力:★★★★☆
昨季は終盤戦に安定した守備を見せていたが、
1年通して安定感を保てるかがカギ。
メンバーもほとんど変わらないので、下がる要素はあまりないか。
・攻撃力:★★★★☆
ヨンセン加入以降は確実に攻撃力が高まった。
3トップ採用もあったが、今季は2トップで行く模様だ。
両サイドに入る2人が共にウイングバックタイプではないことは気になるが、
質の高いボールをゴール前へ上げるという点では最良か。
変わる点はほとんどないが、ヨンセンが開幕からいるのがある意味補強。
・選手層:★★★☆☆
全体的に層が厚いと言えるポジションはないが、満遍なくいる印象。
CBに米山を獲ったのは大きい。若手が非常に多いので、
彼らを伸ばすことで戦力アップを図りたい。
FWは巻の加入で違うタイプが揃ってきた。
・監督の能力:★★★☆☆
フェルフォーセン体制になって2年目。
組織を大事にする監督で、システムも割と柔軟に変える。
チームのベース作りが主だった昨季とは状況が違ってくるものの、
おそらく戦い方に変化はなさそうで、
見せ所はヨンセンに何かあった時の対応か。
・クラブのビジョン:★★★★☆
毎年なかなか中位から抜け出せないでいるチームではあるが、
昨季は序盤つまづきながら、フェルフォーセン監督を信頼し、
ヨンセンを補強することで不振を脱出することが出来た。
3年計画を立てた中で、我慢したのが実った形に。
大幅な戦力の入れ替えもなく、計画に沿って進んでいる印象。
久々に中位から上位へ行きそうな感じはある。

→総合力:18/25 評価:B
21:30更新 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリ:戦力分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。