2007年03月02日

2007戦力分析 <G大阪編>

[予想基本布陣]
アウベス  播戸 .
       (バレー)
二川          遠藤
             (家長)
橋本   明神
[遠藤]      .
安田理            加地 .
[橋本] 山口 シジクレイ    .

松代

・守備力:★★★★☆
昨季からの変化は、4バックが基本になることと、宮本が抜けたこと。
しかし宮本が抜けたことで、山口とシジクレイの2人がそのまま入れるのはむしろ良い。
橋本がSBにも挑戦しているようだが、安田理が出てきたことで、
ボランチで使うことが出来そう。昨季より失点は減るかもしれない。
・攻撃力:★★★★★
相変わらずマグノ アウベスと播戸は健在。ここにバレーが入ってきた。
馴染むのにはやや時間がかかるとは言われていただけに、
初めはサブからになりそうだが、フィットしてくれば脅威。
3トップにする可能性もある。また家長がFWに近いポジションとして使われそうで、
これに二川や遠藤が絡むので、破壊力はリーグ屈指。
・選手層:★★★★☆
このチームはユース上がりの選手が本当に多い。
若手がかなり突き上げているので、将来的な期待も大きい。
即戦力の補強は少なかったが、今の戦力に加えるには十分か。
唯一、左SBだけが不安だが、安田理がシーズン通してやれるかどうか。
・監督の能力:★★★★☆
西野監督がG大阪に来てからついに6年目に突入。
これだけ長いとマンネリ化が心配されるが、
毎シーズンやり方を変え、新たなチャレンジをすることで、
2年続けて最終節まで優勝を争うチームへと伸ばしてきた。
今年はさらに攻守のバランスを整えて、V奪回を目指す構え。
時折頑固すぎる一面を見せることはあるが、柔軟かつ的確な采配は見事。
・クラブのビジョン:★★★★☆
個人的な意見として、西野監督に6年も任せるのはどうかなという気はするが、
現時点で昨季より成績が低下しそうな気配はない。
特に今年はACLに出ないので、国内のタイトルに集中できるのが、
浦和や川崎との決定的な違いになる。
先ほども述べたように、ユース世代が本当に強いので、
将来的な心配もあまりなく、完全にビッグクラブになったと言っていいと思う。

→総合力:21/25 評価:A
22:02更新 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリ:戦力分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。