2007年03月02日

2007戦力分析 <神戸編>

[予想基本布陣]
近藤祐
(レアンドロ)
ボッティ       朴 .
[三浦]          .
大久保嘉

三浦   田中
(栗原)      .
坪内            北本
. 河本  トーメ

榎本
(荻)

・守備力:★★★☆☆
J2での守備力がJ1にそのまま直結するとは思わないが、
ケガで出遅れているトーメが戻ってベストなメンバーになれば、
守備ラインはそれほど弱くない。特に松田監督は組織的な守備を作るのには定評があり、
序盤は苦労しそうだが、中盤からよくなってくるのではないか。
・攻撃力:★★★☆☆
昨季はストライカーが不在だっただけに、レアンドロや大久保嘉の加入は大きい。
レアンドロはまだフィットしていないようだが、
キープ力やスピードなど、はまれば面白い存在。
大久保嘉が以前のトップ下に戻るので、中盤から飛び出す動きが期待できる。
あとは三浦のセットプレーという頼みの綱があるのは心強い。
・選手層:★★☆☆☆
選手の数自体はおそらくJで一番多いと思われるが、
まだ育成段階にある選手が多く、ざっと計算できる選手はまだ少ない。
特にコンバートが必要になっている右SBを中心に、
DFは若い選手が中心になるので、伸びしろがあるといえばそれまでだが、
J1復帰元年を戦う上では苦労するかもしれない。
・監督の能力:★★★☆☆
昨季途中からコーチとして神戸に復帰し、入れ替え戦から監督を務める松田監督。
福岡時代はJ1昇格を成し遂げたが、昨季はストライカー不足に悩まされ、解任された。
ただその時に比べ、フロントがしっかり補強をしているので、
同じ苦労はしないと思われる。システムは理想の4−4−2よりも、
4−3−3の継続路線を取っており、当てはめではないことも示している。
口癖となっている「ディシプリン」を植えつけられるか。
・クラブのビジョン:★★★☆☆
一昨年は相次ぐ監督解任劇など、不可解な策が多かったが、
J2に降格した昨年度は、バクスター前監督のアクシデントにもめげず、
内部でのやりくりで何とか昇格しきった。継続路線になっているのはOKか。
ただ終盤戦失速したこともあり、勢いだけではおそらく勝てない。
大久保嘉をはじめ補強は行ったが、戦力的にはまだきつそう。
資金力はあるので、シーズン中の補強も辞さない構えが必要に思う。

→総合力:14/25 評価:D
22:29更新 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリ:戦力分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35079961

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。