2007年03月02日

2007戦力分析 <大分編>

[予想基本布陣]
  高松  セルジーニョ
       (松橋章)
アウグスト

根本            高橋

  宮沢  マラニョン

上本  三木  深谷

西川
(下川)

・守備力:★★★☆☆
不動の3バックは相変わらず健在だが、
エジミウソン、トゥーリオの両ボランチが抜けた穴がどうなるか。
マラニョンも宮沢もチームには馴染んだようだが、
どちらかというと攻撃面での活躍が期待されそうな選手で、
序盤戦で多少バランスの修正をする必要は出てくるかもしれない。
・攻撃力:★★★☆☆
梅崎が抜けたトップ下にアウグスト、FWにはセルジーニョが入った。
特に昨季は外国人FWに泣かされただけに、セルジーニョには期待が集まるが、
まだ調子は上がってきていないらしい。アウグストは来日2年目だが、
昨年のポジションと違うので、序盤戦は我慢が必要か。
2人の活躍がカギを握ってくるはず。高松や松橋章らは計算できそうだ。
・選手層:★★☆☆☆
昨季より選手の数は増やしたが、主力の何人かが入れ替わったので、
あまり変化はないかもしれない。怪我人が少ないチームなので、
影響は少ないかもしれないが、才能のある選手が多い攻撃陣に比べて、
DFはまだ少ない。新戦力の台頭も待ち望まれる。
・監督の能力:★★★★☆
やはりシャムスカ監督の存在は相当大きいだろう。
昨季8位に入ったのも、監督が若手を抜擢して結果を出したからこそ。
攻めに行く時には2バック気味にして攻めるオプションも持っており、
完敗という試合はほとんどなくなった。
今年は就任当初からボランチを務めていた2人が退団し、
新たなチーム作りを迫られるが、仮に何かあっても、
他の布陣で解決してくるだろう。
・クラブのビジョン:★★★★☆
梅崎が海外へ行ったこと、代表選手が増えたことなど含め、
クラブとしてステップアップを果たしていることは間違いない。
シャムスカ監督との長期契約に成功したことで、
さらに長期的な視点でチームを強化できそうだ。
成績の目標はかなり慎重だが、序盤戦と終盤戦の成績を改善すれば、
ひょっとしたらひょっとするかもしれないという期待はある。

→総合力:16/25 評価:B
23:11更新 | コメント(2) | トラックバック(0) | カテゴリ:戦力分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こっちにコメントを書くのは初めてになりますね。
どこに書いていいのかわからないので最後のここに書くことにします。
まず、18チーム分析終了お疲れ様でした。
このページを見て、自分も自分なりにノートに分析してみました。(授業中にやってて先生に怒られながらw)
そして、この分析結果を見ると、近いところがいくつかあって少しうれしくなりましたね。自分と違っていたところを見ても、納得させられることが多く、よく調べてあるなぁという印象を受けました。
最後に、(勝手ですが)いろいろ調べていたり、この結果を見た中で今年の上位に入るようないいチームを挙げてみることにしました。

まず、去年の成績から言っても、オフの移籍を見ても浦和、G大阪、川崎あたりはやっぱり上位に入ってくるのではないでしょうか。そして選手のメンバーなどを見て、清水、F東京、鹿島などは今年はいい順位が狙えるような気がします。
こんなもんですかね。まだ始まる前なので、実際は何もわからないんですけどね^^;

では、長文失礼しましたー。またここにも掲示板にも顔を出したいと思ってます^^
Posted by えのれ at 2007年03月03日 00:09
えのれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

いやぁ、授業中にJの分析ですかww
でもやっぱり評価するのって難しいですよ。
今回は五つ星で評価していますが、
例えば星3つだったらどのチームも同じ力なのかと言えば、
そういうわけではないですし、
表現の仕方ってなかなかないものだなぁと思いました。

上位陣はおそらくそのチームを中心に、
もう何チームかが絡んで混戦になるでしょうね。
まぁ確かに私も、何も分かりませんがねw
Posted by mokichi at 2007年03月03日 00:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。