2010年11月14日

J1第30節・J2第34節[toto第480回]予想

 おはようございます。あと5節。本日は一斉開催。

清水vs湘南
 湘南は負ければ降格決定、勝っても他会場次第。捨て身で臨むことは確実で、調子の悪い清水もホームとはいえ苦戦する可能性が高い。どちらも守備力が高いとは言えず、打ち合いになるだろう。湘南は大宮戦もそうだったが、守るということが引くというイメージになって、ボールを奪えていない。小野が復帰してボール保持率が上がりそうな清水に対して下がってしまうとやられるので、前への意識を植え付けられるか。ただ怪我人が再び出てきて、厳しそう。ようやくメンバーの揃う清水がやや優位。清水 勝利
(※相手の状態を考えると、京都戦だ。ただ、あの時はこちらも主力に怪我人が続出し、采配ミスもあって追い付かれた。今回は主力が出そろう。勝ちロコをやるかどうかは別にして、もう勝たないといけないだろう。メンバーに刺激を加えることもないようだが、伸二に期待したい。)

浦和vs京都
 どちらも連敗中で流れが悪いが、京都は負ければ降格決定。川崎相手に3点取ったが、裏を突かれて失点という流れは今節も止められないのではないか。浦和も細貝が出られないなど台所事情は苦しいが、エジミウソンや柏木はいるし、山田暢も戻ってきた。ポンテもベンチに入る。戦力差で浦和が押し切る。カウンターの時に遅くならなければ。浦和 勝利

川崎vs鹿島
 鹿島にとっては鬼門。去年こそ1人少ない中追い付いてドローにしたが、ナビスコでの印象も強い。川崎は小宮山、田坂、黒津と不在だが、矢島は好調だし、憲剛が健在ならばそこそこの試合は出来る。伊藤の左SBは経験あるし大きな問題とは感じない。むしろ鹿島がどういう布陣でいくのか。現時点では遠藤が出てきそうだが、興梠の出場停止も痛い。それと流れとして、マリノスに勝ったあと最近苦手の新潟に負け、名古屋に勝ったあと今回。似てる。川崎 勝利
 引き分けが実質負けであることを考えると引き分けもある。

横浜FMvsFC東京
 もともとこの試合はあまり点が入らない。マリノスはCBが2人いなくて、FC東京も森重がいないが、戦い方が変わるわけでもないし、FC東京の調子も上がってきているので。どちらかというとマリノスのほうに不安がある。大黒と平山の2トップはタイプが対照的で、抑え切れないんじゃないかと。マリノスは結局俊輔だけど、米本が潰せるんじゃないかと。FC東京 勝利

名古屋vs大宮
 名古屋は鹿島に負けたが慌てることはない。ただ、闘莉王とケネディを同時に欠くという最も恐れた事態が起きた。玉田が3トップの中央に入る布陣も確立しているが、基準点がないので苦戦する可能性が高い。大宮がどういう布陣にするかは分からないが、カウンターで点が取れそうな気が。勝負強さを発揮するにしても、今回は戦力が足りない。大宮の勝ちもあるが、坪内不在が痛い。引き分け

仙台vs磐田
 仙台がテコ入れしてどうなるかに注目したい。太田が先発で出るというのもそうだし、ホームで連勝中なので期待が高いが、磐田はユアスタで負けたことがない。仙台は最悪引き分けでもと言っているし、磐田は困った時の前田があるので。引き分け

山形vsC大阪
 前回の対戦でもそうだったが、山形は個人技でどんどん仕掛けてくるチームは苦手にしている。川崎もそう。ただホームでは侮れない。セレッソは前節勝ち切ったが、結局小松の1点にとどまっているので、勝ち切れない可能性が高い。引き分け

新潟vs神戸
 新潟は神戸に対して相性がよく、ホームでは負けていない。マルシオも戻ってくるので安定した戦いも期待されるが、それ以上に神戸が復調して調子がいい。大久保を無理に先発で使わないことが出来るのも大きい。名古屋、鹿島といった上位陣を破っている分、下位チームとの対戦では気が緩むかもしれない。新潟の地で神戸勝利を予想。神戸 勝利

G大阪vs広島
 ガンバは状態があまりよくないが、武井を入れて守備から入る布陣で臨むとなれば、宇佐美のドリブルも生かせるかもしれない。ナビスコでは広島が万博で勝利したが、加地の退場が大きかったので参考外。ただ広島の調子はその時よりもよく、点が取れる。終盤に試合が動きそうだが…寿人がどうしても気になるのでガンバの勝利に出来ない。トリプル。引き分け

岐阜vs鳥栖
 ホームの岐阜は信用出来るのではないか。鳥栖はようやく前節勝ったが長く続くとは思えず。岐阜 勝利

熊本vs富山
 富山のシステムに熊本も対応策を練ってくるはず。苦戦はするかもしれないが、メンバーが揃うので。熊本 勝利

水戸vs札幌
 札幌の状態は上向きだが、水戸が悪いかというとそうでもない。守備から入るという話なので、札幌もそんなに点は取れない。木山マジックで勝利まで。水戸 勝利

栃木vs甲府
 栃木は前節の福岡に勝ったことで、昇格争いをかき回している。柏にも引き分けた。ただ今年の甲府はアウェイで強かったので、栃木が先に点を取ってもひっくり返しそう。逆転で甲府昇格か。甲府 勝利

東京Vvs千葉
 これは大一番。福岡がどうなるか分からないとはいえ、勝たないと望みが断たれると言っていい。特にヴェルディは久々に盛り上がる試合なので、気合が入るか空回りするか。通常は堅くなってしまうことが多いが、千葉がアウェイで非常に弱い。江尻監督のことがあるのでチームが結束する可能性もあるし、非常に難しい。前節の勝ち方を見ると、「持ってる」のはヴェルディな気がするので。福岡が持っててドローというのもある。千葉はきつい。東京V 勝利

徳島vs横浜FC
 横浜FCは強いが怪我人が多すぎるのでちょっと不安。メンバーの入れ替えで刺激を注入する徳島に賭けてみたい。徳島 勝利

北九州vs愛媛
 何となく北九州が反撃してきそうな気が。愛媛は堅守だが…引き分け

草津vs岡山
 草津はホームでそこそこ勝てている。岡山は初の3連勝を狙うが、そう甘い話はないか。草津 勝利

大分vs福岡
 福岡は前節を見てもプレッシャーが掛かり始めていて、バタバタしている。大分は失うものがないしホームゲーム。岡山に敗れはしたが今節はさらに守備的。福岡は苦戦必至。大分 勝利

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
10:54更新 | コメント(3) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

J1第29節・J2第33節[toto第479回]予想

 あと6節か…。

湘南vs横浜FM
 湘南は鹿島に引き分けて、きっかけにしたかったがダメで、前節の順延が過密日程を生む。いい流れとは言えない。諦めずにやっていけば、鹿島戦のような試合は出来ると思われるが、ここは実力差か。特にセットプレーでマリノスが優位に立てる。中澤も戻ってきたし、前節勝ってまた上を向ける状態、モチベーションは低くない。取りこぼしのあるチームではあるが、さすがに…横浜FM 勝利

C大阪vs清水
 セレッソはアドリアーノがいないとほとんど勝てておらず、清水も小野がいないとほとんど勝てない。キーマンを欠く中で、特に守備の意識が高い方が有利になるのではないか。前回の対戦は乾とアドリアーノを欠いたセレッソに対して清水が勝利したが、当時と状況が違う。キンチョウスタジアムで負けていないことを考えると、セレッソの負けは考えづらい。引き分けと迷うが…C大阪 勝利
(※今週は色んなことがあったので、逆に結束してきているという。だから、それが大きな力となって勝つことが出来れば、先も見えてくる。ただ、現状は頑張っても結果が出ないし、セレッソも最近勝てていないが、内容が悪いかというとそうでもない。伸二がいれば…と思うが、仕方がない。ボールの預けどころが多い、少ないでセレッソが優位だろう。まず先制点を奪って流れを掴みたい。それからベンチに控える元紀、一樹、永井といったアタッカー陣をどんどん投入すること。フローデも疲労がどれだけ抜けているか分からないし。
 守るのか、攻めるのか意思統一をはっきりと。何をやりたいのかが見えるプレーを。そして気持ちを前面に。)

神戸vs仙台
 前回対戦で神戸がアウェイで勝利しているが、どちらもその時と状態が違う。起死回生の勝利だった神戸は勢いがないはずがないが、仙台は勝ち点計算がうまい大人のチームになり始めており、富田が欠場するものの大きな痛手とは言えない。むしろ関口のほうが気になる。アウェイということもあるし、勝ち点差が詰まらなければいいので、引き分けを見据えてくる。神戸がそれを打ち破れるかだが…ボッティの出場停止もあるし、厳しいと見たい反面、吉田は安定感があるし、小川は何か持ってるのでそこに賭けたい。神戸 勝利

FC東京vsG大阪
 FC東京には米本が必要だということを改めて印象付ける前節だったので、梶山が不在とはいえ米本がいるならばそこそこの試合が出来そうな印象を受ける。味スタでのガンバ戦は好相性で、今季1つしか勝っていない場所でも何かありそう。ガンバは前節の敗戦はショッキングだったため、どこまで立て直すか未知数。FC東京 勝利

磐田vs新潟
 磐田は優勝した後でどうしても気が抜けがち。誰かフレッシュな力が欲しい。新潟はマルシオもヨンチョルもいないということで苦戦必至。打ち合いになるかもしれない。前田の好調さを考えると磐田が有利かもしれないが、優勝した後も立て続けに勝てるチームかというと…去年のFC東京もそうだった。引き分け

大宮vs山形
 大宮は順延の影響で調整期間も取れて、万全で山形を迎えると思うが、山形も浦和にアウェイで勝ってらしさを取り戻してきた。相性的にも山形のほうがいいので、下にいる大宮は苦戦しそう。山形の勝ちも考えたいが、アウェイ2連勝の現実性とか考えると、無理に勝つ必要はないので、スコアレスドローではないか。大宮は点を取りにいかないといけないが…。引き分け

京都vs川崎
 去年は西京極で川崎が痛い敗戦を喫したが、それを除けばもともと大量点を取るなど相性のいい場所。主力も戻ってきて臨戦態勢。柳沢がいない京都は、宮吉らに期待をかけざるを得ないが、取れて1点。完封は難しいとなれば持ちこたえられない。川崎 勝利

広島vs浦和
 気持ちの切り替えが出来ているかどうかだが、最近は浦和に対して勝てるようになってきたし、点は取れているので広島が有利か。浦和は再び点が取れなくなってきており、怪我人も増えて不安が多い。広島 勝利

鹿島vs名古屋
 実質優勝争いはもう終わっていると思っているが、鹿島とすれば最後望みをつなぎたい一戦。名古屋からすれば、引き分けでも実質勝利であり、出場は五分五分という闘莉王が無理に出る必要はないと考えるが、鹿島に2敗して優勝というのが嫌なのかもしれない。このカード最近はアウェイチームの勝利が多い。カシマスタジアムでの相性の悪さも2年前で終了し、名古屋は盤石と言っていい。鹿島はとにかく攻めるしかないが、楢崎の牙城の前に、勝ち切れない。引き分け

福岡vs栃木
 栃木にはこれまで全勝。徳島にもそうだったように、プレッシャーは掛かり始めているが、それでも勝ち切ってしまう勢いと、それを後押しする周囲の雰囲気がある。ただ、松田監督率いる栃木ということでやりにくい。栃木が前節ふがいない試合をしたあとなので、引き締めてくることは確実。引き分け

愛媛vs草津
 草津は勝てば愛媛より上に出られる重要な一戦だが、愛媛の守備は堅い。成績も拮抗しているし、どちらも勝ち切れないのではないか。引き分け

vs岐阜
 柏は引き分け以上で昇格決定。栗澤が戻ってきたのが大きい。サイドプレーヤーに怪我人が多いが、雰囲気で乗り越えられる。岐阜はアウェイでまだまだなので、すんなり決まるだろう。柏 勝利
 柏とは今後も選手の移籍で色んな関係を持ちそう。

富山vs東京V
 富山は前節勝ったとはいえ、まだこれからで、北九州にもギリギリだったことを踏まえればヴェルディが有利。最近点が取れていないが、何か工夫してきそう。東京V 勝利

岡山vs大分
 岡山はスピード系の2トップにしてよくなってきたが、それ以上に大分のマンマーク戦術がハマって絶好調。岡山は点を取れない。大分は東とキムがいないので、スコアレスはあり得るが。大分 勝利

甲府vs北九州
 さすがに今回はホームでも勝つだろう。2人出場停止もあるけど、逆に新しい力が奮起しそう。養父はここでやらないと。千葉に勝った勢いを生かしたい一戦。前回、北九州にドローで終わったのは気になるけど…。甲府 勝利

札幌vs千葉
 清水と同じように、札幌も早めの発表でベテラン勢の退団が報道されてきた。やっているサッカーはよくなっているが、前節は点を取れず。ただ、千葉には相性もそれほど悪くないし、ホームでいい試合をしそう。攻撃的なメンバーにもなる。千葉はアウェイが苦手とか言っていられない状況だが、勝つなら耐えしのいで1-0じゃないか。いずれにしても苦戦必至。引き分け

横浜FCvs水戸
 絶好調・横浜FCの勢いは今のところ止められそうにない。水戸も木山監督の退任が決まって結束しているとは思うが…。横浜FC 勝利

鳥栖vs徳島
 どちらも停滞しているチーム同士。ただ、そろそろ鳥栖がやりそうな気が。オフィシャルにああいう形でメッセージも出たことだし。徳島の守備は改善されていない。鳥栖 勝利

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
10:30更新 | コメント(6) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

J1第28節・J2第32節[toto第478回]予想

 今節は台風の影響が大いに考えられます。どうなるのか予断を許さないのですが、最も影響がありそうなのは平塚、次いで埼スタ、等々力じゃないかと。豊田とアウスタはギリギリですね。ただ交通の問題があるので、踏み切れるかどうか怪しい。でも予想はしておきたいと思います。

清水vsFC東京
 今季3戦3分けで、清水からすれば相性が悪い相手。監督も代わったので今回こそ…というところだが、平岡がいなくてCBに廣井というのは不安材料。リーグ戦では彼が先発した試合でいずれも2失点し敗れている。彼の責任だけではないが影響はある。伸二も分からないので、1つ勝ったからよしという状態ではない。東京も2人出場停止がいるが、米本が帰ってきてむしろプラス。ただ東京は前々節もそうだし、前節も危なかったように終盤の戦い方が慣れていないので、またも決着つかずか。引き分け
(※この試合、もし勝てれば廣井もそうだしチームも自信になる。ただ伸二までダメとなるとかなり厳しい。オカがベンチに入るからといって無理はさせられないし。久々の連勝といきたいが、話はややこしくなる。FC東京の中盤は去年の主力に戻った。このメンバーなら勝てるというのがどこかにあるんじゃないかと。いくら米本が復帰初戦とはいえ、彼は図太い。ミドルも持っている。それに大熊サッカーはガツガツしているので、つなごうとするとやられてハマってしまう。最近、先制点は取れているが、山形戦は入り方が悪かった。ぬるいことをすれば負ける。
 もう負けるだけ負けたはず。上がっていくしかない。)

仙台vs京都
 こういう試合は大体堅くなるが、仙台は勝ち点計算が良くできている。この試合は勝たなければならない。京都の内容はいいので、仙台は押されると思うが、耐える力は持っている。というか京都はどんなに頑張っても1点しか取れていない。仙台は伝家の宝刀・梁のセットプレーがある。最近、采配もさえてるので1でいく。仙台 勝利

名古屋vsC大阪
 ナビスコを除くと、闘莉王が唯一出られなかった試合で名古屋は負けている。埼スタの浦和戦だったが逆転負けだった。さらに金崎も出られないということで、迫力に欠ける部分はある。小川の状態はいいので前線はそれほどプレッシャーはないだろうが、ただでさえ優勝争いの一番手にいる中で、増川と千代反田で重圧に耐え切れるかどうか不安がある。セレッソはアマラウと羽田のボランチの時は勝率がいい。唯一負けた相手が名古屋だが、89分間は優勢だった。勝負してもいいところだが…引き分け

浦和vs山形
 今季山形の1勝1分けで、特にナビスコで田代が2発。浦和はクロス対応に問題を抱えていた。スピラノビッチがいない今回もまた同じことになるが、田代は先発でなくベンチ。長谷川でも似てはいるが微妙に違うので、やりやすいかも。それと山形は増田がいないため、守備的な中盤で耐えにいくみたいだが、浦和が余計に押し込みやすい。磐田には逆転されたが、今回は力で持っていける。浦和 勝利

川崎vs磐田
 ナビスコ準決勝リターンズ。場所どころか時間も同じという。川崎は布陣がかなり変わりそうで、未知数な部分が多いが、期待感もある。磐田の状態が引き続きいいのだが、逆にいえばナビスコの時からは変わっていないということにもなる。リーグ戦ではホームでの対磐田への相性も克服しつつあったので、等々力に賭ける。川崎 勝利

G大阪vs神戸
 前節のガンバは前半寝ていたが、いつでも覚醒させて点を取れるというのを見せたし、盤石になりつつある。神戸とは結構打ち合いになるし、今季神戸ホームでも3-0から1点返されてトドメは刺せなかった。でも点は取れているので計算が出来る。神戸は大久保に賭けるしかないが、守備力で劣る。耐えられない。G大阪 勝利

湘南vs大宮
 鹿島に引き分けて、奇跡への扉を少し視界に捉えたが、広島に完敗。練習試合は覇気がなかったらしく、いよいよ追い込まれた。最近よかったハンも出られないし。大宮は逆境を力に変えて前節はドロー。勢いで勝ち切るチャンス。監督もそうだし、このチームは残り方を知ってるので冷静。大宮 勝利

横浜FMvs広島
 マリノスのシステム変更は正直今さら感があってよく分からない。中澤が戻るわけでもないので、あまり変化は感じられない。それと広島の調子乗り世代はナビスコ決勝という大きなターゲットを前にウキウキしているので、伸び伸びとサッカーするだろう。リーグ戦での相性も悪くないし。現に2年前の清水は決勝前3連勝だった。いや、決勝の結果まではリンクしないと思うよ。広島 勝利

新潟vs鹿島
 新潟は名古屋に続いて上位を迎え撃つことになるが、一度ジャイアントキリングをやった後なので、同じことが出来るかどうか…鹿島は前節できっかけを掴んだ。本山を外す可能性があるのはもったいないし、新潟に相性が最近よくないので、厳しい試合にはなるだろうが、今季埼スタや広島でそうだったように、際どいところで勝ち点を取る。引き分け

岐阜vs横浜FC
 ホームで強い岐阜、勢いのある横浜FC。難しい一戦。ホベルトのCBというのは不安要素になるものの、点が取れるのでそれでカバーできる。岐阜の粘りは怖いところだが…横浜FC 勝利

北九州vs富山
 どちらもきっかけが欲しいが、それが見えない。ただ気持ちを出せているのは富山のほう。富山 勝利

札幌vs草津
 札幌は純平のトップ下がハマり出して復調気配。草津は前節は置いといてそこまで悪くないけど…札幌 勝利

水戸vs
 水戸は動員かけて1万人集めようとしてる。必死になっているが、キャプテン大和田がいないのを含めて厳しい要素がある。千葉に勝ったことは事実だが、レベルが違う。レアンドロ ドミンゲスが帰ってくる柏はそろそろ。柏 勝利

栃木vs岡山
 栃木は2週間空いたが、多少緩んでも地力の差がある。岡山はゲーム運びに難。栃木 勝利

熊本vs鳥栖
 鳥栖がモチベーションの低下からか最後に踏ん張り切れていない。熊本も欠場者がいるが、カレンとファビオの2トップに期待。引き分けはあると思うが。熊本 勝利

千葉vs甲府
 ビッグゲーム。ホームで何としてでも勝ちたい千葉だが、甲府への相性は悪くない。青木孝は甲府キラー。ネット不在もカバー出来る可能性がある。甲府はダニエル復帰が大きい。芯が通った。 甲府からすれば、1を確保すれば悪くはない。千葉は3しか要らない。そういう状況の時、大体千葉が攻勢をかけて優位に試合を進めると思うが、甲府の前線は決定力のある選手が揃っているし、流れを変えられる。柏にも追い付いたように、土壇場で発揮する力を考慮したい。甲府の勝ちもあるし、千葉の意地で逃げ切りもあるが…引き分け

東京Vvs大分
 大分がマンマーク戦術が奏功して2連勝と好調。上が見えてきたヴェルディも苦戦する可能性が高い。引き分け

徳島vs福岡
 福岡にとって徳島は厄介な相手になると思うが、徳島は本当に集中していい試合をする時が長く続かない。前節の敗戦で攻撃陣は状態が上がっていないし。福岡は中島の穴も李で埋められていたし、アウェイだが勝ちにしたい。福岡 勝利

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
03:15更新 | コメント(3) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

J1第27節・J2第31節[toto第477回]予想

 大寝坊しました。12時に起床。気合いが入ってない証拠ですね…情けない。だからこんな時間になってしまいました。今回はmini toto B組だけ購入です。他は難しい。

磐田vs浦和
 好調同士なので、面白い試合になると思う。浦和は後半になった時、交代カードが不足していて不安。浦和がやや優勢に進めると思うので、逃げ切って浦和か追い付かれるか。引き分け

山形vs清水
 山形は佐藤健がいないのがかなりマイナスだが、2トップで圧力をかける作戦は間違っていないし、清水の2シャドーに2ボランチというのもいつも通り。清水とすれば本田や藤本の復帰で今度こそ勝ちたいが、前節がそうだったように勝ち方を忘れているので非常に不安。引き分け トリプルも視野。
(※どうやって得点を取るのかという部分では、セットプレーでそろそろ欲しい。山形は勝ったり負けたりが続くが、堅いイメージは変わらない。ツインタワーが機能し始めている現状、押し込まれた時に誰が前線をフォローするのかとか、課題が多いが、やるしかない状況に変わりはなく、あとは適材適所を実践すること。)

FC東京vs新潟
 梶山が帰ってきた東京と、ヨンチョルが帰ってきてさらにパワーアップしそうな新潟。三門がボランチに入るので、かなり攻撃的にやる印象。東京は落ち着きのないサッカーになるので、新潟がそれに付き合わなければ、攻撃陣の力を考えると優位。付き合ってしまうとイケイケに負けるかもしれないが、リシャルデスとミシェウの2人が脅威であることは前節でまた証明されてる。新潟 勝利

C大阪vs仙台
 特にメンバー変更もなく戦うセレッソはホームで強いが、仙台もこのところ着実に勝ち点を積み重ねており、今回は点を奪いにいく姿勢も見せている。拮抗。引き分け

神戸vs名古屋
 神戸はどういう布陣で臨むのか定かではないが、名古屋が1つ負けてさぁここからというところで、残留がかかってるチームというのは結構嫌なもの。中村直志がいないのも大きい。小川が活躍するという前提で考えれば、神戸が勝つ可能性も秘めていると考える。ただ、大久保がいれば…というところ。名古屋 勝利 マークするなら1と0。引き分けは考えづらい。

京都vsG大阪
 前節の京都は悪くなかったが、その内容で清水に助けられての勝ち点1。そうすると相手がガンバだと点は取れても失点を抑え切れるかは未知数。大宮に大勝してさらに自信を増しているガンバは、山口が久々なのは気になるものの、攻撃力で圧倒すればよい。打ち合いはあるかもしれないが。G大阪 勝利

広島vs湘南
 前節の湘南が良かっただけに、広島は優位だと思うがやりづらい。どれだけ辛抱できるか。おそらくいい内容は期待できないが、その中で寿人の力も借りて勝ち切るか。広島 勝利

鹿島vs横浜FM
 本山を入れた1トップが機能するかどうか。これに尽きる。機能すればマルキ不在時のオプションが完成するが、マリノスも堅いので容易でない。マリノスの攻撃陣も一時期ほど調子は良くないので、堅いゲーム。引き分け

大宮vs川崎
 色んなことがあった時の大宮は結束が増して強い。深谷と坪内のCBは安定感があるので、大崩れはない。それに加えてジュニーニョの不在。矢島が出ると思われるが、ただでさえNACK5が苦手な場所なだけに、痛い。大宮に風が吹いている。大宮 勝利

岡山vs岐阜
 アウェイでなかなか勝てない岐阜だが、そろそろ勝ち切りたいところ。編成も攻撃的にシフトしていて、離脱者の多い岡山に勝つチャンスは十分。岐阜 勝利

大分vs徳島
 どちらも前節勝って上り調子。ただ大分はホーム2連戦で柏を破った後。気が緩みやすい。徳島 勝利

vs熊本
 栗澤とレアンドロ ドミンゲスがいないことに加え、熊本の奇襲もあり得るだけに柏は厳しい試合になるかもしれない。大津の復帰は好材料だが、勝ち切れないと予想。引き分け

横浜FCvs千葉
 故障者続出の横浜FCだが、天皇杯にしろ、鳥栖戦にしろ、戦う集団へ変貌を遂げた。千葉が内容的にまだまだでも勝ち切るようにはなったが、今回はアウェイ。柏にも土壇場で追い付く力がある横浜FCのことを考えると、勝ち切るんじゃないか。横浜FC 勝利

富山vs札幌
 フレッシュな顔ぶれ濃厚の富山に期待したい。純平がサイドに戻らざるを得ない札幌は苦しい。富山 勝利

鳥栖vs東京V
 難しい。3点リードしても勝ち切れなかった鳥栖に対し、ヴェルディもアウェイではそこまで強いとも言えず、怪我人もいる模様。引き分け

甲府vs愛媛
 だいぶホームでの勝利が遠ざかっているが、そろそろ。愛媛の守備は堅いが…甲府 勝利

草津vs水戸
 北関東ダービーは、状態でいうとあまり変わらないと思うが、水戸の方が堅守速攻という印象でだいぶ板についてきたから。草津はホームだから勝ちたいだろうが、奪われ方が悪そう。水戸 勝利

福岡vs北九州
 引き分けはあり得る。たださすがにそれを本線にするのは難しい。福岡 勝利

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
13:22更新 | コメント(5) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

J1第26節・J2第30節[toto第476回]予想

 いつも遅くてすいません。今回も簡単に。

湘南vs鹿島
 湘南は開き直って少しは頑張りそう。鹿島もDF揃ってないし。ただ結果は揺るぎない。順当。鹿島 勝利

仙台vsFC東京
 大一番。今年は仙台の1勝1分け。東京は前節勝ったと言っても湘南が相手だったのでまだまだ。仙台は渡辺が出られなくて、エリゼウの現況が良く分からないが、攻撃陣は悪くない。ドローが本線だが、どっちにも転びうる。石川が復調している東京に対し、仙台は赤嶺がいる。赤嶺が点を取って仙台が勝つようなら東京は一気に苦しくなるが。引き分け

浦和vsC大阪
 最近の状態を見ると、浦和が上。また埼スタで試合が出来るというアドバンテージもあるし、苦しんだ分最近は勝つことに貪欲。柏木が絶好調だし、試合も支配できるんじゃないかと。セレッソはカウンターに徹することになるが、一時期ほどの破壊力がない。浦和 勝利

広島vs磐田
 どちらも天皇杯で消耗しているし、あまりいい試合にならないかも。国立ですぐ当たるので、手の内を見せたくないのもある。ジウシーニョがいないことを考えると広島のほうがやや優位だが、代表から戻った前田のモチベーションが高いし、成岡とも相性は悪くないので。引き分け

川崎vs山形
 等々力の神話は崩れつつあるが、それでも等々力であれば川崎のほうが優位。今回はようやく布陣にメスが入り、楠神が先発起用される。彼が入ることは大きい。山形は色んなオプションがあり、相手が過密日程なので勝ちにいくチャンスだと思うが、そう簡単にいかない。川崎 勝利

G大阪vs大宮
 ガンバはルーカスがいないのが痛いが、平井・宇佐美の2トップに期待するまで。大宮がどうかだが、坪内の不在が痛い。攻撃陣は変わらないので、一発持ってる選手が多いから面白いが、守備に不安がある。打ち合いになったらガンバだ。G大阪 勝利

清水vs京都
 相性も悪くないし、清水の状態以上に京都の状態が悪すぎる。本田、藤本、岡崎と主力を欠く状況だが、それでも今回は1でいく。清水 勝利
(※メンバーが流動的なので、細かくは触れない。広島とのナビスコが終わって、一段落した感がある。ここからは少し戦いやすくなると思う。)

横浜FMvs神戸
 今のチーム状態で俊輔を欠くのは痛いだろう。今季は神戸と2度対戦していずれも厳しい試合のドロー。今回はホームだからまだしも、点を取れていない現状では苦戦必至。大久保先発復帰の神戸が勝つチャンスもありそうだが。引き分け
 マリノスが勝つなら狩野が貪欲にゴールに絡むしかない。

新潟vs名古屋
 名古屋がビッグスワンを鬼門にしているのもあるが、タイミングとしてそろそろ面白いことが起こりそう。新潟はヨンチョルがいないのはかなり大きいが、ミシェウやマルシオが戻ってくるので攻撃の組み立てが出来るのは大きい。名古屋は雰囲気に押されて少しバタバタしそう。新潟 勝利

札幌vs甲府
 天皇杯を捨ててまでこの試合を選んだからには、甲府は勝たなければならない。甲府 勝利

東京Vvs岡山
 土屋の不在が気になるが、富澤復帰でカバーか。高木兄弟に期待。東京V 勝利

栃木vs北九州
 念のためドローも抑えたいが、ガンバにあれだけ出来るんだから力はやっぱりある。栃木 勝利

福岡vs草津
 前回草津に負けたので、借りを返せるかどうか。調子を落としているので、1点取ろうが取るまいが勝ち切れないのではないか。草津の状態を考えれば連敗もあり得る。引き分け

大分vs
 大分は首位を食ってやろうというようないい雰囲気ではない。練習でも悪いらしいし。近藤がいないとはいえ柏が盤石。柏 勝利

千葉vs水戸
 コンディション的に千葉が優位なのは大きな要素。水戸はどういうサッカーを選択するか微妙なところだが、調子が上がってきた千葉でいいだろう。千葉 勝利

愛媛vs岐阜
 どちらも最近は調子がいい。ただ岐阜は極端にホーム寄りの成績で、しかも押谷がいないのは痛い。アライールがいなくても愛媛が優位。愛媛 勝利

鳥栖vs横浜FC
 因縁の対決第2ラウンド。前回のことがあるので、今回は松本監督にかなりネジを巻かれているはず。横浜FCが120分戦って消耗しているし、それでも全力で挑むスタンスなのであまり入れ替えないだろう。場所がベアスタではないので鳥栖も不安要素はあるが…鳥栖 勝利

徳島vs熊本
 徳島はホームでの熊本戦に全勝。連敗中で雰囲気もよくないが、天皇杯で少し戻ってきて、そろそろ結果が欲しい。熊本は連勝があまりないイメージ。福岡に勝った後が大事だが…。引き分け
タグ:toto 予想
10:42更新 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

J1第25節・J2第29節[toto第474回]予想

 最近予想に対するモチベーションがまた落ちてるので(清水のこととは関係なく)、しばらくは簡略化したいと思います。もうすぐカシマへ出発です。

大宮vs浦和
 ダービーでもあるし、どちらも状態は悪くないので拮抗。浦和に故障者は多いが先発はある程度やれる。1-1が本線。引き分け

京都vs広島
 広島は中2日なのでコンディションは不利だが、今年割とうまく逃れてきた。京都はホーム2連戦で奮起しそうだからドローと迷うが。広島 勝利

神戸vs川崎
 状態が上がってきた神戸に対し、川崎は中2日。ナビスコに全力でいった分反動もある。神戸ホームでは神戸が最近結果を出せているし、悪くないのでホームで勝負。神戸 勝利

名古屋vs仙台
 仙台の状態はいいので、名古屋は苦戦すると思うが、飛び道具があるチームは強い。ドローも視野に入れておきたいが。名古屋 勝利

C大阪vs新潟
 家長とアドリアーノがいないセレッソ、ブラジル人が揃って出られない新潟。どちらも守備から入らざるを得ないが、逆に打ち合いになる可能性も。いずれにせよどちらも勝ち切れない。引き分け

鹿島vs清水
 マルキが出ないと勝てていない上、3トップを苦手とする鹿島だが、コンディションで優位。清水は失点が多くて厳しいと客観的には言わざるを得ない。鹿島 勝利
(※今日は特に言うことはありません。私はカシマスタジアムで声援を送るのみ。もうやるしかない。)

山形vsG大阪
 ガンバは宇佐美がいない時の勝率があまりよくなく、西野監督も厳しい試合になることを認めている。だが今はチーム全体の調子がいいので埋められると判断したい。山形は前節に続いてホーム、それもガンバ相手で気持ちは入ってるはずだが、駒不足。G大阪 勝利

磐田vs横浜FM
 磐田はいくつか入れ替わりがありそうだが、上田が外れてどうなるかは見もの。マリノスは練習でもあまりよくないというので、どう出るか読みづらい。最近はいつも拮抗した試合になる。引き分け

FC東京vs湘南
 東京はここで勝てなければ本当に落ちてしまうが、湘南が前節粘って勝ち点1を積み上げているので、拮抗した試合も考えられる。ドローは視野に入れておきたいが、さすがに奮起しないとまずいでしょ。FC東京 勝利

北九州vs大分
 北九州は大敗した後なので引き締めてくる。大分も甘さがあるのでドローは視野も、3-4-2-1採用で息を吹き返すか。大分 勝利

vs栃木
 栃木は欠場者が多く苦しい。柏の優位動かず。柏 勝利

水戸vs愛媛
 愛媛のほうが好調だが、水戸も負けなしで来ている。拮抗。引き分け

富山vs千葉
 安間カターレには注目したいが、まだ日が浅い。何かをやるのはこの後だろう。アウェイで弱いとはいえ、今回は千葉が有利。千葉 勝利

岡山vs鳥栖
 試行錯誤の続く岡山に対し、鳥栖はようやく粘りが出てきたか。鳥栖 勝利

草津vs東京V
 草津は故障者が多すぎる。高木兄弟が絶好調のヴェルディに勢い。東京V 勝利

甲府vs横浜FC
 甲府は一時期の不安定さを乗り越えて立ち直ってきた。横浜FCは大一番で勝ち切れていない。甲府 勝利

熊本vs福岡
 福岡のほうが力は上だろうが、熊本は前回大敗したこともあるし、連敗中でかなり引き締めてくる。福岡はやりづらい。熊本 勝利

岐阜vs徳島
 岐阜はホームで強いし最近は落ち着いている。徳島は守備に不安。岐阜 勝利

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
10:40更新 | コメント(3) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

J1第24節・J2第28節[toto第472回]予想

 お待たせです。J1とJ2が分かれているので、J2は今日の夜にでも追加しておきます。

清水vs名古屋
 ピクシーが監督に就任して以来、清水は名古屋に勝てていない。前回対戦は3-3のドロー。
 調子の上がらない清水と、小休止したもののベストメンバーの名古屋という構図。名古屋は予想される11人が並ぶと勝てているのが大きな要素となるが、優勝争いでもう負けられない清水としても、ホームということで主導権は簡単に渡さないとみられ、五分五分の展開だろう。
 前回に続いてまた点の取り合いになるかもしれない。システムも攻撃的なので。清水はセットプレーでの失点がリーグワーストタイで、名古屋がセットプレーでリーグトップの得点を決めているので、平岡がSBに入ったとしても名古屋は点を取り得るが、意地で清水が上回ると判断したい。清水 勝利
 今日はこれでいかせてほしい。

FC東京vs大宮
 大熊新体制になってどう変化するか見ものだが、城福監督時代は大宮に6戦全勝のデータが出ている。今季も2度対戦し、1つは大宮が2人退場者を出したので参考にできるか微妙だが、連勝した。
 大熊氏は代表のコーチを経験して幅は広がったのかもしれないが、基本的な戦い方は昔と変わらず、リアクションの要素が強くなるだろう。奪ってから速く攻めるシンプルな戦いが見られそう。故障者が多く、梶山を欠くとリズムが出ないことも想定されるが、我慢強く戦えるかどうかだろう。大宮は東京に引かれてしまうと点を取るのが難しくなるし、バランスの取れる金澤が不在というのがどう出るか。苦戦は必至とみる。
 新体制でテンションは高いと思うが、ハマるかどうかはまだ未知数としか言えない。東京の勝ちと迷うが、どちらも監督交代してるので相性は変わるかもしれないし。そもそも城福体制前は大宮が味スタで2勝できている。引き分け

神戸vsC大阪
 香川の国内ラストゲームとなった試合以来の対戦。
 神戸は前節できっかけを掴んだと言えるので、今回は大事な試合。幸いメンバーもある程度揃った。9月勝ちがないセレッソはアドリアーノが不在となるが、中断明けアドリアーノがいなかった2試合はいずれも勝てていない。攻撃的なセレッソのほうが主導権は握るだろうが、神戸がまとまってきているので、セレッソ優位とは言えない。広島戦のように我慢しながらスキを突いてポポという展開に持ち込めれば、十分チャンスはあると思う。お祭り男の播戸が古巣にきつい一発って展開もありそうな気はするが…今回は神戸でいってみたい。神戸 勝利

広島vs鹿島
 去年は広島がホームで鹿島を破った実績があるし、今年もアウェイでスコアレスドローに持ち込むなど健闘している。
 寿人に続いて山崎も故障で欠いたが、李が決めて何とかドローにした前節。今度はストヤノフを欠くことになるが、いないなりに戦うことはできる。だが攻撃面は正直きつい。森崎浩も先発出来るか分からない状態で、満身創痍だ。鹿島はホームで連勝し、通常の鹿島を取り戻しつつある。小笠原も強行先発でベストメンバー。この状況で広島が何か起こすとしても勝ち点1が精いっぱいだろう。鹿島 勝利

山形vs湘南
 開幕戦とナビスコ、2度対戦して山形の1勝1分け。
 山形はこれで3連敗だが、怪我人も増えてきて台所事情は苦しい。ただナビスコで湘南に合わせて4-2-3-1で戦い勝った経験もあるので、システムやメンバーの問題はそこまで大きい話じゃない。秋葉がいないのは痛いけれど…。湘南は怪我人が減らず、防波堤の田村もまた離脱ということなので、策が尽きている印象。川崎戦はプレスがかからずにやられたが、待ち構えてもクロス対応に難があり、クロスからの得点を得意としている山形の餌食になる可能性がある。大量失点のあとなので、さすがに気を引き締めてくるだろうが、山形が焦れなければ順当。山形 勝利

浦和vs新潟
 浦和ホームの新潟戦は、浦和の11戦全勝。新潟は07年の2巡目以降、浦和から点を取ってすらいない。
 前節に続いてホームの浦和だが、勝ち切れないホームで今度こそ勝ち切る絶好のチャンスと言える。内容的にも上向いてきているし、引き分けこそ多いが5試合負けていない。高橋や宇賀神が抜けているのは痛いが、田中達也は先発出来る。平川も戻ってくる。そしてそれ以上に、新潟はリシャルデス不在時に勝てないが、頼みの綱だったミシェウまでも怪我で失う状況。ヨンチョルや加藤が頑張り、当たって砕けろがいい方向に出る可能性も否定はしないが、大島がチーム戦術にあっていない状況は変わらず、耐えて守るしかない。本来はその戦い方でも勝てるチームだが、今回は難しいだろう。相性も考えれば、そろそろ浦和がホームで勝利か。浦和 勝利

京都vs磐田
 今年は磐田ホームで京都が逆転勝利を果たしているが、昨年は磐田の2勝。
 京都は守田の活躍もあって悪い流れを脱しつつあるが、勝ち点3だけが求められる状況は変わらない。守備陣の入れ替わりはそこまで影響ないと思っているが、どう点を取るかがまだ曖昧な部分がある。磐田は好調で、古賀が入った最終ラインも安定してきているが、アウェイになると途端に状態が悪くなる。なので引き分けは考慮したいが、今回は最下位の京都が相手ということで、前田が最近の通り活躍すれば3連勝は射程圏内。磐田 勝利

川崎vsG大阪
 今年の万博では4-4と激しい打ち合いになったカード。
 湘南戦で連敗を止めた川崎は、相性のいいホームゲーム。マリノスに敗れはしたものの、今回はコンディションも良好だろう。ただ中村憲剛が発熱で先発できそうにないというのは気になる。ナビスコでは途中出場で結果を残したが、マリノス戦は途中出場した時点で2点ビハインドだった。ガンバは大阪ダービーにも勝利して絶好調なので、面白い試合になる。
 それでも等々力の力は偉大と考えたい。ガンバの失点は減ってきているが、セレッソにも1人多い状態で追いつかれたり、川崎も同じようなタイプなので火がつくと止まらない。川崎のほうが守備的に戦うことを示唆しているので、ガンバはポゼッション出来そうだが逆にカウンターが怖い。川崎 勝利

横浜FMvs仙台
 前回は松田のゴールでマリノスがアウェイで勝利。
 名古屋には勝ち切れなかったが、マリノスは引き続き好調。だが好調のきっかけを作った松田が出場停止なのは結構痛い。最近負けた山形戦は松田を先発から外した試合だった。小椋がCBに下がって狩野がボランチということだが、攻撃面では面白そうな反面、守備での不安も残る。ナビスコではこのCBで戦えているが…。仙台は現実的なスタイルに戻って安定感が出てきた。赤嶺と中原の2トップは面白い。我慢すればチャンスは来るだろう。
 以前と比べ中村俊輔の調子も上がっているし、山瀬も調子がいいので、引いた相手からも点を奪うチャンスはあると思うが、もともと仙台のようなタイプは苦手にしているチーム。カウンターやセットプレーで失点して自滅という型にハマりそうな気がしてしょうがない。ダービーで勝利し意気上がる仙台は勝ち点1取れる。3もあり得るが、アウェイでは現実志向。引き分け

札幌vs岐阜 岐阜 勝利

横浜FCvs富山 横浜FC 勝利

岡山vs甲府 甲府 勝利

大分vs水戸 引き分け

草津vs鳥栖 鳥栖 勝利

千葉vs栃木 千葉 勝利

福岡vs 引き分け

東京Vvs北九州 東京V 勝利

愛媛vs熊本 熊本 勝利

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
11:29更新 | コメント(3) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

J2第27節[toto第471回]予想

 悪天候の影響が出るかもしれませんが。

栃木vs愛媛
 通算で愛媛の1勝3分け。愛媛は3連勝中、栃木は前節ようやく無失点もドロー。勢いでは愛媛が上だが…0点に抑えたことで栃木はドロー以上を狙える素地が整った。あとは点を取れるかどうかの判断だが…ホームでは勝ちか負けのどちらかが多いので。栃木 勝利 totoは1と0かなと。

岐阜vs大分
 岐阜は野田と吉本、守備の軸2人を欠く戦いだが、大分もキム ボギョンやチェ ジョンハンがベンチ、東がベンチ外と攻撃の並びは疑問符が付く。岐阜は引き分けの少ないチームでホームでは勝ち切れるので。不安はあるが…岐阜 勝利

鳥栖vs福岡
 勢いでは断然福岡だが、ダービーなので鳥栖で勝負したい。1つ勝って悪い流れは脱した。鳥栖 勝利

熊本vs横浜FC
 熊本も出場停止で2人いないが、横浜FCはホベルトが出場停止。これはかなり痛い。熊本が有利。熊本 勝利

富山vs甲府
 富山は先制出来ても逆転されるパターンが多すぎるので、ホームでも勝ち切れないんじゃないか。守備崩壊気味の甲府も点は取れているので、打ち合えば強いはず。甲府 勝利

北九州vs草津
 天皇杯を含めて北九州の1勝1分け。この相性は気になるところだが…前節勝って連敗を止めた草津のほうが優位ではある。あとは佐野が出るかどうかで変わるのだが。草津 勝利

水戸vs岡山
 ホーム2連戦だが岡山の状態を考えれば、前線が好調の水戸のほうが優位か。アウェイで負けた分を返すチャンス。水戸 勝利

vs札幌
 ザッケローニが視察するそうで。札幌は何とか意地見せようと出来る限りいいメンバーを揃えるようだが、正直なところ限界がある。雨の予報になっているので、また作戦を切り替える可能性もあるが、柏がそれだけで負けるチームとは思えず。ホームなのも大きい。柏 勝利

徳島vs東京V
 徳島はヴェルディに最近勝てていないが、ダービーで負けた分仕切り直しが出来ると思う。ヴェルディは河野不在もあって勝ち切れていない。徳島 勝利

 本線の予想は引き分けなしか。mini toto A組だけ買った。北九州はドローもあるかもと思ったけど…。

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
12:59更新 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

J1第23節・J2第26節[toto第470回]予想

 今節はまた微妙な節ですね…。埼スタ行ってきますよ。このまま終われないからね。

浦和vs清水
 清水が4連勝中のカードだが、対戦成績はほぼ五分。
 浦和はここ4試合2勝2分けで何とか乗り切っているが、ホームで勝ち切れていない。前節も起用された選手は個々で頑張っているが、得点はPKだけだった。平川が欠場して岡本になるのがどう出るかだが、極端に影響があるとは思わない。ナビスコではスピラノビッチがヨンセンを封じた実績もあるので、大崩れはないだろう。清水は最終ラインを入れ替えるが、あっさり失点する癖を無くしながら、中盤がタメを作って攻撃できるかがポイントだ。
 スタイルが変わったわけでもないので、基本的にはいつも通りの展開だろう。浦和のほうがポゼッションでは上回るとみられる。ただ清水の中盤が最近あまり機能していないのと、裏を取られたりセットプレーであっさり失うケースが多いので、相性通りいくとは言い切れない。カギとなる小野、ヨンセンが同時に出た試合はほとんど負けていないし、浦和が何点も取る力がないので拮抗。引き分け

(※強気の予想はできないな…どうしても勝ち点3が欲しい試合ではあるが、浦和も溜まってるものがあるので、それを爆発させないように出来るかどうか…。伸二が強行先発、フローデも当然先発。不安のある岩下がサブでエディが先発。キーパーソンは揃った。布陣に関しては現状で考えられる最も良いものだと思う。ただそうなったら勝てるというほどの状態でない。

 伸二がどれだけやれるのかはかなりカギを握ってる。かばいながらでもやってくれる実力はあるが、怪我をしていない時でさえあまりよくないだけに。フローデも疲れはあるだろう。相手は失点が少なくなっているし、大宮戦のようにただテンポなくボールを回すだけの攻撃では難しい。どれだけボールを持った選手が仕掛けられるかだ。これで勝負が決まると思う。

 守備面ではようやくエディが先発となりそうだが、もちろん彼が出た試合で最近勝ってないことは分かっている。ただコンディションに不安のある選手よりもベターな選択だろう。サイドからは結構クロスも上がってくると思うので、キチッと弾くこと。怖いのはつまらないパスミスだ。浦和にやられている時は大体が自滅。

 勝っても1点差の勝負になる。貪欲に立ち向かえるか。ただでさえ殺伐とした雰囲気の試合になるので緊張感は高い。だから大宮戦のようにボロボロにされることもないだろうから、集中した中で先制点を奪いたい。あとはプランを間違えないこと。伸二はどこまで持つか分からないし、前線も走りまわったら疲れてくるので、交代カードの切り方は重要だ。勝つぞ。)

広島vs神戸
 第2節以来の対戦。ACLのあとながら広島が勝っている。去年はちょうど三浦監督になって最初の試合が広島でスコアレスドロー。今回は和田監督になって最初の試合となる。広島ホームでは広島の相性がいい。
 広島は中島が離脱したがストヤノフが戻ってきて、ミキッチ再離脱も山岸がメンバー入り。何とかうまくやり繰りして戦力を維持している。寿人離脱後2試合目となる攻撃陣はまだ機能しない部分も出てくるので、我慢強く戦えるかだろう。神戸は監督交代で従来の堅守速攻を取り戻そうとしている最中で、1試合で劇的に良くなるかは分からないがいい方向に向かうだろう。
 広島は非常にやりにくい。神戸が激しくプレスをかけると思うので、苦しむと思う。ただホームゲームだし、神戸もいきなり結果が出るほど甘くない。よく見ると茂木・吉田の2トップにしろ、小林の左SBにしろ第2節の対戦の時と同じ。神戸が連動性を取り戻す途中であることを考えれば、面子的に見ても広島の勝利は可能とみる。寿人がいない分点を取れないままズルズルと時間が過ぎるかもしれないが…。広島 勝利

磐田vsFC東京
 08年からFC東京が5勝2分けと負けていないカード。前回は国立でのナイトゲームだったが、互いにセットプレーで1-1。
 磐田は過密日程を何とか乗り切って1週間空いた。前田も復調傾向で好材料だが、那須の不在が痛い。天皇杯を除けば一度も休んでいないし、那須がCBで山本康がボランチに入った中断明けの4試合は2分け2敗と勝てていない。FC東京も怪我人続出で苦しい状況だが、CBとアンカーの3人は理想的な組み合わせだし、徳永もSB起用になる。松下もこのシステムに慣れているので、今回は面白いかもしれない。
 磐田がホーム2連戦で布陣に不安があることを考えると、FC東京にはチャンスがあるとみる。勝つにしても1-0だろうが…FC東京 勝利
 逆に磐田が勝っても1-0のような地味な試合だと思う。ドローだと特にFC東京のほうが苦しい。

名古屋vs横浜FM
 去年は1勝1敗、今年は名古屋が先勝して2戦目。好調同士。
 名古屋は首位を快走しているが、今回はそうはいかない。守備で効いていたダニルソンを欠き、代役候補筆頭の中村直志までいない。2人が先発にいることでバランスを保っていた部分が大きいので、アレックスも小川も力はあるが守備面でかなり苦労することになる。中断明けでダニルソンを欠くのは初めて。これも大きい。そうするといい攻撃につなげられないだろう。マリノスは形がしっかりしてきたし、俊輔がキレを取り戻した。山瀬とのホットラインが開通したし、松田が先発の試合は全勝中。前節は川崎の疲労が大きかったが、自信を付けて3連勝の壁を乗り越えたので、このチームは侮れない。横浜FM 勝利
 願望は当然として、今回は名古屋は苦戦すると思う。もしそれでも勝ったらまた優勝に近づくだろうね。

鹿島vs大宮
 去年のNACK5での試合は大宮の歴史に残る試合となったが、通算の相性では圧倒的に鹿島が上。カシマスタジアムで大宮が勝ったことはまだない。
 その鹿島は苦しみながら仙台を破ってホーム2連戦の2戦目。小笠原も戻ってきて盤石の態勢といきたいところだが、この前の試合を見ても、押してはいるが決められずにあわや自滅だった。大宮も比較すれば仙台と似たタイプで、あまり差はつかないだろう。仙台になくて大宮にあるのは2トップの個人技。清水戦でハマったことにより、チームが自信を得ている。それと鹿島が苦手にしている3トップ気味の布陣もあるので、快勝した後に腰の引けた試合をする悪い癖さえ出さなければ、福田だろうが戦えると思う。1-1が基本線。引き分け

湘南vs川崎
 昔から相性的にも川崎が圧倒しているが、前回対戦は過密日程もあって湘南が健闘して打ち合いになった。
 湘南は磐田戦を見ていても、同サイドからのクロスで3点やられていて、どうあがいても抑え切れないという難しい状態だ。ホームでは何だかんだで点を取るので、粘り強く戦えばというところだが…人材も限られている。川崎は菊地がいないので、佐原を使わざるを得ないのが不安だが、リーグ3連敗でもう負けられないし、実力差を考えればここで落として4連敗は考えづらい。川崎 勝利

G大阪vsC大阪
 久々に順位的にも盛り上がる大阪ダービーだが、第2節ではセレッソが追い付いてのドローで、ガンバは内容的にも微妙だった。
 ガンバが最近負けた試合は、名古屋に打ち合って負けたのと、加地が退場になったナビスコの広島戦。あとはまずまずの結果が出ていて、今回は明神を除いて離脱者も帰ってきた。あえてカウンター狙いで戦うこともきちんとできているし、ホームでの試合ということで安定した試合はできるだろう。セレッソは前節で連勝が止まったが、勢いが落ちたわけではない。メンバーも揃っている。中断明け負けたのは、乾とアドリアーノがいなかった清水戦だけだ。
 かなり盛り上がるので、それに圧されて打ち合うのか、それともあえて慎重にいくのかが興味深いが、守備力でいえばセレッソが上だ。カウンターの破壊力もセレッソ。そうするとガンバのほうが若干不利になってしまうが、セレッソの連勝が止まった後なので、勢いで押し切るところまでいかないかなと。いずれにせよ好ゲームを期待。引き分け

仙台vs山形
 みちのくダービーは山形の3連勝中。仙台はそろそろ何とかしたい。
 だがフェルが間に合わないというのはかなり痛い。赤嶺が何とか出られたとしても、大きな変化を呼ぶまでは至らない。いつも通りしっかり守って隙を突くサッカーをするしかないだろうが、山形は隙を作らないチームなので…モチベーションは仙台のほうが高いと思うが、それだけでは勝てないんじゃないかと。宮城スタジアムだっていうのはあまり気にしないが、2年前のユアスタも豊田が決めて1-0で勝ったように、勝ち方が分かってる印象がある。フェルがいない以上、仙台は崩しきれない。退場者で優位になって勝ちというのはあるが、同数なら厳しい。秋葉がいない山形も得点に苦しんでいるので、引き分けはあると思うが…。山形 勝利

新潟vs京都
 前回西京極で新潟が初めて勝ったが、やはり全体的には相性の悪い相手だ。
 新潟は連敗中でホーム2連戦。今回もまたリシャルデスが出られない可能性が高いので、ビッグスワンのピッチ状態や攻撃の迫力という意味でも苦しい試合になる。負けた後なので、本当は流れとしては勝ちに持っていきやすいところなのだが…。京都は守田が救世主になりそうで、流れを断ち切った。ナビスコではビッグスワンで4点取ったこともあるし、イメージは悪くないだろう。ディエゴやドゥトラがキチッとチャンスをモノにすれば連勝もあると思う。通常ならば引き分けにしておくところだが…京都 勝利

水戸vs富山
 水戸はまたパスサッカーに戻すそうだが、機能するのかは分からない。ただそれ以上に富山の終盤の失点癖が深刻。水戸 勝利

東京Vvs栃木
 栃木戦全勝のヴェルディは、平本も戻ってくるし心機一転でまた前を向けそう。栃木は余も崔も戻ってくるが、全体的に低調。東京V 勝利

札幌vs鳥栖
 札幌は後半にシステムを変えるまでエンジンがかからない。内村がいないのも痛いし、純平が怪我をしたのも残念な話。3人出場停止とはいえ、ある程度計算の立つメンバーが揃っている鳥栖がそろそろ悪い流れを脱する時。鳥栖 勝利

横浜FCvs福岡
 横浜FCはかなりモチベーション高いし、いい試合はするだろう。ホーム2連戦なのが気がかりだが、福岡は福岡で3位になってからのプレッシャーが怖いところ。横浜FCにかけてみたい。横浜FC 勝利

甲府vs熊本
 甲府はどうも最近バタバタしているが、何とか勝っている。熊本は望みを繋ごうと正念場で、拮抗した厳しい試合になると思う。甲府のほうが勝負強さでは上だと思うが、熊本はアウェイでの成績が良いので面白い試合を期待したい。引き分け

北九州vs岡山
 北九州は佐野をはじめとしてメンバーが何人か欠けている。岡山はメンバーこそ戻っているがテコ入れを図る構え。どちらかというと変化を付けやすいのは岡山のほう。北九州はせっかく天皇杯で勝ったが…。岡山 勝利

千葉vs
 この試合の意味は相当大きい。特に千葉にとっては勢いを付けたい試合。アレックスに続いてネットも出場微妙と苦しい状況だが、フクアリの力で打開したいところだし、相手が柏でも出来るだけの力は持っている。柏は修正できるチームではあるが、今回は勢いに押されると予想したい。谷澤、圭輔、佐藤勇人あたりが幅広く動いてかき回す展開ならば勝つチャンスは十分ある。千葉 勝利

草津vs岐阜
 草津はこの間に離脱者が多かったそうだが、悪い流れを脱するにはいい休養期間だったと言える。岐阜のほうが安定はしているが、草津の復調に期待したい。草津 勝利

愛媛vs徳島
 愛媛にとってはもうそろそろ徳島に勝たないとというタイミングだが、最近の徳島が攻撃力を増しており、勢いが違う。愛媛のリーグ3連勝はちょっと考えにくい…。徳島 勝利

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
03:27更新 | コメント(3) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

J1第22節・J2第25節[toto第469回]予想

 ごめんなさい。時間がないので今日は詳細コメントなしです。これからNACK5へ出発します。ファンサカはあとでつぶやくと思います。

大宮vs清水 引き分け
 中2日は苦しい。駿先発はある意味賭けでもある。大宮とはいつも地味な試合になるので。

C大阪vs広島 引き分け
 広島が中2日、寿人もいないのでセレッソ有利?と思いがちだが、広島が粘り強く守りそうな気が。

磐田vs湘南 磐田 勝利
 湘南はDF揃わず、連戦の磐田相手でも苦しい。

川崎vs横浜FM 川崎 勝利
 疲れていても等々力だし、この前の借りもあるし。中澤が相手にはいない。

京都vs神戸 神戸 勝利
 ボッティボランチ、我那覇FWならバランスはよくなる。

鹿島vs仙台 鹿島 勝利
 さすがに仙台の勝ちは考えづらい。ドローはあり得るがそろそろ。

新潟vsG大阪 G大阪 勝利
 ガンバのほうが戦力的に苦しいが、カウンター狙い。新潟も矢野が抜けて迫力は落ちている。

山形vs名古屋 名古屋 勝利
 山形は健闘すると思うが、最後に名古屋が持っていく展開か。

FC東京vs浦和 引き分け
 どっちも満身創痍。そろそろ東京は勝ち点1くらい取ってもいい。

大分vs札幌 引き分け
 どっちも不安定なので打ち合いか。

vs富山 柏 勝利
 ここはさすがに。この前の富山戦は苦戦したけど。

岐阜vs北九州 引き分け
 北九州の攻撃力アップを評価して打ち合い予想。

福岡vs千葉 福岡 勝利
 大一番。千葉は正念場だが、アウェイで弱いうえにホームで勝ち切れなかった相手。勢いある福岡を推す。

鳥栖vs甲府 引き分け
 鳥栖は最近ドローばっかり。甲府相手で気合も入るだろうから粘ると予想。甲府は調子が落ちている。

熊本vs水戸 熊本 勝利
 水戸が勝ちにこだわり出したが、熊本もしぶといから。

横浜FCvs東京V 横浜FC 勝利
 ヴェルディが攻撃陣3人を欠くのはさすがにきつい。

岡山vs愛媛 愛媛 勝利
 どちらとも言えないけど…。

徳島vs栃木 引き分け
 徳島の守備に不安があるが、栃木はまた韓国籍の2人が出られない。

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
11:14更新 | コメント(2) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。