2010年09月08日

ナビスコ杯準々決勝第2戦[toto第468回]予想

 第1戦は忘れたというか、時間がないのもあったが予想する気が起きなかった。結果だけおさらいしておくと…
鹿島2−1川崎 磐田2−1仙台
広島0−1G大阪 FC東京1−1清水
 ちょうど中2日のチームと中3日のチームの対戦というように分かれていて、基本的には中3日のチームが有利だろうと思ったが、中2日の磐田、ガンバが勝利。特にガンバはただでさえ遠藤欠場で苦しいところ、ルーカスの強行出場で勝ち切ったのはさすがと言える。だが4試合とも1点差以内で紙一重。何が起こるか分からない状況だ。

清水vsFC東京
 清水は藤本と岡崎、FC東京はキムが出られず、ひょっとしたら今野も出ない。清水の攻撃陣とFC東京の守備陣が通常と変わるのがどう出るか。
 清水の攻撃力低下は免れず、枝村と兵働をワイドに配置する守備的布陣の採用が濃厚で、全体的な重心が後ろへいってしまうと難しい試合になる。ただ、小野が帰ってきてヨンセンも1週間空く。キーパーソンがある程度のコンディションで出られるのはプラス。FC東京は石川、羽生の復帰で内容の向上が見込める。あとは今野次第だ。
 コンディション面では、選手を大幅に休ませた清水が有利だが、戦術的な部分がハマるかどうかは未知数だ。FC東京はメンバーが揃ってきたので、チーム状態はあまり参考にならない。延長戦になるのでは?という予感がある。もしそうなれば選手層の差。清水 勝利

(※まず台風の影響で、激しい雨が予想されている。グラウンドのコンディションに左右されるかもしれないが、うまく空中戦を生かしたい。雨の日のサッカーを意識すること。相手も平山が出てくるので同じことだろうが。

 健太監督のゲームプランは理解できるが、それが現状に合っているものかというとクエスチョンだ。このところの連戦で非常に厳しいことを考慮して、あえて守備的な布陣を採用しようということだろうが、押し込まれる時間が長いと、去年の二の舞になりかねない。テルは確かに1stレグも良かったし、危ないところを潰してくれるだろう。問題は伸二とどうバランスを取るのか。2人とも下がりすぎてもダメだし、上がりすぎてもダメ。それが兵働をサイドに置くことで出来るのか不安がある。兵働はフィニッシュのところがまちまちであり、エダはこのポジションで機能しているとは言い難い。

 さらにいえばこのチームは先行逃げ切り型だ。カップ戦ではこれまで様々な戦い方を駆使して戦ってきたが、今回はどうだろうか。ベンチには多数のFWを揃えることになるが、元紀や一樹で仕掛けていったほうが得策と考えていたので、少し戸惑っている。ただでさえ相手は失点しないようにしつつ、どう点を取るかかなり練ってきているので、相手にボールを支配されるような状況は避けたい。ポジティブに考えるとすれば、一樹をスーパーサブで使えること。2年前の鹿島戦、去年の浦和戦、いずれも勝ってる状況で一樹を使って成功している。ひょっとしたらこれが頭にあるのかもしれない。

 3日後に控えるリーグ戦を意識しないようにというのはお互い難しい話。でもFC東京にはリベンジしなければならない。この先発メンバーでも、先制点を取りにいく意識を持たせられるかが最大のポイントになりそうだ。味スタでの戦いと違い、貪欲にプレッシャーをかけて相手のリズムを崩すことが必要。休ませた意味をここで示さないといけない。準決勝へ行くぞ。)

川崎vs鹿島
 状況は昨年とほぼ同じだ。去年は鹿島が1-0でアウェイゴールを与えずに等々力へ乗り込んだが、最後の最後で追いつかれて延長で散った。だが今回は2-1。アウェイゴールを与えているので、もし去年と同じ結末なら延長までいかずに川崎の勝ちとなる。
 川崎は公式戦3連敗という状況だが、全てアウェイ。今季鹿島に2敗しているが、これもアウェイ。等々力でやれるし、最近の内容が特段悪いわけではないので、ある種自信を持って戦える。中村憲剛は確実に途中からでも出るだろうし、1stレグでは谷口が力を見せたのもある。点は十分取れるだろう。岩政がおそらく出ないのもあるし。
 鹿島はアウェイでは完封された試合が1つもない。ただし今回はカップ戦であり、苦手等々力。特に集中力が高いであろう川崎に、ギリギリのところで抑えられるような気がする。中断明けの川崎は無失点か2失点のどちらかというのもある(苦笑)。雰囲気も去年に似ているし、条件的には昨年よりもアドバンテージはない。川崎 勝利
 鹿島が勝つとしたら0-0が続いた状況で終盤にカウンターで1点という構図。0-0、1-1で逃げ切る姿は想像できない。

仙台vs磐田
 開幕戦で仙台が勝ち、1stレグで磐田が勝ち。今季3戦目。
 仙台は1-0か2点差以上での勝利が条件となるが、攻撃陣はフェル、赤嶺に加えて関口も出られない。さらに天皇杯で120分を戦い、しかも負けて中2日。チームのスタイルを考えても複数点を狙える状況ではない。まずはしっかり守ることを意識するのではないか。湘南戦は別として、基本的に相手に持たせてカウンターを狙う。ツインタワーが先発になりそうなので、サイドからのクロスやセットプレーがポイントになるが、磐田はセットプレーでの失点を繰り返している。天候が雨ということで、空中戦を利用するのは得策と言える。
 気になるのは磐田がアウェイがほとんど点を取れていないこと。最近は国立で東京に対してオウンゴールで取った1点くらいのもので、連勝して迎えたガンバ戦も一蹴された。ボールは保持できる展開が予想されるが、その状況を得意としていない。
 そう考えると仙台にもチャンスがある。もちろんカップ戦なので、2トップが火を吹いて順当に磐田というのもあるだろうが、1-0で仙台か1-1で磐田か…難しい。どちらかというと、疲弊してる仙台は最後まで耐えきれないか。引き分け

G大阪vs広島
 今季は広島ホームでガンバが2勝していることになる。
 ガンバはアウェイゴールを1点奪い、かつ完封しての2ndレグとなるが、1点でも取られればアドバンテージが消えるという怖さもある。もともとこのカードは打ち合いが多い。最近のガンバは、名古屋戦を除けばまずまず失点を少なくできているし、今回もそういう入り方をするだろうが、仮に明神も出られないとなると、心臓部には不安が残る。広島はストヤノフ、槙野を欠く可能性が高いので、打ち合いに持っていくしかないだろう。
 広島はここぞの寿人があるので1点は取れるかもしれない。だが最近のガンバは試合巧者になっていて、中盤が弱くなってもしのげる気もする。ルーカスが戻ってきたのは大きい。このところホームでは負けなしで戦えているので、アドバンテージを生かしてカウンターで突き放すか。G大阪 勝利

 もし当たれば、準決勝は川崎vs磐田G大阪vs清水っていうことになるが…。

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
02:54更新 | コメント(7) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

J1第21節・J2第24節[toto第465回]予想

 考えてみると、今月は毎週のようにスタジアムへ行っていた。行かないのは久々です。次は1日の味スタの予定。
 さて、当ブログでは基本となっているダービーマッチから。

清水vs川崎
 ご存じの通り、アウスタでは清水が無敗のカード。今年は等々力でスコアレスドローという珍しい結果に。
 清水は鹿島、マリノス戦と同じ先発メンバーに戻るが、続けてきたサッカーを見失いつつあるだけに、それを取り戻せるかが焦点。川崎は新潟に続いて鬼門となるが、1週間空いてコンディションは整っているはずだ。
 川崎は今季まだ連敗がないが、ホーム負けなしであれば当然とも言える。アウェイ2連戦となる今回は条件的にも厳しい。ただ右SBに伊藤を起用するなど、守備には力を入れており、再開後6試合で完封している。連敗中で慎重になりがちな清水のことを考えると、しっかり守ってカウンターがハマる可能性はあるだろう。清水の守備はそう簡単に改善できるような状態でなく、選手のコンディションにも不安はある。攻撃力を前面に出して戦うだろうが、連敗中ということで試合運びがスムーズに進まないのではないか。打ち合い。引き分け
(※川崎戦は今まで、川崎の攻撃力を警戒しカウンターをさせない状況を作りながら、しっかり裏を突いて点を取ってきた。スタイルがハマっていた。だが今年は清水のほうが出ていくので、川崎にもカウンターのチャンスが広がっている。等々力での試合は互いに成熟度がまだ高くなかった。今は状態的に川崎のほうが上。いくらホームで負けていないとはいえ、難しい試合になるのは選手も分かっているだろう。

 メンバーが戻ればすぐ勝てるという状況には見えない。少し混乱しているから、今週どこまで戦術的な部分に踏み込めたか。選手を代えたくても代えられない事情もある(左SBなど)。このチームは攻撃も守備も全員でやらないといけないし、誰かがサボれば難しい。1つ勝てばきっかけをつかめるが、そのきっかけが生まれるまでは我慢が必要かもしれない。相手も連敗出来ないと必死になってくる。

 ポイントは川崎の左vs清水の右。関さんならまた森を左に配置換えしてたかもしれない。どちらも攻撃力がぶつあり合うサイドとなる。清水はサイドに問題を抱え、イチも宏介もよくないだけに、川崎が主導権を握ったら厳しい。木曜日、麻生グラウンドへ行ってきたが、川崎は執拗に楔を入れてからサイドへの展開、そしてクロスを練習していた。

 自分たちが一番点を取れているので、攻撃において不安を持つ必要はないが、その出来によって守備が関わってくるだけに、まずは守から攻のリズムを作り、その上で攻から守の切り替えを忘れずに。それが出来なければこの試合は負けるだろう。最近の失点の仕方はあっさりとしすぎている。 とにかく、泥臭く戦ってほしい。気持ちを前面に出して、球際でも激しくいくこと。これ以上の停滞は避けなければならないが。)

浦和vs鹿島
 フィンケ体制になってから、昨季の開幕戦、最終節、今年の開幕戦ときて4試合目。ここまで全て完封負けの浦和は意地を見せたい。
 浦和は湘南に勝って悪い流れを止めたが、最近勝ったのが京都、湘南だけで、仙台にはドロー。順位が近い相手、またそれ以上になると勝てていないというのははっきり出ている。一方で4点取ったことで、得点力不足が解消される可能性はある。京都に4点取った後は、退場者が出た相手を崩せずに敗れて流れを悪くしたが、そう同じことが起こるかというのもある。当然相手が相手なのでモチベーションも高いし、不振のポンテあたりには奮起を期待したいところ。
 鹿島はホームでセレッソに敗れ、4試合勝ちがない。マルキが戻るのが大きな材料だが、中盤には怪我人も多く、夏場で走れていないというのも不安。
 激しい試合にはなると思う。浦和はそろそろ鹿島に1点取りそうな気もする。だが浦和は攻撃に意識が傾くメンバーになっていて、カウンター時の守備に不安がある。先制して早めに堀之内を入れるプランだろうが、鹿島はそう簡単にさせてくれない。マルキが戻ってスイッチが入りそうな鹿島のほうが、効率よく点を取れる。鹿島 勝利

C大阪vs大宮
 意外だがこのカード大宮の5連勝中。だがここ4試合はすべて大宮のホーム。セレッソホームではセレッソが勝ち越している。
 絶好調でとうとう2位になったセレッソの戦い方は変わらない。最少失点の守備、奪ってからの多彩な攻撃。新スタ3試合目で慣れてくるだろう。ただそろそろ上にきてプレッシャーがかかる時期でもあるのかなと。大宮は李浩の先発起用に失敗して負けた後だが、セレッソシフトで4-1-4-1にするのか、4-4-2のままいくのか微妙。だがいずれにしても守ることは得意なチーム。アウェイここ2試合ではいずれも受けた展開で逃げ切っており、本意でなくともボール支配はセレッソに譲るだろう。
 チャンスはセレッソのほうが多く作れるだろうし、守備も堅いので負けは考えづらい。あとは大宮のしぶとさでドローに持ち込まれるか、そのまま勝つかというところだが…ここは素直に。C大阪 勝利

仙台vs湘南
 今季は平塚で湘南が勝利しているが、大体いつも拮抗した試合になる。
 ようやく勝った仙台だが、フェルの欠場は痛い。前節は特にキレがあっただけに。プランが変わることになるが、1つ勝ったことで守備の粘りだとか、ボールの動かし方はスムーズになると予想される。湘南は厳しい状態が続くが、浦和に負ける前は2つの引き分け。直接対決では簡単に負けていない。
 どちらも負けたくない意識と勝ち点3を取らないといけない意識の狭間で揺れると思う。本当は大宮戦の流れで仙台連勝としたいところだったが、フェルがいないのはダメージとしてある。湘南は一旦崩れるとそのままズルズルとなってしまうが、今回は相手が一気に攻めるチームではないので、何とか持ちこたえるんじゃないかと。阿部は仙台戦の相性もいい。引き分け
 勝つなら仙台。それも終盤の得点。そういうのがあれば仙台は乗るだろうし、湘南は崖っぷちになる。

名古屋vs京都
 このカードで気になるのは名古屋のホームで京都が負けたことがないということ。5勝5分けらしい。
 ただ今季の名古屋は下位チーム相手にしっかり結果を出せている。ナビスコで京都に負けているが、あれは参考にならない。ホーム2連戦、しかもガンバに勝って後ろとの差が開いたということで、気持ちが緩むのは確実なところだが、それでいきなり京都に勝ち点を落とすとまでは思えない。京都もよくなっているのは伝わるが、勝負所での詰めが甘く、名古屋は伝家の宝刀・セットプレーで終盤に点を取れるチーム。サプライズは考えづらい。名古屋 勝利
 それにしても10戦やって一度もホームで勝ってないとは…。

神戸vsFC東京
 相性は圧倒的にFC東京。神戸は大の苦手にしている。15位と14位の対決。
 状況はどちらも苦しい。怪我人も多いし。三浦監督は後半勝負のゲームプランを示唆していて、あまり前からガンガン行かない方針だという。ホームでもそうしなきゃいけないのが現状を表しているが、これはパスを繋ごうとするFC東京に対してあまりいい戦術とは言えない。ただFC東京も内容に閉そく感が漂っており、どう点を取るのか見えない状況だ。
 そうするとセットプレーということになるが、どちらもこの得点が少ない。森重がいないFC東京は、その分工夫を施しているそうだが、今野は一時期の神戸キラーぶりが影を潜めているし、そう簡単には取れない。1点勝負だろう。相性や、先発起用される大竹の状態の良さを考えるとFC東京がやや優位といえるが…引き分け

広島vs山形
 監督が舌戦を繰り広げているが、それだけどっちも評価している証。去年は広島が2勝したが、今年は山形が1勝している。
 広島は連敗を止めてホームに戻るが、FC東京の出来の悪さもあったので、ホームとはいえ今回は苦戦するかもしれない。引いて相手を崩しきれずに敗れる試合が多い。堅いブロックを破るためにミキッチの復帰は大きいが、時間も限定されるだろう。山形はいつも通りしっかり守ることが求められる。植草や園田を継続して起用する可能性があるということを考えても、誰が出てもやれるという自信を感じる。
 山形はおそらく焦れないので、広島が焦れるかどうかだ。セットプレーでの失点は少ないので、山形もそこはあまり狙い目にできないが、石川や宮沢の左サイドは突いていくことになる。1-0、1-1、2-1くらいだと思うが山形で勝負。山形 勝利

横浜FMvs新潟
 今季は新潟がビッグスワンで久々の勝利を挙げたのがマリノス戦だった。通算でもほぼ五分。
 マリノスはここ4試合を3勝1敗、3勝が全てアウェイなだけにホームで結果を出せればなおよい。前線をテコ入れするようだが、小野にそろそろ点が欲しい。新潟はなんといっても矢野の離脱。大島が入ることになるが、どうしても流動性が出ないので、その分攻撃もスムーズにいかないだろう。
 マリノスは大崩れしないチームな上、矢野がいない新潟ということで、2点3点と取られるようなことはない。だがマリノスもホームであまりいい試合が出来ていない。新潟はアウェイでの勝ち点が多いチームで、粘り強く戦うだろう。1-0で新潟というのもありそうだが…引き分け

G大阪vs磐田
 今季ヤマハでの対戦は3-4の打ち合いで磐田。このところ打ち合いの多いカード。
 ガンバは少しポゼッションサッカーが戻ってきていて、内容も悪くないのだが、上位相手に勝てなかったという皮肉。今回は古巣のグノをあえて外し、平井・宇佐美で臨みそうだが、この2トップの時は結構勝てている。加地が出るかどうかは微妙だが、武井も遜色はない。磐田は連勝中で、点が取れるようになってきたが、まだ盤石ではない。今回も打ち合いになりそうが気がするが、磐田はホーム2連戦で連勝だったので、アウェイでは?G大阪 勝利

栃木vs熊本
 前回対戦は栃木が快勝したが、今回は余と崔の韓国人2人が不在。キーパーソンがいないことで苦戦が予想される。熊本はヴェルディを倒した勢いもある。昇格争いに絡むかどうかの瀬戸際で栃木も粘るだろうが…。熊本 勝利

北九州vs
 北九州は徳島相手に4点取ったが、相手の守備の甘さもあったし、柏相手に2点取るのは難しい。むしろ守備のほうが不安だ。ここはさすがに柏。柏 勝利

千葉vs岡山
 前回は岡山がホームで千葉を破っているが、千葉は完全なる内弁慶。少しメンバーをいじるかもしれないが、フクアリではしっかり点を取って勝つと思う。岡山はそこまでの攻撃力はない。千葉 勝利

水戸vs鳥栖
 水戸は3トップに変更して苦境打開を図る構えだが、バランスがいいとは言えない。鳥栖もこのところ守備が良くないが、そろそろ。鳥栖 勝利

甲府vs大分
 甲府は日立台で追いついて戻ってきた勢いをうまく使いたい。山本が不在となるが、柳川の調子が上がっているということだし、マラニョンも久々に先発へ。戦力が充実している。大分はまた怪我人が出たが、菊地が微妙なのは痛い。それに加えて最近勝っているのはホームだけ。アウェイではきつい。甲府 勝利

富山vs福岡
 富山はいいところまでいくが、結局勝ち点を取れないというもったいない試合が続く。前回対戦で大敗した相手で、あまりいいイメージがない。福岡も末吉が出場停止で中盤に不安があるが、その分攻撃力でカバー。福岡 勝利

草津vs徳島
 同期対決だが、このカードは草津ホームだと草津に分がある。連勝が止まったが、メンバーは戻ってくるし落ち着いた戦いが出来るだろう。徳島は守備、クロス対応に依然として難があるようだが、点は取れている。打ち合ってのドローはありそうだが、アウェイで成績が悪い。草津 勝利

東京Vvs岐阜
 ヴェルディは連勝が止まった後の試合が大事だが、監督がベンチに入れない。熊本にまさかの3失点で守備の修正が必要。岐阜は千葉に勝って連勝、やろうとしていることが浸透してきた印象。ヴェルディに勝ったことがないのと、アウェイだし3連勝までの力があるか?というのは考慮。引き分け

愛媛vs札幌
 このカードはなぜか打ち合いが多い。札幌は愛媛で負けたことがない。最近の戦いではどちらもモヤモヤしっ放しだが、ようやくメンバーが揃う札幌が上か。札幌 勝利

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:予想 toto
11:38更新 | コメント(5) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

J1第20節・J2第23節[toto第464回]予想

 今日は初めてビッグスワンへ行くこととなりました。朝から新潟へ出発して、一泊して帰ってきます。何とかエコパの試合を見られるように帰りたいと思いますが。ビッグスワンは清水戦で叶えたかったですが、行ってみたいところだったので、楽しみにしています。
 まぁ「もう1つのダービー」に向けての偵察も兼ねてね…w

磐田vs清水
 今季3回目の対戦、清水ホームで2試合1勝1分け。
 磐田は前節勝つには勝ったが、2度リードを許す展開だった。さらに攻撃の要・西を欠く。故障者も増えている。清水も守備が崩壊気味で、CBが2人出られない。中盤も疲弊しており、システム変更の可能性も浮上。どちらも不安要素ばかり目立つ試合となった。
 従来通りなら、清水が中盤の構成力や3トップの圧力で主導権を握り、磐田が守りながら速攻を狙うという構図になるのだが、清水が2トップに変えるとそうもいかなくなる。磐田は前田が点を取れていないが、清水の中央部は不安定なため、流れの中から取る可能性はあるだろう。しかし磐田も西がいないことにより、中盤でタメが作れない可能性が高く、前回のダービーで清水を無失点に抑えたとはいえ、押し込まれる時間が長くなると厳しい。
 守り合いにはならない。打ち合いになる。そうなった時にどちらかというと、得点力では清水が上となる。新潟戦の大敗から学んで最低限のことはやると判断。清水 勝利
(※廣井はラストチャンスだろう。彼にかかってる。もし彼が活躍できれば、今後の戦いでも大きな力となるが、もし封じられないとなると、この試合も落としてしまう可能性が高くなる。
 誰が考えても、失点が続いているこの現状でCB2人+児玉が先発で出ないというのは苦しい。さらにはタクまでも微妙な状態だという。これについてはシステム変更も視野に入れたということで、反省を生かしてくれそうだが、鹿島戦と比較してここ2試合はバラバラなだけに、入れ替わることによるズレ、ミスは覚悟しなければならない。

 その中で期待したいのは、ある程度休めたはずのフローデ、淳吾。オカが動けない可能性が高いので、彼らに頑張ってもらいたい。磐田の左サイドはパクが不在で守備に不安がある。淳吾は最近出来ている仕掛けを行って、どんどん圧力をかければいい。フローデは制空権を確保できるはずなので、新潟戦に絡めなかった分、やってもらいたい。

 仮に4-4-2で戦う場合、オカの負担が軽減するのも期待したいが、その分SHは役割が増える。誰かが持ったらしっかりサポートして、誰かが孤立しないような工夫を求めたい。どうしても最終ラインは下がりたくなる試合だ。中盤がポイントだ。

 7月に対戦した時の磐田はいい戦い方をしていたが、なぜかその後も勝てなかった。ダービーはお互いの調子が参考にならないが、今はどちらもよくない。それだけに相手を意識しすぎることはないだろう。それに期待したい。

 前も言ったように、連敗したからといってネガティブになる必要はない。それまでしっかり結果を出せているわけだから。ただ、ここでは勝利しか要らない。新潟戦は色んな事を覚悟で手を打った。この試合にその効果が出なければ意味がない。)

鹿島vsC大阪
 鹿島がセレッソを苦手にしているのは有名で、ホームでもあまりいい成績でない。
 ジウトンと中田を欠くという特殊なケースになった。誰が出るか判然としない。経験豊富な選手が多いとはいえ、特にユーティリティーな中田を使えないのは痛いだろう。セレッソは個人技でどんどん仕掛けてくるチームであり、3トップに近い布陣はこのところ鹿島が苦手にしている部類。中3日なので、セレッソより1日アドバンテージがあるが、勢いで押される可能性がある。セレッソはベストメンバーで臨めるし、守備が安定しているのは心強い。
 鹿島が従来通りの戦いをすれば、さすがにドロー以上は見込めるが、セレッソは頑張ると判断したい。引き分け

FC東京vs広島
 最近は広島のほうに分がある。どちらも苦戦中。
 FC東京は徳永のSB、今野のボランチと少し原点回帰の兆候が見られそうな今節。ホームゲームだし、かなり危機感が漂う中での試合なので、久々にガンガン仕掛けるだろう。広島は最初に押されると思うが、そこでしっかり耐えられるかどうか。川崎戦もあれだけ悪い試合をしながら、前半は無失点で耐えていた。それに大宮戦の攻撃のクオリティが合わされば、結果はついてくる。
 この試合は難しい。FC東京が1点取るとイケイケになる可能性もあるし、広島が耐えて1点取ればそのままいくだろう。それにどちらも苦戦ということで、最後はグダグダで勝ち点1ということもある。今野がボランチに入ることで得点のにおいは高まると思うが、本来広島は粘れるチーム。広島は右サイドの修正さえできれば。引き分け

湘南vs浦和
 今季は2度対戦して共に1-2。湘南が健闘しているともとれる。
 原点回帰して2試合、とりあえず引き分け2つが並んだ湘南だが、前節勝てなかったのは痛すぎる。ただ躍動感は戻りつつある。浦和にはいずれも流れから取れているし、勝っていない流れは野澤の起用で払しょくできる可能性もある。チャンスがないわけではない。問題は中2日だが、ホーム2連戦なので最小限だろうか。
 浦和もそろそろという気はする。前節はようやく勝ち点1を得た。ただオウンゴールだったし、湘南も基本的に持たせてくるので攻めあぐねる危険性がある。それ以上に連戦による疲労がピークで、湘南のようにガツガツ来るチームに耐えられるか不安。湘南が前節あのような形でドローだったので、連続ドローは考えづらい。となるとどちらかの勝利で、勝負にいきたい。湘南 勝利

新潟vs川崎
 今年もやってきたビッグスワン決戦。川崎今度こそ勝利なるか。
 だが冷静に考えて、新潟は中3日のあとにまた中3日、しかもホーム2連戦。川崎は中2日のあとにまた中2日。そしてアウェイ。さすがにコンディションで差があると言わざるを得ない。ホーム2連戦の法則を当てはめるには条件が強力すぎる。しかも清水戦の内容を見れば、かなり強い。戦力的にも整ってきている。こういう時に怪我人や不運な判定などで落とし穴があることは否めないが、だとしても…。川崎は守備が安定していたが、井川の怪我はかなり痛い。佐原でそれが埋まったとしても微妙に違う。前線もカウンターに徹するとはいえ、バテが来るだろう。これは新潟有利。新潟 勝利

京都vs横浜FM
 京都ホームではこのカード五分。前回は三ッ沢でドローゲーム。
 京都はようやく勝ち点1を取ったが、ギリギリで取ったという程度。よくなっているのは伝わるのだが、負けているチームの流れからは抜けていない。ディエゴが戻るとはいえ、大幅な期待はできず。かといってマリノスも、2連勝した後山形にいつもの様な負け方でガッカリさせ、勢いがない。
 マリノスもブロック作るようになったとはいえ、今回は持たされる展開だろう。そうするとカギはセットプレーになる。流れからはそんなに取れない。地味な試合じゃなかろうか。少し活気が出てきた京都の前線に1点を期待したい。引き分け

山形vs神戸
 今季は山形の2勝で3試合目。
 山形は3連勝、全て1-0。何も変える必要がない。ホームでは着実に戦えている。上を見過ぎて油断すると危ないが、コントロールしてくるだろう。それ以上に神戸の状態が良くないのが目につく。大久保をはじめ故障者がまた増え、戦力も限られている。おそらくリアクションにリアクションで対抗するような堅い試合になると思われる。
 そういう時は逆に打ち合いになったりすることもあるが、すでに2試合やっているし、神戸の前線のクオリティは下がっているので考えづらい。神戸が攻め込んだとしても、シミケンが止めるだろう。0-0はあり得るかもしれないが、セットプレーを含めて山形が取って勝つ。山形 勝利

大宮vs仙台
 去年の天皇杯から今年のリーグ、ナビスコ含め仙台が3連勝中。
 大宮はこれで5戦負けなし。少し上が見えてきた。選手を入れ替えながら戦えているし、李天秀が効いている。村上も最近よく点を取る。ベースにあるのは安定した守備だが、相性の悪い仙台を叩くチャンスではある。だが仙台はガンバに敗れて開き直り、浦和にはもう少しで勝ち点3というところまでいった。粘り強さは少し戻った。今回は斉藤の先発濃厚で、中盤がまた引き締まる。
 大宮はいい調子になったはいいが、NACK5ではまだ満足できる試合をしていない。仙台への相性も考えると苦戦しそう。引き分けと迷うが、そろそろ仙台脱出か。仙台 勝利

名古屋vsG大阪
 開幕戦以来。その時は名古屋が勝った。昨年も名古屋が2勝したが、天皇杯決勝でガンバが快勝。打ち合いが多い。
 名古屋の不安材料は増川よりも金崎。最近調子が良かったのでもったいない。小川が出ると思うが、ケネディ頼みにならないようフォローしたい。おそらく中村直志も出るだろうし、少し入れ替わっても引けを取らない選手層はさすが。一方、ガンバは橋本がすごい。守りも大崩れしなくなってきて、粘りが出てきた。
 ガンバは今アウェイ3連勝中であり、カウンターで相手にトドメを刺すことが出来ている。名古屋は川崎戦の敗戦から切り替えようと必死になるはずで、その分焦るのではないか。川崎には同様にカウンターで打ちのめされており、ホームだが苦戦。G大阪 勝利

札幌vs栃木
 これまで栃木戦全勝の札幌だが、欠場者が多すぎる。栃木は連敗しなくなったし、点が取れている。速攻が有効。栃木 勝利

福岡vs水戸
 甲府にも互角に渡り合った福岡はまだチャンスがある。水戸は今守備が不安定で、しかもボールを持てる大橋が不在なのは痛い。福岡 勝利

vs甲府
 頂上決戦。前回対戦はドローだった。柏は前節勝ったが、前半にPKを3回決められないなど、危ないところも目立った。相手の退場に助けられただけに、今回は落ち着いて戦いたい。ドミンゲスの復帰は大きい。起点を作れる。甲府も前節はホームで勝ち切れず。その前の勝利も相手の退場が合ってのもので、少し調子が落ちている。片桐の不在が痛いか。
 日立台での不敗神話も止まっているし、甲府にとっては思い出の場所だし、ホームとかアウェイはあまり関係ないだろう。どちらかというと柏のほうが、形として新しい分まだ十分に機能しないのではないか。甲府は何かあればマイクというのがあるので、相手が屈強なCBでも動じない。ネルシーニョマジックに掛かっちゃうと分からないが、アウェイで強い甲府を見せる時。甲府 勝利

大分vs草津
 大分は補強した選手を積極的に使うようだが、勝った後前節あのような形で負け、ベースがしっかりしていないのが露呈された。ホームなので巻き返す可能性は否定しないが、今は草津が非常にいい。副島監督が不在とはいえ、中盤の2人も戻り必勝態勢。草津 勝利

横浜FCvs愛媛
 横浜FCは阿部がいないが、チームとしてまとまってきた印象がある。セットプレーでも取れているし。苦しい愛媛に対してホームできっちり勝つ。横浜FC 勝利

岐阜vs千葉
 前回対戦はさすがに千葉が勝ったが、水戸に勝ってホームに戻る岐阜にとって、気持ちを高めるにはちょうどいい相手といえる。もともと千葉にとっては苦手なタイプ。村井の起用を探るなどしているが、アウェイでどうしても勝てない状況が続いており、岐阜にも足元をすくわれるかもしれない。引き分け

徳島vs北九州
 アウェイできっちり勝ってホームに戻ってこれる。柏、甲府に勝てなかったが惜しいところまでいっているし、さすがに今回は。徳島 勝利

鳥栖vs富山
 鳥栖は好調・藤田が出られない中、金民友のトップ下をテスト。足踏みが続いているが、ホームで不調・富山相手に攻撃的に戦えれば確実に勝ち点3が見えるはず。富山は前節を見ても最後まで耐えきれない。鳥栖 勝利

熊本vs東京V
 どういうわけか熊本は東京遠征だと3戦3勝なのだが、ホームではどうか。千葉戦は不運だったので、立て直しは可能。だがヴェルディがものすごく強い。それも外部の問題が逆に結束を生んでいる。守備が堅いが守備的なサッカーではない。熊本は基本的に似たようなことを目指すのだろうが、今は攻撃で少し苦しい。東京V 勝利

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
05:15更新 | コメント(4) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

J1第19節[toto第463回]予想

新潟vs清水
 コンディションでは新潟が上回るが、清水は今季アウェイ負けなしでドローが半分以上。ヨンセン不在時に勝てていないため、勝つのは難しいと判断せざるを得ないが、終盤は勝ち点1を拾う戦いか。引き分け
(※連敗の危険性が高いタイミングだが、こういうところでしのげるチームになってるとも感じるので、耐え切って欲しい。永井は期待にこたえられるか。とにかくセットプレーで点を取り、取られないことが大切。)

G大阪vs鹿島
 鹿島は中断明けアウェイ3試合目だが、2試合とも2失点している。カウンターで最近点の取れるガンバは、疲労のある鹿島の中盤に対して効率よく点を奪う術を持ってる。途中から宇佐美を出すのも面白い。連勝中の勢いを買う。G大阪 勝利

浦和vs仙台
 どっちも危機感が募っていて、どういう展開になるか予想しづらい。互いに先制点を取れないのが難しい状況を作り出している。本来は仙台がしぶとく守ってカウンターで取るという意味でハマりやすいスタイルだが、今は噛み合っていない。久々の埼スタなのもどうか。かといって浦和は決め手に欠ける。欠場者も多い。引き分け

横浜FMvs山形
 ここ2試合ブロックを作るようになったマリノスは、我慢してセットプレーというスタイルを見いだしつつある。山形には今季2試合ともそれで1-0と勝利しているだけに、山形は研究してそうさせまいとしてくるだろうから、スコアレスでの引き分けも視野に入れたいが、スタイル変更で自滅しないと判断。横浜FM 勝利

川崎vs名古屋
 川崎はこの試合に懸けているが、去年の鹿島戦と似たような雰囲気か。ホーム2連戦で2戦目が首位相手。仮に先制出来たとしても本来の戦い方に持ち込めるかどうか未知数。名古屋への相性はすごくいいのだが、アウェイで抜群の強さを見せる名古屋は、今の勢いだとそうそう負けない。引き分け

湘南vs京都
 17位と18位。前回は湘南が守り勝ちだったが、ホームだし必ず勝たないといけないので、どこかで点を取りにいかないといけない。その分リスクもある。ディエゴ不在の京都は逆に前線がスムーズになる可能性もある。これだけ得点が取れない時は、ふとしたことから入る。地味な試合。引き分け

磐田vs神戸
 危機感募る磐田だが、ジウシーニョFWなどで活路を見いだしたい。前回はアウェイで3失点と完敗した相手だが、ナビスコではやり返している。アウェイで勝てない神戸は大久保も厳しい状態ということで、難しい試合に。磐田 勝利

C大阪vsFC東京
 2回目のキンチョウスタジアム。芝の状態が懸念されるが、ポゼッション志向の東京にも影響はある。このところ相手が引いていてドリブルのスペースを消されたり苦戦しているが、守備が粘り強く耐えて結果を出している。今回はもう少しやりやすくなりそう。FC東京は大黒次第。守備が堅いので引き分けも視野だが、セレッソが調子を維持しているのを評価。C大阪 勝利

広島vs大宮
 広島は前節見る限りコンディションが悪い。メンバーの入れ替えで流れを変えたいところだろうが、大宮はここ4試合2勝2分け。李天秀も良さそうなので、ホームでも苦戦する。思い切って大宮へ。大宮 勝利

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
18:32更新 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

J1第18節・J2第22節[toto第462回]予想

 鹿島戦に続き、今日もアウスタへ行ってきます。今回は以前からチケ取っていたので、慌てずゆっくりです。

 今節から後半戦スタートですが、非常に危険な節です。波乱が多いかもしれません。データ、傾向からいくと下剋上が多い可能性があります。取捨選択が難しいです。
 ちなみに山形vs新潟はドローと予想したものの、山形が1-0でホーム2連勝達成。ミシェウ不在が大きかったかなと。内容的には五分五分のような感じだったけど。

清水vs横浜FM
 今年3度目の対戦、清水の1勝1分け。清水ホームに限るとドローが多いカード。
 鹿島に勝った清水がホーム2連戦で結果を出せるかどうかが問われる一戦となる。マリノスも今季連勝が2・3節の一度しかなく、勝った後が続かずに低迷しているだけに、今度はどうかというところ。
 清水は4試合失点が続いている一方、マリノスは勝った試合がいずれも1-0。攻撃面では清水が上回ることになるだろう。ただマリノスの守備陣は大崩れしない上、鹿島戦のあとでどうしても中だるみが起きてしまう。バランスを保ったまま攻撃できるかどうか不安がある。両チームとも攻撃面でセットプレーを得意としており、これが勝負の分かれ目。堅い試合になり、首位チームは苦戦する気がする。引き分け
(※J'sの前島氏、そしてエルゴラの飯竹氏。いずれも「清水の悪い癖」をよく分かっているからこそ、警鐘を鳴らす記事を書いていた。要するに「やらかす」タイミングなのだ。ここは。今年はアクションサッカーになったので、その確率も下がってきたとは思うが、鹿島戦に勝った後、もう一度ホームでするというのが、気分的に乗るかどうか。我々がそういう雰囲気を作らないといけない。

 マリノスは今季シュート数がトップだし、能力の高い選手は揃っているが、それが得点力アップに結び付いていない。今回の布陣を見ても、もったいなさを感じるくらいだが、前節から松田が先発に入って、まずは守備からという意識付けがされたことは、清水にとって厄介だ。彼らには俊輔の左足という頼れる武器があり、セットプレーで1-0という展開も十分あり得るからだ。ベンチにも強力な駒がおり、どういう展開でも対応できる。

 したがってエスパルスとしては、鹿島戦と同じような試合を目指すことが前提だが、リズムが出来ない場合にしっかり我慢すること。中盤がサポートに入ってボールをキープしながら、じっくり攻めることだ。こちらにも交代カードはある。

 例えば逆に早い時間に点を取れたとしても、ホッとしてしまう危険性もあるし、気の抜けない90分間になるだろう。マリノスタウンで大勝したことで、相手に対してのイメージは悪くないだろうが、中澤と栗原がいなかったチームと比較しても仕方がない。マリノスも首位いじめとばかりに掛かってくる。焦らずに戦うこと。それが勝つための条件だ。)

神戸vs湘南
 今季3度目の対戦だが、リーグ戦では2-2、消化試合のナビスコでは3-2と打ち合いに。
 浦和戦の神戸は10人になってはっきりしたという典型例だったが、前線にスピードのある選手を置いた速攻が一番いいということにもつながった。そこで都倉と茂木がいない今回、イ ジェミンという秘密兵器を使ってきそうだ。最終ラインから中盤にかけては読めないが、今度こそ連勝をと鼻息は荒い。かたや湘南は非常に苦しい戦いが続いており、テコ入れしてきそうだが、どこまで変われるか。
 神戸は今季ホーム2連戦が2回もあったが、いずれも初戦を取って次を落としている。ただ相手が強豪という事情もあった。今回の湘南は平均ボール支配率が最下位のチームで、神戸にとっては持たされて難しい試合になる可能性が高い。今年は50%を超えた試合で勝っていないというデータもある。だが、湘南のボールの失い方、あるいはプレスの掛け方が非常に緩く、軸になっていた永木が出られないのも痛い。湘南が極端に引かなければ、神戸は何度かカウンターを仕掛けられるので、さすがに…と予想。神戸 勝利

仙台vsG大阪
 前節の仙台は久々に先に失点して、とうとう取り返せずに終わってしまったが、失点は1に抑えているし、あとちょっとというところからなかなか勝てない。先発はあまり変わらないが、赤嶺や三澤らを使ってうまく点を取りたい。ガンバは3連勝中だが、守備をしっかりしながら攻撃するという形が機能している。最近はポゼッションも高くない。
 仙台は続けてホームでやれるということで、どういう展開であれ今回は勝ちにこだわれる。相手がビッグクラブということでいい試合もできるだろうし。ただガンバがポゼッションにこだわりを見せていれば、カウンターが効果的なのだろうが、そういう展開にならないかもしれないのが難しいところ。仙台はこれだけ勝ってないので、先制しても追い付かれたり、ガンバが点を取ることは計算できる。ただ今回はそういう展開でも粘ると予想したい。ホームの後押しで逆転まで行けばなお面白いが、ガンバもしぶとくなってるので。引き分け

鹿島vsFC東京
 昨年は鹿島の2勝。今年は1-1のドロー。
 鹿島はマルキが戦線を離脱したが、味スタでの対戦時もマルキが欠場していて、追い付いてからひっくり返せずに終わった。前節は清水に押されたということで、1試合で立て直してくる力はあるが、気になるのは小笠原の調子が良くないことか。マルキとの相性が良かった野沢も威力が減るかもしれない。
 FC東京はいい内容ながら決められないという状況だが、反転攻勢をかける意味できっかけにしたい一戦だ。大黒と平山の関係は悪くないが、梶山の怪我は気がかりだ。
 FC東京のモチベーションは高いし、鹿島のコンディションがいいとは言えないので、拮抗した試合も考えられる。失点数はほぼ同じなだけに。ただFC東京は点を取れていない中で、名古屋戦であのような負け方をしたので、リスクの掛け方が難しい。中途半端になって最後にやられるのではないかと。鹿島 勝利

名古屋vs浦和
 前回対戦は5月だが、闘莉王不在の名古屋が3バックの奇襲で仕掛けたものの、浦和が逆転で下した。原口が去年、今年と名古屋戦で結果を出している。
 名古屋は中断明け4勝1分けと好調。メンバーが固まってきた。FC東京戦は内容的には負けだったが、最終的に勝つところに以前の浦和のような勝負強さが備わりつつある。それを浦和がどう攻略していくかだが、この2試合は数的有利を生かせずに自滅している。さすがに3試合続けては考えにくいが、どう点を取りにいくのか。
 今回も浦和がポゼッションでは上回る展開だろう。点が取れていないので、あえて守備的に入る可能性もあるが、そうだとしても名古屋は焦らないと思う。アウェイと比べてホームで勝ち点を取り切れていない名古屋ではあるが、パワーサッカーで押し込むと予想したい。名古屋 勝利
 浦和が勝つなら最初にいいプレスを仕掛けてエジミウソンの1点。それをしぶとく守ってカウンターと割り切った時だろう。チャンスがないわけではないが、割り切れるかどうかだ。

大宮vs磐田
 前回対戦は1-1のドロー。このところ渋い試合が多い。
 2連勝の大宮は、補強も完了して巻き返しを図る。特に李天秀はかなり調子がいいようで、相手にとってもいきなりで面を食らう可能性はあるだろう。ホーム2連戦とはいえ、熊谷のあとのNACKなのであまり参考にならない。磐田は悪いとは言えないが、詰めが甘い。アウェイで点が取れないのは苦しい。特に前田が沈黙している。
 大宮は戦い方が固まってきた印象で、戦力も整ってきたのでこれから面白いと思う。大宮も磐田も繋ぐところは繋ぐので、ミスの多い方がカウンターで苦しくなるが、内容的には拮抗するだろう。ただ李天秀にちょっと賭けてみたい。大宮 勝利

京都vsC大阪
 今季は1勝1敗で3戦目。京都が勝った試合は3バックで臨んでいた。相変わらず打ち合いが多いカード。
 とはいえ京都は5試合ノーゴール。前半はずっと無失点で乗り切っているのだが、後半まで集中力が持たず、失点してからは切れたままになってしまうようだ。ただ、西京極2連戦。前節はブーイングも浴びて嫌な雰囲気になっているし、そろそろ点を取って奮起しそう。ディエゴがトップにいることで、前線の効率化を図っているようだ。ただ、セレッソは意外だがリーグ最少失点、それで点も取れるチーム。アドリアーノが戻れないのは痛いが、ボランチ2人のミドルやセットプレーでこじ開けられるのが強みであることを考えれば、京都は耐え切れないと予想。京都が勝つまでにはまだ段階を踏むのではないか。C大阪 勝利
 セレッソは川崎戦のようにジリジリした展開で終盤足が止まるというのが嫌な展開だろうが、ピッチの状態は金鳥スタよりいいはずなので、ドリブラーで何とかしたい。

川崎vs広島
 昨年の7-0が記憶に新しいが、今年の対戦でも3-0と川崎が勝利。広島は埼スタに次ぐ鬼門突破を狙う。
 川崎はギリギリの戦いを続けているが、ホームでは等々力劇場2つで勝ち切れている。レナチーニョの問題はあったが、森を先発に戻し、攻撃的にシフトチェンジしそうだ。それですぐ守りがばらけることも考えられるのが川崎だが…。広島はようやく山岸が戻ってくるが、ストヤノフが出られるか分からない。アウェイではしぶとい試合を続けているが、不安要素は多い。
 川崎の快勝、川崎の辛勝、引き分け、広島が耐えきって勝利と4つ選択肢が浮かんだ。特に広島はアウェイでそれほど悪い成績じゃない。鹿島にもドローに持ち込んだし、浦和には勝った。去年の悔しさもあるので集中してくるだろう。ただ、そろそろ川崎の攻撃陣が目覚める頃でもある。広島キラー・黒津の存在もあるし。慎重に入れば分からないが、ガンガン行くのではないか。川崎 勝利

栃木vs大分
 栃木覚醒のきっかけを作った相手でもある。大分は1つ勝ってどこまで変われるのかまだ未知数。河原も途中から出るだろうが、成熟度は栃木が上だ。栃木 勝利

千葉vs熊本
 開幕戦以来。熊本はアウェイで勝ち点が取れるチームでしぶとい。最後尾に南がいるのも大きいと思う。藤田を途中から使うなどうまくやり繰りしそう。フクアリで千葉が強いのは分かるのだが…。引き分け

岡山vs徳島
 去年岡山はホームで徳島を破った実績があるが、今回はどうだろうか。守備面は悪くないが、実力的には徳島を選びたい。徳島 勝利

水戸vs岐阜
 水戸は岐阜にあまり相性が良くない。岐阜は熊本戦で得たような手応えをそのまま発揮すれば、ゾーンディフェンスが機能する。岐阜 勝利

甲府vs福岡
 大事な試合になる。開幕戦で落とした甲府としてはリベンジのチャンス。片桐も戻ってくるので万全の態勢だろう。福岡は田中佑が使えないものの、守備は計算できる。ただ最近の点の取り方はセットプレーばかりで、流れでは崩せていないのが気になる。甲府が上回りそう。甲府 勝利

富山vs草津
 草津は絶好調だが、2人出場停止で入れ替わる分バランスが悪くなりそう。富山はホームだし、このところ負けた試合の後勝てているので。富山 勝利

北九州vs横浜FC
 波乱が起きるとは考えづらい。最近の横浜FCは内容的にも悪いとは思わないし力もついてるので。横浜FC 勝利

愛媛vs
 柏は1つ負けてスッキリしたんじゃないか。愛媛がこのところよくないのできっかけにできる一戦だろう。柏 勝利

東京Vvs札幌
 ヴェルディの守備は堅い。千葉に負けた以外はこのところずっとドロー以上。札幌は安定感がない。純平がいないのは痛い。東京V 勝利

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
02:04更新 | コメント(4) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

J1第17節・J2第21節[toto第461回]予想

 もうすぐ清水へ出発します。その前に予想を。清水vs鹿島にはプレビュー書きました。こちら。
http://spocafej210003.seesaa.net/article/158682405.html

清水vs鹿島
 昨年は鹿島の1勝1分け。通算ではほぼ五分。
 得点も失点も多い清水に対し、鹿島は得点が多くて失点がまずまずの少なさ。バランスでいえば鹿島の方が上回っているかもしれないが、アウェイでの試合は久しく完封がなく、激しい試合が予想されるので打ち合いの可能性が高い。
 そうすると清水の攻撃力が本物かどうかだが、ある程度打ち合っても戦える力はあるとみる。去年のホームゲームでは2点先行されながらも追い付いているし、今年の戦術が勝ち切ることをメインにしているのだから、それを実現することはできると判断したい。磐田戦は肩入れし過ぎたのと、相手がいい戦術を取ってきたのが大きいが、鹿島であれば自然体で臨める。清水 勝利
 何が起こってもおかしくない試合なので、totoはトリプルもありだろうけど、勝負させてくれ(苦笑)。

大宮vs湘南
 暑い暑い熊谷での試合。対戦は久々だろう。
 大宮にとってはここ2試合ポゼッション型との対戦で、本来の研修を発揮しやすい状況にあったが、今回はそうはいかない。大宮がポゼッションすることになる。その中から攻撃していく戦術を鈴木監督は浸透させている最中だが、まだ満足にとは言えない。村上が出場停止、ラファエルの点はセットプレーだったことを踏まえると、いくら6失点した湘南相手とはいえ不安だ。湘南とすれば今月直接対決が多いが、そういう対戦ではしっかり勝ち点を取っているチームでもある。内容的にはどちらも煮え切らない試合じゃなかろうか。引き分け
 湘南の勝ちはさすがに推せないが…。

京都vs新潟
 このカードは京都が好相性なことで有名。西京極では無敗で、新潟にとっては鬼門になっている。
 秋田監督3試合目で、そろそろ成果が出始める頃かもしれない。システムも変えてきそうだし、メンバーもそろそろ見定めが出来るころ。4試合得点なしなので、そろそろ1点という気もする。ただナビスコで新潟に圧勝したのはあまり関係ないだろうし、いきなり内容も結果も出すのは容易でない。新潟としてはやりにくい試合になるとは思うが、中断明け全試合で点も取れているし(取られてもいるんだけど)、攻撃的に戦う姿勢を失わなければ、優勢に試合を運ぶことはできるはず。今季はアウェイでの勝ち点が12とまずまず取れているのも後押し。新潟 勝利
 ここで鬼門打破できないなら、本当に鬼門なんだろうね。

仙台vs横浜FM
 対戦は05年の天皇杯以来。
 勝ち切れない仙台はついにテコ入れを決断。CBとボランチの変更で、守備陣を刷新した。点が取れ始めているだけに、戻ってくる渡辺が引き締めれば勝つ確率は高まってくる。マリノスは試行錯誤を続けている状況で、メンバーもまた変わるが、どうも適材適所に見えない。戦術上、この試合でも支配率では大きく上回るのだろうが、シュートが入らない悪癖を見せてしまいそうな気がする。そうすると仙台の速攻が効く。川崎戦のような2-0からの逆転負けはそう起きることではないので、引き分け以上には出来そうな気がする。あとは勝てるかどうかだが、今回は守り切っての勝ちにしたい。仙台 勝利

山形vs磐田
 今年のナビスコでの磐田圧勝は驚きだったが、去年のリーグ戦では山形が2勝、9得点している。
 最近の山形は少し攻撃的になったのだが、3試合無得点。田代がいない2試合で点が取れておらず、不安が残る。長谷川は出続ければ点を取る日が来るだろうが、田代ほどの爆発力がない。ただ前回対戦で機能しなかったシステムを今回は機能させてくるはずで、そうするとサイド攻撃で点を取れるかも。磐田は右サイドからやられるので、山形得意の左からのクロスは通用する。磐田は内容が悪くないといいながら勝てず、セレッソ戦で完敗してしまった。セットプレーでの失点が多いので、ガンジンの復帰は大きいが、ジウシーニョが外れるかも?とか、未知数な部分が多い。
 ナビスコの時のような凡ミスさえなければ、山形のシステムは機能すると思う。引き分けと迷うけど…山形 勝利

広島vsG大阪
 去年は2戦とも2-2のドロー。このところ広島は負けていない相手。
 広島はセレッソに大敗してから好調だが、中島の不在が痛い。代役が誰になるかは微妙な状況だが、バランスを取れるかどうか。そして何よりもホーム2連戦だということ。京都には我慢して勝ち切ったが、ガンバは通常と違ってカウンターに活路を見いだし始めており、同じように攻めあぐねる可能性もある。ガンバとすれば速攻から2トップや宇佐美のスピードを生かして点を取り、後半は武井や山口を入れて逃げ切ることまで視野に入れているので、かなり勝ちにこだわってきそうだ。広島は苦戦する。G大阪 勝利

C大阪vs川崎
 新スタのこけら落とし。攻撃的なチーム同士で楽しみな一戦。07年の天皇杯以来の対戦。
 どっちも前線の個の能力が高く、ドリブルで相手ゴール前へ攻め込むという似たスタイルだ。セレッソは中断明けアウェイで4試合を戦いながら圧倒的な攻撃力を見せており、この試合も期待できる。ただ報道だと新スタにまだ慣れていない様子なのが不安。川崎はまだアウェイが苦手なままなので、今回も苦戦しそうだが、ジュニの復帰で点が取れるというのが大きい。守備から入るとは思うが、仮にアドリアーノが欠場してもセレッソの攻撃を抑え切れないと思う。打ち合いで面白い試合になりそう。引き分け

神戸vs浦和
 去年は1勝1敗、夏場の対戦で神戸が勝利。今年はナビスコで一度対戦し、浦和が勝利。都倉がPKを外した試合。
 神戸の試合を見ていると、以前と比べてカウンターで多くのチャンスが作れるようになっているので、そこは神戸らしさが出ていると言えるが、簡単に失点しているのが良くない。鹿島戦は力の差があるだろうが、ガンバ戦はもったいない試合だった。ただポゼッションをゴールにつなげられていない浦和が相手なので、ゾーンでしっかり守りながらカウンターを狙える数少ない相手でもある。同じタイプのマリノスに今季内容で上回っていることを考えれば、優位に試合を進められると思う。問題は勝ち切れるかどうかだが、ポポの出場停止は痛い。ただその分大久保が奮起すると期待したい。浦和は宇賀神とサヌの左サイドが機能すると面白いが、全体的に少し停滞している。京都戦は相手のミスがあったから4点取れたが、今回はそうはいかない。神戸 勝利

FC東京vs名古屋
 去年はFC東京の3勝1敗。ダヴィの移籍時期と重なり、名古屋の調子が最悪だった。今年はナビスコで一度対戦があり、2-2で終わっている。対戦成績は五分。
 まずは東京が連戦続きだということで、コンディションでは分が悪い。ただ、スルガ銀行杯ではPKとはいえ勝って終われたので、気分的には楽になっている。そしてその試合で頑張った石川、平山にチャンスが与えられそうで、ようやく大黒・平山の2トップが見られそうだ。これであれば役割がはっきりする。名古屋は中断明け好調を維持。布陣が固まり、ダニルソンが調子を上げてきた。
 はっきり言えば名古屋のほうが有利なんだとは思う。前も言ったが、名古屋はアウェイで強い。勝ち点18はリーグトップ。ただ、FC東京はホームでずっと引き分けの試合ばかり。勝てていない印象が強いが、この試合には鹿島や清水との試合も含まれている。過密日程も含めて名古屋は勝てるんじゃないかという期待が混じって戦うので、足元をすくわれるかもしれない。大黒は闘莉王や楢崎相手でも点を取れる選手。引き分け

札幌vs北九州
 札幌は千葉戦のあと連敗で、結局また下降線をたどっている。FWも足りていない。内村、岡本、古田に純平と前目は面白そうではある。最終ラインがようやく揃うのも大きいが、北九州相手にロングボール1本でやられるとかありそう。引き分け

横浜FCvs岡山
 好調なのは岡山のほうだ。ただ横浜FCは2トップに戻すようだし、前節も勝ってもおかしくない試合はしているので。岡山は複数点を取れるチームではない。横浜FC 勝利

大分vs富山
 前回は大分が勝ったが、状況は深刻。よくなる気配がないという。富山は前節ホームで逆転勝ちし、メンタル的にもいい状態。富山 勝利

vs東京V
 柏はちょっと足踏みが続いているが、11人で戦うことが出来れば、ホームなので負けることは考えにくい。林、新外国人のホジェルなど選手層をうまく使って勝ち切りたい。ヴェルディは甲府戦でギリギリの中よく守ったが、2戦続けてとなるとかなりしんどい。柏 勝利
 徳島戦で柏は負けると思ったんだが、あの試合でも負けないとなると…。

岐阜vs熊本
 岐阜はいい時もあれば悪い時もあり、不安定な印象否めず、田中の出場停止で最終ラインに不安。熊本は負けた後のリバウンドメンタリティが今年はある。アウェイでもそこそこ勝てている。熊本 勝利

福岡vs愛媛
 愛媛は大ナタを振るう可能性まであるようだが、現実的にどこまでやれるか分からない。ただ、かといって福岡も状態が落ちてきた。2週間空いてどこまで持ち直したかだが、中町が戻るので何とかカバーできるか。ホームでの愛媛戦は相性がいいので、そこも考慮するが、ドローも覚悟。福岡 勝利

徳島vs甲府
 徳島は柏戦で勝てなかったが好ゲームをしたので、それを続けたい。ホーム2連戦だが、相手が強いのでモチベーションは落ちないし、柏に比べれば守備力も落ちる。甲府は片桐の怪我が痛い。前節はツキもなかったので内容が悪くなったわけではないが、流れが悪い。徳島 勝利

草津vs栃木
 草津が今すごくいいサッカーをしているので、その流れで押し切るかもしれない。本来はポゼッションの相手に対して栃木のゾーンディフェンスからの速攻は機能するはずなのだけど。草津 勝利

鳥栖vs千葉
 千葉のアウェイでの成績はやはり気になる。大分戦は相手が悪すぎて参考にならない。鳥栖はホームで負けなしで来ていることを考えると、千葉は苦戦する。あとは鳥栖が勝ち切れるかどうかだが、思い切って勝ちにしたい。鳥栖 勝利

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
09:10更新 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

J1第16節・J2第20節[toto第460回]予想

 毎度毎度予想が遅くてすいません。最近はずっとこの時間ですが。
 昨日の試合は札幌が勝つ気がしたのですが、岡山がホーム2連勝。上がってくる気配です。
 J'sGOALのJ2勝敗予想を忘れ、軽くショックですがまぁしょうがない。totoで頑張ります。

湘南vs清水
 3月にナビスコで対戦したが、1.5軍と2軍の対戦で最終的に勝った感じだった。公式戦では清水の全勝らしいが。
 湘南は連敗しているが、FC東京、名古屋と強いチームにもある程度通用してる部分もあり、追いかける展開から1点返しているのも悪いことではない。ただ先に余分な失点をしているので、そこが課題。清水は点が取れているが、失点をどう減らすか。メンバーがまだ変わりそうなので、バランスに気をつけたい。
 湘南は名古屋戦で珍しく相手より支配率が上回ったが、今回は清水のほうが支配することになるだろう。都築を中心に湘南は守り続け、速攻から点を取れるかどうかだが、清水はアウェイで2勝5分け、下位の京都にも勝ったが先に2点リードされており、今回も内容面では苦戦すると思う。ただ悪いなりに、今は点が取れる流れなのでしのぐと予想。清水 勝利
(※辻尾が罰でベンチ外になる。これから真の優勝争いをしていく上で、また次に鹿島戦を控える時に、少々の緩みも許さないという健太監督らしい決断と言えるが、こういう時に限って怪我人が出てくるもの。急きょイチが先発復帰しそうだが、サテで見た限りはもう大丈夫な感じもあったので、経験もあるしそこまで心配はしていない。

 問題はアンカーが変わることだ。タクの代役はいないに等しい。真希が今季アンカーをやった試合はちょうど湘南戦ということで、感覚がつかめているのは好材料だが、バランス面では苦慮するだろう。

 湘南は言われるほど内容的には悪くないし、速攻からチャンスも作れている。それに反町監督の徹底したスカウティングで、セットプレーにしろサイド攻撃にしろ、マークされるのは当たり前。持たされて崩しきれない展開というのは想像がつく。そういう中でも取らないといけない。今季は幸い、ジュビロとのダービーを除いて下位チームには勝っているが、アウェイでの試合が少ないだけに、今回は快勝とか内容で圧倒という試合は期待できない。その点、不満足になって終わるかもしれないが、とにかく連勝して次に進めばいい。総力戦だ。)

浦和vs大宮
 さいたまダービー。浦和ホーム開催に限っていうと大宮のほうが相性はいい。
 京都戦の浦和は快勝したが、浦和の強さで勝ったかというとそうではなく、相手の自滅に漬け込んだ試合だった。そう考えると集中力が非常に高い大宮に対して、そう簡単に点を奪えないだろう。大宮は勝利まであと一歩というところまで来ているので、ダービーで勝って流れを変えるチャンスではある。
 おそらく浦和が一方的に攻める展開になるが、大宮はマリノス戦でロスタイムに入るまでは耐えていたので、ロースコアの展開か。大宮がもう少し迫力あるカウンターを繰り出せれば、去年の再現もと言えるが、点の取り方がまだ見つかっていないので、浦和の守備もそんなには崩れない。引き分け
 連戦なので、カギは交代出場選手。

鹿島vs神戸
 去年は神戸がホームで鹿島を倒したが、それまでの相性は圧倒的に鹿島。
 鹿島は2連続ホームゲームだが、新潟戦は相手の攻撃的な戦いに押されて先制され、逆転したが逃げ切れなかった。ただ神戸はそれと同じ戦いはしないと思われる。最近は点が取れていて内容も上向いたが、失点がまだ減らないし、大久保が出場停止。三浦監督のことなので守備の強い選手を置いてくるだろう。それは鹿島の思うつぼになってしまうだろうが…神戸がターンオーバーを敷いたことで、運動量では劣る可能性もあるが、基本的には鹿島の優位動かず。鹿島 勝利

横浜FMvs名古屋
 名古屋は日産であまり勝ってないようで。唯一勝った試合は観に行ったことある。
 マリノスは結局大宮戦で勝ち切れず、またも連勝を逃した。勝ち点1を拾ったとも言えるが、モヤモヤ感は残る。今回はどういうメンバーか分からないが、劇的に点の取れるチームになるとは思えず。逆に名古屋はメンバーが揃うと強いという印象。
 どっちも代表クラスの選手がいて、拮抗した試合にはなると思う。ただ詰めの甘さという意味ではマリノスにありそうで…小野が途中から出て仕事をするとか、そういうのも考えられるけど、名古屋は今季アウェイでの勝ち点がトップ。力でねじ伏せにかかる。名古屋 勝利

新潟vsFC東京
 ナビスコではメンバー的に厳しかったFC東京が勝利している。
 新潟は4-4-2に戻す見込み。リーグ戦9戦負けなしで来ているが、点が取れているし主導権を握る時間も長い。アウェイ2連戦を1勝1分けで乗り切っており、かなり状態はいい。一方のFC東京はなかなか連勝が出来ずにいるが、ターンオーバーしてきそう。新潟に勝った時に活躍した高橋や椋原を起用することで流れを変えたいのかもしれない。
 新潟には外国籍選手がいるし、FC東京もポゼッション志向ということで、主導権争いが激しくなるだろうが、梶山と大竹、リカルジーニョがベンチスタートになるFC東京は少し守る時間が増える可能性がある。点取り屋の大黒で1点は計算できるので、耐えて勝ち点を拾う展開か。新潟は攻めあぐねるかもしれない。引き分け

磐田vsC大阪
 06年以来の対戦。ホームでは磐田に分がある。
 磐田は1敗2分けで来ているが、内容は別に悪くないので、ホームに戻って仕切り直し。前田も調子は悪くないし、サイド攻撃もできている。あとはつまらない失点をなくすことか。セレッソも攻撃陣が戻り、マルチネスが先発ということでタレントが揃う。
 打ち合いの予感がする。どちらも攻撃志向だし。ただセレッソはボランチをブラジル人コンビにすることで守備に不安が生じる。その分だけ磐田。磐田 勝利

G大阪vs山形
 年一の金沢開催。去年は名古屋に逆転負けを食らったガンバだが、山形には去年1勝1分け。
 ドロー、勝ち、負け、勝ちとまだ安定しないガンバだが、カウンター気味の攻撃から点を取ることはできている。コンディションによって選手を使い分けているので、同じメンバーによる疲労感は考えづらい。山形は川崎戦で耐えてドローだったが、セットプレーからのチャンスが入ってれば狙い通りだった。
 田代が出るかどうかがポイントになる。彼がいるといないで得点力が全然違うし、ガンバは結構サイドからもやられるので。消極的な予想で、宇佐美や平井の調子を買う。G大阪 勝利

広島vs京都
 去年は1勝1敗。ただし広島ホームでは広島負けなし。
 広島は仙台戦で何とか勝ち点1を拾って戻ってこれるので、ポジティブな状態。メンバーも戻すだろうし、現状のベストで戦うはず。問題は京都がどういう戦いをしてくるかだが、前回は時間がなさすぎたのでボロ負けした。秋田監督のやりたいことが中3日でどこまで浸透するかにもよるが、守備を徹底してくるかもしれない。
 ただ広島はそれをかわして攻めることが出来るチームだし、セレッソに大敗して目が覚めた状態は続いていると思うので。広島 勝利

川崎vs仙台
 天皇杯以来の対戦。等々力では川崎負けなしのカード。
 田坂の出場停止は、最近かなり頑張っていたので痛いところだが、ジュニーニョを先発に戻してブラジル人トリオ+黒津で攻勢に出る構え。失点は減ってきたが点が取れないのでこうするのだろうが、今度は逆に間延びする可能性も残る布陣だ。そうすると仙台のカウンターが威力を発揮しかねない。勝てていないのでナーバスになっているし、等々力劇場もあるので仙台の勝ちは難しいが、粘ってドローに持ち込むかもしれない。天皇杯で勝っている自信もある。引き分け

栃木vs横浜FC
 栃木は負けると5連敗。甲府戦で点が取れてるように悪くはないので、アラートに戦えれば。ただ横浜FCも一戦も落とせないと本気で戦うので。引き分け

甲府vs東京V
 甲府にとっては難しい試合になる。ヴェルディは守備が堅いのであまり点は取れない。それにパスワークで崩してくるので、思うように仕掛けられないんじゃないかと。ホーム2連戦でもあるし。引き分け

千葉vs大分
 巻をいい形で送り出すためにも負けられない試合だが、相手の大分には幸い相性が非常にいいし、このところ勝ってない分緊張感もある。緩むことはないはず。千葉 勝利

富山vs岐阜
 どちらもチーム状態が微妙で読めないが、こういう時はホーム寄りか。富山はホームではある程度勝ち点取れるし、熊本戦で落とした分取り返す。富山 勝利

愛媛vs鳥栖
 愛媛は点が取れないし勝ち切れない。実力は鳥栖のほうが上。鳥栖 勝利

北九州vs水戸
 前回対戦は北九州が押してのドロー。補強で攻撃陣に変化が出てきた北九州のほうが良さそう。水戸は中止になった試合の内容が良かっただけに、流れを引き継げないのが痛い。北九州 勝利

徳島vs
 徳島に期待したい。前回の大敗は忘れていないだろうし、柏はここ2試合ドローで来ている。菅野の穴は桐畑でも埋まるところを見せたが、徳島の攻撃力は侮れない。思い切って柏初黒星を予想。徳島 勝利

熊本vs草津
 草津の試合を少し見たが、ポゼッションが抜群によく(点に繋がっているとは言えないが)、中断前とは違う。熊本も内容が上がってきたところなので激戦。引き分け

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
11:59更新 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

J1第15節[toto第459回]予想

 こんな時間なので、すごーく簡単に。

清水vsC大阪
 点が取れるようになって、今回はDFも入れ替えたし、ホームの力を借りて勝ち切るべし。セレッソは守備的な布陣なので、家長は怖いが総合的な攻撃は落ちる。清水 勝利
(※いいから勝て。勝つんだ。そういう試合。あとはつぶやきますんで。)

仙台vs広島
 またホームでやれるのは大きい。関口も戻ってきてるし、広島への相性も悪くない。ただ広島はアウェイで耐えれるチーム。浦和戦以上に苦戦しそうだが踏ん張るんじゃないか。引き分け

鹿島vs新潟
 引き分けはなさそうな試合。新潟が勝負に出た。これは素直に拍手を送りたいし、鹿島には守りを固めても勝てないことは実証されているので、このチャレンジはあり。去年2勝してる相手なのでチャンスはあると思う。ただ1ボランチはできれば本間にしたかった。出場停止が痛い。鹿島 勝利

山形vs川崎
 山形はセレッソ戦を特に気にせず戦ってくると思うし、修正はしてくる。川崎はジュニがベンチにいるのは大きいものの、内容的に良くなったわけじゃない。アウェイでの戦いには不安あり。山形 勝利

大宮vs横浜FM
 リーグ戦に限ってはまだホームでのマリノス戦無敗継続中。勝てていないので集中力は高く保つだろうし、マリノスは勝った後の中だるみ心配。暑いけど堅い試合だろう。引き分け

FC東京vs磐田
 開幕勝ってからホームはドローばかりだが、国立で気分転換。大黒が取ったのが大きいので乗ってくる。磐田も別に悪くはないんだけど…FC東京 勝利
 赤嶺は果たしてまた点を取るのか。

名古屋vs湘南
 瑞穂2連続でごり押しの展開だろう。湘南の守備はそこそこ戻ってきてるが、あまりにも個の力が違う。変に名古屋が温存したりすれば分からないが…名古屋 勝利

京都vs浦和
 連敗同士、特にホームチームは周辺が騒がしい。だがこういう時に火事場の馬鹿力が出るもの。浦和も同様に今回こそはという感じになるので打ち合いじゃなかろうか。引き分け

神戸vsG大阪
 ホーム2連続ではあるが、内容的に標準という感じの大宮戦のあとでモチベーションが高い試合をやれるのは大きく、好調・大久保がガンバ戦で良く点を取っている。ガンバはまだどうも安定しない。神戸 勝利

人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
にほんブログ村
タグ:toto 予想
18:47更新 | コメント(2) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

J1第14節・J2第19節[toto第458回]予想

 朝寝坊した関係で、ファンサカを先にやってからの予想になりました(笑)。

名古屋vs清水
 08年以降名古屋が負けなしのカード。去年末に2度対戦して90分ではいずれもドロー。
 名古屋は大宮戦、ブルザノビッチの退場を乗り越えて闘莉王→ケネディという伝家の宝刀により勝利。ただ内容では中断前よりも上向いて、硬直化していたサッカーが変わってきたということで期待されている。清水はダービーで本来のサッカーを見せられずに終わっただけに立て直せるか。
 今年に入っての練習試合では清水が勝ったものの、参考にならない。名古屋も清水も長身選手が揃っていて、セットプレーがストロングポイントなのも同じなだけに、流れの中でどれだけチャンスが作れるか。ホームでもある名古屋のほうが攻撃的に出るかもしれないが、清水は今季アウェイで勝ち点1を持って帰る試合が多く、名古屋はアウェイに比べてホームで勝ち切れていない。引き分け

(※この試合になりふり構わず勝ち点3を獲れと言ってしまうと、問題点がぼやけてしまう恐れがあるので、それは危険。まずは自分たちがやろうとしているサッカーを貫くこと。その中で勝ち点3を狙うのがいいだろう。

 なんといっても兵働の復帰だ。彼はブランクがあろうが連係での心配もないし、ダービーで崩れたバランスを改善することが出来るだろう。これで淳吾がまた窮屈なプレーをしないか心配ではあるが、オカも含めて慣れたポジションでまずはスタートするのがいい。
 名古屋が中断前と比べて良化してきているようだし、難しい試合になるだろう。今年は13試合で5引き分けだが、ダービーを除いた4試合は全てアウェイゲーム。それも難敵ばかりだった。この試合も当然勝ちにいくわけだが、結果としてここに陥りそうな気がしている。そうすると実質的には負けなのだが…。

 ピクシーが監督になってからの名古屋には一度も勝てていない。開幕前、FC東京とともに名古屋には絶対やり返すことを目標に挙げた。天皇杯の悔しさは忘れていないか?もうピクシーのガッツポーズは観たくない。4-3-3同士の真っ向勝負で3ポイントを奪って欲しい。フィジカルの問題が指摘されるが、1つ勝てばメンタルでカバーできるものだ。気持ちを強く持って戦え。)

浦和vs広島
 このカード浦和ホームでは浦和全勝。広島は鬼門としている。
 浦和はガンバとの乱戦を最後の最後で落とした。山田直も帰ってきたし、メンバーは揃いつつあるが、守備の改善が図られるかどうか。スピラノビッチはナビスコでよくなっているのが分かったので、大きな問題にはならないと思うが…。広島は大敗のショックを振り払って迎えるアウェイゲーム。
 近年の流れでいうと、浦和はアウェイで負けて帰ってきたのホームでは、連敗出来ないという意識も働いていい結果を出せている。ただ、ホームで相性がいいとされる広島に対して、去年は圧倒しているわけではない。実際アウェイでは2戦2敗している。広島からすれば、埼スタに苦手意識はあっても浦和に意識はないはず。柏木がいるので、広島のサッカーを分かっているのは嫌な材料だろうが、サッカーの完成度では上回っている。
 浦和がポゼッションで優位に立つのは確実だが、広島はそういう時にしっかり耐えることが出来るし、マリノス戦はカウンターが機能していた。まだ勝ち点1すら取ったことがない場所であることを踏まえると、いきなり3が取れるかは微妙だが、勝ち点は持って帰るんじゃないか。引き分け

磐田vs鹿島
 03年のナビスコ以来、鹿島戦勝ちのない磐田。去年は久々にヤマハでの試合で好内容だったが、スコアレスに終わった。今年もヤマハ開催。
 先週の磐田は怪我人がいながらいい内容だったし、2点くらい取ってておかしくなかった。メンバーも同じだし、このところホームではしっかり勝ち切れているので、期待はできるんじゃないか。鹿島はジョンスの移籍を伊野波で埋めることになるが、得点力では劣っても守備力では劣らないので、あまり影響はないと考えられる。大迫も成長してきているので、メンバーによる影響は最小限だろう。
 鹿島は中断明け2試合、一方的に攻めた湘南戦と、10人になった相手と互角だった川崎戦という2つの試合を経験。しっかり勝ち切ったが、アウェイは中断明け初だし、相手が攻撃的に出てきた方が戦いやすい面を持っている。今回の磐田は4-4のブロックを敷いて、プレスから速攻、サイドへと持ち込むパターンを徹底しているし、前田が前線に控えるので苦戦するんじゃないか。グノが移籍して得点力がどうかと言われるが、前田は決して悪くなかったし成岡もいい状態をキープしている。鹿島の勝負強さは分かっているが、ヤマハでの最近の相性に期待したい。磐田 勝利

C大阪vs山形
 対戦は2年ぶり。山形が昇格した年の対戦では1勝1分け1敗。長居ではその年に負けたのが唯一の敗戦。山形には元セレッソが4人、プラス小林監督も。
 セレッソは好調な出だしで5位まで上がってきた。家長が好調を維持しているのが大きいし、新潟戦は連戦ながらセットプレーの得点を守ってドローに持ち込んでいる。ホームで取った勝ち点13は4番目にいい数字だし、攻め切って勝つことが出来ているのが好材料。
 ただ山形も仙台に勝っていいスタートを切った。システムもあるだろうが田代がきっちり結果を出すようになり、増田も居場所を見つけた。
 セレッソの攻撃を山形が受け止めてカウンターという構図だろうが、セレッソはポゼッションが高くても勝てているデータがある。そのほとんどには香川が絡んでいるわけだが、ここ2試合の戦いを考えると影響は小さいので、山形相手でも同様に通用するのではないか。C大阪 勝利

仙台vs新潟
 今季ナビスコで一度対戦があり、スコアレスドロー。新潟の状態が悪い時だった。
 仙台は関口が戻れないのが痛いところで、ダービーの後なのでズルズルいかないようにしなければならないが、攻撃陣がまだそんなに噛み合っていないようなのが心配だ。新潟は前節攻め込みながら勝ち切れなかったが、状態は悪くなさそう。
 どちらもタイプ的には堅守から速攻という感じだが、中盤から前線にかけてのレベルを踏まえると、新潟が押し込んでいく展開か。ただその方が仙台も戦いやすいところがある。勝つとすれば新潟だが、仙台の奮起にも期待したいので。仙台が本当に切羽詰まって勝つしかないような状況かというと、そこまでは感じない…。引き分け

横浜FMvsG大阪
 去年は4試合対戦、マリノスの1勝1分け2敗。
 広島戦のマリノスはひどい内容だった。それを受けて布陣を変更し、小野の初先発を含めて喝を入れてきそうだ。配置に関してはクエスチョンがつくものの、このチームは連敗が少ない。しかもビッグクラブが相手になると息を吹き返すことが多く、その先陣を小野が切ることになればチームも乗るだろう。ガンバとポゼッションでは台頭に渡り合える力もあるわけで。ガンバは浦和戦もまだ不安定ではあったが、遠藤が見事だった。ルーカス離脱は痛いが、グノも早速アシストして気分はいいはずだ。
 先にも言ったように、マリノスは「先週は何だったんだ」というような形で戦いそうな雰囲気がある。ガンバがはっきりカウンターを打ち出せば苦戦もあるが、ガンバもプライドがあるのでそんな簡単にシフトチェンジはしない。横浜FM 勝利

湘南vsFC東京
 昔からこのカードは打ち合うことが多い。最近は対戦がないが…。
 湘南はここ2戦と同じく、とにかく守るというサッカーをすることになる。だがホームなので少しは攻撃に出る時間も増やすか。それが罠になってやられる可能性もあるが、守る時間が長すぎてもやられてしまうだけに。田村の不在で中盤の引き締め役がいないのも不安材料。FC東京は前節の前半のような試合が出来れば、大きな問題ではないと思うが、運動量が落ちた後半が課題か。
 当然今回もFC東京が圧倒的にポゼッションで上回って攻めることになる。中断期間中に取り組んだショートカウンターが機能するかどうかは、湘南のブロックの位置にもよるが、湘南のミスが非常に少ないとも考えづらいので、何度かはハマるだろう。落ち着いて動かしていけば、清水戦のように最後に点を取ったりするので、優位に変わりはない。FC東京 勝利

神戸vs大宮
 去年は大宮の1勝1分け。残留争いを考えると大事な一戦になる。
 神戸は前節二面性を見せたので、どちらを取ってスタートするかがそもそも分からないのだが、攻撃的に出れば点を取ることが出来るチームと分かったのは確か。システムも柔軟性が出てきたし、三浦監督もいろいろ考えている。中断前磐田に勝ってから、ナビスコを通してホームでの相性の良さは復活してきているので期待される。一方大宮は攻撃のクオリティが低い。最終ラインをいじるという話だが、攻撃面で変化がないと厳しいように思える。そこでぶれずにやるのが鈴木監督らしいが。
 神戸がFC東京戦のように消極的にならなければ、優位だと言える。4-1-4-1採用ならばプレッシャーもかけやすいし、大宮の攻撃陣を踏まえれば守備陣もそこまで崩れるとは思えないので。神戸 勝利

川崎vs京都
 ここ2年間は1勝1敗ずつ。2年前には等々力で京都が勝ったこともある。
 川崎は中断明け勝てていないが、鹿島戦はいつも通りいい内容だった。稲本が出られないが、谷口とケンゴは長年やっているし、心配された伊藤も出られそう。そしてジュニーニョがベンチ入りするのはムード作りでも好影響。京都は湘南戦、完璧に負けパターンだった。個人技頼みの攻撃が苦しくなっていることを露呈している。今節は郭が戻る可能性もあるが、それよりも前線の配置を見直すべきだろう。
 等々力での試合だし、川島とテセが離れて3試合目の川崎はもうそろそろ結果を出さないといけない。攻撃面ではカードが増えてきたので、後ろがしっかり耐えれば。川崎が点欲しさに出ていくとやられるが、中断明けからは守備意識が高まっているので京都はやりにくいはずだ。川崎 勝利

富山vs熊本
 前節の富山は勝ち方が幸運だった。熊本のほうが攻撃面ではいいものを見せていたので、矢野が出場停止でも上回るんじゃないかと。熊本 勝利

岐阜vs愛媛
 岐阜は中断期間中の調整が良好らしい。布陣は中断前ラストとほぼ同じだが、池上が効いているというので期待される。ホームでのスタートなのは大きい。アライールが帰ってくる愛媛だが、今度は金守がいない。なかなか落ち着かないので。岐阜 勝利

福岡vs岡山
 去年ですら福岡は岡山に勝てなかった。2人出場停止だし、岡山が1つ勝った状況なので苦戦の可能性もあるが、福岡も負けたあとで引き締めてくると信じたい。福岡 勝利

札幌vs横浜FC
 札幌が長い中断明けで勝ったのは初と聞いた。千葉に勝った後のドーム。大観衆が予想される中での試合だが、今までならここで取りこぼす。変わったかどうかが問われる。横浜FCも柏に引き分けて悪くない状態だし、カイオが入って初の試合となるので激戦だが…札幌はホームで勝てないし、横浜FCはアウェイで勝てないということで読めない。千葉戦の気合を買うか。札幌 勝利

水戸vs大分
 どちらも今苦戦中。水戸は村田と遠藤が出場停止で本間もいないとメンバーが苦しい。大分はチェ ジョンハンが戻ってきてメンバーが揃う。そろそろ大分のほうが脱出しそうな気はする。大分 勝利

vs千葉
 ついに迎えた千葉ダービー。このところずっとドローが続いている。
 柏にとっては前節勝ち点2を落とした格好だが、それでも負けなかった。点も取れているし、大きな問題とは言えない。問題は千葉がどこまで立て直してくるか。やってるサッカーというよりは細かい局面の修正だろう。
 データを見てもどちらもJ1レベルなのは分かる。モチベーションはどちらも高いはずだが、柏のほうが首位で負けていないってこともあり、圧倒したくなる分スキがある。パクが不在で今季初めてCBが変わるため、守りに不安もあるし。その上で千葉の強力な攻撃陣なので。千葉も不安定だから、ドミンゲスを中心に得点は取れると思うが、打ち合いの末に千葉を推したい。千葉 勝利

東京Vvs徳島
 ヴェルディはこのところ失点が少ないし、その中で1点を取って守り切ることが出来ている。外部が騒がしい中でよくやっていると思う。徳島には相性が良く、西が丘での試合ということもあってやりやすい。徳島もよく鳥栖に勝ったが、アウェイ5連敗中。東京V 勝利
 力的には徳島のほうが上と言ってもいいんだけどね…ヴェルディは今よく頑張ってるから。

甲府vs栃木
 甲府は内容的によくなかった大分戦の後半から2ボランチにしており、今回はスタートからそうしてきそうな様子。4-3-3への相性がいい栃木の戦術をかわす意味合いもあるか。3連敗の栃木だが、この間に毎試合出場停止があってバランスが良くなかった。全員出られるし、パウリーニョも入った新布陣で臨む今節は期待できる。引き分け

鳥栖vs草津
 鳥栖は徳島戦の内容は決して悪くなく、新戦力もフィットしているので期待できる。草津もいい状態になってきたが、ラフィーニャ不在は戦術の根幹を揺るがす。鳥栖 勝利

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:toto 予想
13:30更新 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

J1第13節・J2第18節[toto第457回]予想

 本格的な予想は久々です。今日から再開。他サポの方も静岡ダービーはオレンジ支援をお願いします。

清水vs磐田
 去年は1勝1敗、代表組を欠いた今年のナビスコ杯は清水の勝利。
 清水のことは今週書いたので簡潔にするが、仕上がりはいい。永井を先発起用するが、藤本のポジション変更などでさらに威力が増す。守備面にまだ課題が残るが、その分点を取りにいくことになる。磐田はここにきて加賀、ガンジンとCBを一気に欠く。グノの代わりが成岡になるのは以前もやっていたので問題ないが、菅沼もまだ出ないということで、マイナーチェンジとまではいかない。
 1ヶ月前に同じ場所で試合をしているとはいえ、モチベーションの違いはある。ナビスコでも磐田は加賀が出なかったが、大井がまずまず踏ん張った。だがガンジンも不在で那須を下げるとなると話が違う。中盤で耐え切れなくなる可能性が出てくる。前田が健在で成岡との相性がいいことを考えれば、先週マリノスに2失点した清水の完封は難しいが、その分点を取れる。清水 勝利
(※去年の4月に屈辱的な敗戦をした。それを全員で覚えていたから8月の圧勝劇があった。今年はナビスコでまず1つ勝ったが、あれはダービーと言えるような雰囲気ではなかった。今回こそ本当のダービーマッチ。ホームでの試合、内容でも結果でも圧倒したものが欲しいと思うのは当然だ。

 健太監督は理想的な先発メンバーを選んだ印象だ。兵働も試合には出られるが、万全でないのに出す必要はない。そして淳吾がやはりCHのほうがいいと分かったことも大きい。永井の好調さがそれを生み出しているわけだが、中断前よりも攻撃力はパワーアップした。
 その分守備での課題は残る。攻めに出たい選手が多い分、どうしても攻め残りが出てくる。永井もハードワークするようにはなったが限度もあるし、淳吾も運動量で勝負する選手ではない。マリノス戦ではエアポケットに入る瞬間をやられたケースもあった。守から攻、攻から守の切り替えをしっかりやること。それが基本。成岡あたりは中途半端な位置を取るので注意が必要だ。

 磐田に怪我人が増えてきたとはいえ、その方が集中力を上げることもある。とにかく今年やろうとしているサッカーを貫くこと。その中で1点でも多く取りにいく。再開初戦らしいアグレッシブなサッカーで必ず勝利を。引き分け以下は許されない。)

大宮vs名古屋
 今年ナビスコで大宮が勝利しているが、代表組がいない試合だった。相性は名古屋が上。
 大宮は川崎を完封したが、攻撃面では低調だった。中2日でマトとか入れ替えてくる可能性はあるが、突然攻撃的になることはないだろう。名古屋の中盤3人が外国人トリオで構成されることが濃厚で、鈴木監督はそこを弱点としてプレッシャーを掛け続ける指示を出すだろう。流動性を出すように練習したという名古屋がどこまで変わってきたか。闘莉王の出場も含めて、まだ分からない点が多い。
 切り替えの部分では大宮のほうが上回れると思うが、どういう形で点を取るかイメージできず。名古屋は結局パワープレー気味になるんじゃないか。大宮の守備組織は簡単に崩れないのでロースコア。引き分け

FC東京vs神戸
 04年以降このカードFC東京は負けていない。
 FC東京には新たに大黒が入った。リカルジーニョとの2トップを選んだのはまだ謎だが、チャンスを確実に決める力は持っているし、その手前までは中断前もいっていたので、簡単に点を取れれば試合運びも楽になるだろう。ショートカウンターが機能するかもポイント。神戸は都倉頼みから連動したプレッシングへの回帰が進んでいるが、どこまで立て直したか。
 相性的に見てもFC東京が優位なのは明らかだが、特に神戸の得点源・ポポがいない可能性があるのは痛い。大久保はワールドカップでそうだったように状態はいいが、チーム全体でとなると苦しい部分もあるのではないかと。FC東京も長友が移籍した穴を簡単に埋められるとは思っていないだろうが、オプションが多彩。中村・松下ということは点を取りにいくということだろうし、真ん中の4枚でポゼッションする以上は大崩れは考えづらい。神戸は結構セットプレーでやられているのもある。FC東京 勝利
 昔は神戸戦といえば今野がゴールというのがあった。最近はないけど、去年は平松が最後に決めたしね。

山形vs仙台
 みちのくダービーは2年ぶり。2年前は山形の2勝1敗。
 山形はナビスコ期間でシステムを変え、仙台はナビスコで安定感を取り戻した。その成果が試される。ホームでもある山形は積極的にプレスを掛けられる布陣を敷くし、田代を生かすべくサポートもしっかりしている。前田が入る最終ラインもおそらく問題ない。だが仙台の守備はかなり堅くなっているので、簡単には崩せない。仙台は中島とフェルの2トップがナビスコ・大宮戦で機能していたが、相手の状況が違うので慎重に入るだろう。
 ダービーとはいえあまり点は入らないのではないかと。どっちも手堅いチームで、わざわざそれを変えてまでという雰囲気はない。仙台は関口や太田の不在を誰でカバーするかにもよるが、FWをたくさんベンチに揃えても全員使うわけじゃないし。引き分け
 スコアレスの予感。

鹿島vs川崎
 去年は川崎の2勝1分け1敗。雨で途中から別の日に再開となった試合以来の対戦。
 両チームとも1試合やったわけだが、鹿島はいつも通り。都築に何点か防がれたが、勝ちは問題なかった。川崎は攻撃の迫力不足で消化不良だったが守備は耐え切った。
 鹿島はいつもと変わるはずがないので、ポイントは川崎。レナチーニョが復帰するのでボールを運ぶ選手は増える。守備にはまだ不安があるだろうが、このチームは鹿島戦になると途端に攻撃陣が躍動し始めるので、戦力的に不利でも面白い試合になる。鹿島はホーム2連戦でやり難さもあるし、川崎の勝ち点奪取を予想したい。引き分け

新潟vsC大阪
 今年ナビスコでは新潟が1勝している。
 中断前は4連勝で終わった新潟だが、その後のナビスコも連敗のあと連勝でまずまず。代表組が戻ってきたが、キャンプに参加した選手のコンディションも良好とのことで、順調と考えて良さそうだ。セレッソは広島に大勝したが、相手が10人になった中で決めた家長のミドルが効いた。2点目が入ってからはやりたい放題だったが、あれがチーム状態かというとそこまでは思わない。
 セレッソは大勝した後なので2連続アウェイでも疲れはそんなにないだろうが、新潟は粘り強いチームなので苦労するだろう。新潟は堅守継続の中でリシャルデス、ミシェウ、ヨンチョルと点の取れる選手が揃っているので、家長好調のセレッソにも対抗できる。あとはホームで勝てるようになってきたから。新潟 勝利

京都vs湘南
 京都はこのカードかなり相性がいいらしい。
 ガンバ戦の京都はガンバシフトを敷いたとも受け取れるが、ともかく追い付いてドローに持ち込んだ。今回はどういう戦い方をするのか分からないが、湘南がブロックを作って守ることに変わりはないので、いわば「持たされる」ことになる。湘南は鹿島にだいぶ攻め込まれたが、何とか1失点でしのいだ。エメルソンとバウドのブラジル人パワーで得点を取れるかどうかということになる。
 チーム力で京都が上なのは確か。ただ堅守速攻に回帰した状態で、持たされる展開は不得手。ディエゴやドゥトラは1人で決めてしまうので分からない点もあるが、湘南が粘り強く守ったら京都が自滅するのではないか。アウェイで勝ち点1すら取ったことのない湘南だが、順位的に近いこの試合には全てをかけてくる。引き分け

G大阪vs浦和
 去年はガンバの1勝1分けだが、2試合通じて1点しか入らなかった。
 ガンバは試合を良く見ていないので分からないが、コンディションがかなり悪かったとのこと。中断明けでその状態というのは深刻だ。平井が1点取ったが、それくらいのものというし。今回は遠藤が入ってグノも控えるので少しは前への力も出てくるか。浦和は新システムの機能次第。
 どちらもポゼッション型だが、浦和が支配率で上回りそう。ガンバは京都に勝てなかったことで割り切る可能性が高い。その方がガンバは効率よく戦える。浦和の4-3-3はまだ良く分からないのだが、1ボランチで横のスペースをどう守るのか。3トップが前に行きすぎる時もあると聞くので、遠藤のいる中盤にそれは危険。G大阪 勝利

広島vs横浜FM
 去年は広島の2勝1敗。リーグ戦は2試合とも打ち合い。
 セレッソに大敗した広島はこれで目が覚めるんじゃないか。またホームで試合が出来るということで、同じような試合になるとは考えづらい。マリノスは中澤と栗原が戻って守備は安定すると思うが、攻撃面でどうか。
 マリノスが支配率で上回る可能性が高いので、広島は守る時間が長くなるが、中断前はその戦いをしていたわけで、今はその方がやれると思う。そうすると寿人がいるし、青山も出ればそこそこは活躍すると思うので縦にいける。俊輔は悪くなさそうだったが周囲との絡みが未知数。広島 勝利

横浜FCvs
 ホベルト加入で中断前に良くなった横浜FCだが、大黒が抜けてカイオが今回出られない。1トップが有力になっているが、誰が出るにしろ点を取る力はダウンしてしまう。ただホベルトを中心に守備面で粘り強く耐えれば勝機がないわけではない。柏は爆発的な攻撃よりも安定した守備が軸なので、拮抗。引き分け

愛媛vs富山
 去年は愛媛の2勝1敗。愛媛は得点が少なく、富山は失点が多い。富山が順調に調整してきた様子があるのに比べ、愛媛は情報が少ないので分からないがCB2人不在は痛い。富山 勝利

草津vs福岡
 草津は浦和に勝って自信をつけたかと思いきや、先週末は新潟に大敗した模様。ポゼッションの方向性は決まったようだが、相手が悪い。福岡は変わらないのが強み。福岡 勝利

栃木vs東京V
 去年栃木はヴェルディに3戦全敗。中断前の連敗はこの期間で払拭したと思うが、ヴェルディもそんなに失点は多くないしポゼッション出来るチームなので。引き分け

北九州vs熊本
 初対戦。北九州が点を取れるようになったかどうかだが、新戦力はベンチスタート濃厚で、基本は特に変わらない。熊本は練習試合で思うような結果が出ていないと聞くが、今年は粘り強いので。引き分け

大分vs甲府
 大分は怪我人が戻ってきてようやく態勢が整い出しているが、チェの出場停止が痛い。キム ボギョンへのマークが集中することになる。甲府はダニエルと内山がいないのはあるが、ここまで調整順調。甲府 勝利

千葉vs札幌
 2年前はJ1で戦った同士。千葉は4-3-3に戻して調整中。離脱していた茶野、ミリガンが戻ってくるのは大きい。札幌は浮上のきっかけをつかむべく、この試合にかけるとみられるが、千葉のホームでの勝負強さを考えると容易でない。千葉 勝利
 札幌はここで勝てばチャンスが出てくる。

岡山vs水戸
 岡山は補強などで点が取れるようになったか試される一戦。ただあまり変わった印象がない。水戸のほうが地力が上。水戸 勝利

徳島vs鳥栖
 去年は3試合で五分。鳥栖はアウェイで今一つだが、徳島も調子を落として中断に入った。平日ナイターはあまりホームにとっていい条件でなく、練習試合では豊田が好調のようなので鳥栖も頑張る。引き分け

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
タグ:予想 toto
12:08更新 | コメント(2) | トラックバック(0) | カテゴリ:試合予想・結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。