2007年02月27日

2007戦力分析 <鹿島編>

[予想基本布陣]
   柳沢  マルキーニョス

ダニーロ

本山        野沢
(増田)       [中後]
中後
(青木)
新井場            内田 .
ファボン 岩政 .

曽ヶ端

・守備力:★★★★☆
新外国人CB・ファボンの加入で、岩政の相棒も決まり、
4バックを中心とした守備陣は昨年よりも安定するはずだ。
・攻撃力:★★★★☆
左足の精度が高いダニーロ、実績十分のマルキーニョスが入って、
昨年よりも点の取れる選手が増えた。田代も好調だが、
柳沢が復活してくれば鬼に金棒か。
ただ怪我をした野沢が戻ってくるまでは、多少辛抱も必要かもしれない。
・選手層:★★★☆☆
DFラインには不安が残る。特にSBの控えは新人しかいない。
ただ前線の駒は多くなった。若手起用を好む監督だけに、
大きな不安要素というわけではないだろう。
・監督の能力:★★★☆☆
昨年のアウトゥオリ監督に続いて世界一を経験した監督が就任。
若手の育成手腕には定評があるようで、うってつけの人材。
控えめな評価としたが、十分期待できるだろう。
・クラブのビジョン:★★★★☆
前監督と契約延長できなかったのはやや誤算だったが、
すぐに優秀な監督を連れてきたのはさすが。
近年なかなかタイトルに届いていないが、
外国人の補強を含めて、今年はかなり期待の出来る戦力が整った。
多くの新人を獲得して、しっかり将来も見据えている。

→総合力:18/25 評価:B
12:19更新 | コメント(2) | トラックバック(0) | カテゴリ:戦力分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

戦力分析について

1週間ぐらい前から各チームの評価を作ってはいるんですが、
なかなか時間もなくて、Jリーグ31チームやるのは厳しいかもしれません。
昨年も結局時間がなくてあきらめ、簡単な優勝予想・昇格予想に終始してしまったので、
開幕後にずれ込んででも今年は何とかやり遂げたいなと思ってはいますが…。

ちなみに今年各チームを見る上で気をつけている点、いわゆる評価対象はこんな感じです。
@守備力
A攻撃力
B選手層
C監督の能力
Dクラブのビジョン

@〜Bについては各所で行われている通りですが、
Cは監督の采配のみならず、チーム作りや選手からの信頼度など、
総合的に判断して評価しているつもりです。あくまでつもり(汗
Dは結構大事なもんです。ここがぶれているチームは、
仮にその年いい結果が出ても、必ず落ちてきます。
長期的な視野に立ってチーム運営できているかなど、
明確に目標があるかどうかを中心に見ているつもりです。
@〜Dは全て5点満点で評価し、足した点が総合評価となります。
点数自体は出しているんですが、あとは細かいところを色々書かないといけないんで。
もし時間がなくて、「これは限界だ」となったら、
点数だけで勘弁してもらうかもしれませんが、ご容赦を。

ここまであえて言ったのは、戦力分析を求めて検索エンジンから来ていただいた方が多いからでして…。
まぁそこそこに頑張ります。
22:09更新 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリ:戦力分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。